大学野球への進学

「東京新学生野球連盟」強豪創価大学・東京国際大学を徹底解説。全国を狙うならこの2大学!

大学野球は悩むな~。う~ん、どこの大学へ行けば全国へ出場できるんだろう・・・。

おそらく、大学野球でも全国目指すぞ!と決めても、どこの大学に入学していいのかわからないのではないかと思います。

実は、東海地区大学野球連盟なら、は私がおすすめする2つの大学へ行けば、限りなく全国大会に近くなります。

実際に、私は、10年以上野球経験あり、大学では全国大会ベスト16以上の経験があるので信頼性はあります。

もし、あなたが、どこの大学を目指そうか迷っているなら、ぜひこの記事を読み込んでください。

そうすれば、必ず、あなたが進みたい大学が見つかるはずです!

結論

・創価大学

・東京国際大学

ちなみに、東京新学生野球連盟は創価大学、東京国際大学、流通経済大学、共栄大学、杏林大学、駿河台大学の計6チームが在籍しています。

「東京新学生野球連盟」強豪創価大学野球部を解説

「圧倒的な強さ」優勝回数№1 東京新大学野球連盟の王者創価大学

創価大学は通算45回以上の優勝を誇り、東京新大学野球連盟を牽引しています。

もちろん野球をする環境は抜群。

ただし入部には、セレクションに合格しないといけないので毎年8月に受けるようにしてください。

主なプロ野球選手(元を含む)

小川泰弘(東京ヤクルト 2012年ドラフト2位)

石川柊太(福岡ソフトバンク 2013年育成ドラフト1位)

倉本寿彦(横浜DeNA 2014年ドラフト3位)

寺嶋寛大(千葉ロッテ 2014年ドラフト5位)

田中正義(福岡ソフトバンク 2016年ドラフト1位)

池田隆英(東北楽天 2016年ドラフト2位)

海老原一佳(北海道日本ハム 2018年育成ドラフト1位)

など

最近では育成ドラフト1位ソフトバンクの石川選手が大活躍しています。

2016年にドラフト1位で、鳴り物入りで入団した田中選手は活躍できていません。

やはりドラフトの順位だけで判断するのは難しいですね。

2019年度ドラフト指名 ヤクルト3位

ここにボックスタイトルを入力

183cm88kg 右右

盛岡大付属高→創価大学

盛岡大付属高校では2年の秋にエースの座を獲得。3年の夏は県大会ベスト8.

 

【強豪創価大学】部員数

部員数

3年生19名(スタッフ1名)

2年生20名(スタッフ1名)

1年生22名(スタッフ0名)

合計部員数 選手61名・スタッフ2名

(創価大学硬式野球部HPより)

部員数は約1学年20名程度。入部条件はセレクションで合格することです。

狭き門ですが、ぜひ挑戦してみてくださいね。

野球の練習施設と寮

グランド施設一覧

・ワールドグランド(専用球場)(両翼90㍍・中堅118㍍)

・ブルペン(人工芝)

・室内練習場(4か所バッティング可能)

・トレーニングルーム

野球部寮が完備されています。

創価大学では4年間全寮制になっています。大学で寮生活は・・・と思われる選手は東京国際大学をおすすめします。

東京国際大学は全寮制ではありません。

強豪創価大学全国大会シートノック

 

創価大学の成績(東京新大学野球連盟)

年度成績順位
2016年(春)6勝4敗3位
2016年(秋)10勝2敗1分優勝
2017年(春)8勝4敗2位
2017年(秋)9勝3敗優勝
2018年(春)9勝3敗優勝
2018年(秋)8勝4敗2位
2019年  (春)9勝2敗優勝
2019年(秋)8勝3敗2位

安定的に優勝争いに参加しています。

平成になって4位以下になったことがありません。ほとんどが1位か2位の好成績。

東京新大学野球連盟で全国の舞台へ進みたいのであれば、創価大学が1番手の候補であることは間違いありません。

ただ、セレクションの狭き門をクリアしないと入部できないことを頭に入れておいてくださいね。

気になる学費と偏差値

偏差値

偏差値

経済学部45
経営学部47
文学部45~47
理工学部42~47

(スタディサプリ進路より引用)

学費

経済学部(4年間)

3,639,000円

(合格サプリより引用)

学費に関しては、安い部類に入ります。中には500万程度持っていかれる大学もありますので、要注意!

「東京新学生野球連盟」強豪東京国際大学野球部を徹底解説

名誉監督古葉氏が率いる上昇軍団 東京国際大学

ここ最近少し低迷をしていますが、実力は間違いなくある大学です。

優勝回数は1回と成績では圧倒的に劣りますが、指導陣がかなり優秀。

現監督山中氏はプロの世界で15年戦い抜き、ロッテや日ハムでもコーチを経験。日本代表の里崎智也を育てたコーチとして有名です。(2018年11月に退任)

また、名誉監督古葉氏は広島カープの監督時代に3度リーグ優勝に導いた。

この2名が指導してくれることは、かなりのメリットがあります。全国大会へ進むのは難しいですが、指導力を考えたら東京国際大学をおすすめします。

ただ、残念の事に2018年11月に山中監督が退任表明をしました。次期監督が気になりますね。

2019年からは、元ヤクルトスワローズの角 冨士夫が監督に就任されました。

主なプロ野球選手(元を含む)

・伊藤和雄(阪神タイガース 2011年ドラフト4位)

プロへ進んだ選手は伊藤選手のみ。なかなかプロへ進むことは厳しいですね。

ただ、東京新大学野球連盟は注目されるリーグでもありますので、選手に能力があればドラフトに指名されます。

どうにか頑張ってほしいです。

 

【強豪東京国際大学】部員数と練習時間

部員数(2019年4月3日)

3年生37名(スタッフ6名)

2年生38名(スタッフ1名)

1年生51名(スタッフ4名)

合計部員数 選手126名・スタッフ11名

(東京国際大学HPより)

部員数はかなりの数が在籍しています。名門高校の出身者が多く、大阪桐蔭・浦和学院・PL学園など実力者が集まっているのがわかります。

この中で9名に入るのは、なかなかの高い壁であることは理解して入学してください。

野球の練習環境と寮

グランド施設一覧

・野球スタジアム(専用球場)(両翼98㍍・中堅122㍍)
内野は混合土、電光掲示板、照明塔があり公式戦も可能。

・第2球場(専用球場)神宮に合わせた作り。(照明あり夜間練習可能)

・室内練習場(全面人工芝・トレーニングルーム併設)

・屋内ブルペン(投手が5名投げれるブルペン)

・トレーニングルーム

設備はかなり豪華です。施設で言えば全国でもトップクラスに入ると思います。

寮に関しては完備されています。

2011年にドラフト指名された伊藤選手は、家が近く寮生活をしていませんでした。なので、全寮制ではないです。

母校の坂戸西と東京国際大グラウンドはわずか数十メートルしか離れていない。大学の野球部はもちろん寮を完備している。だが、伊藤は実家からの通学だ。ドラフト候補選手が一度も寮生活を経験していないのもまれなケースだ。(スポニチより引用)

 

強豪東京国際大学の華麗なシートノック

 

東京国際大学の成績(東京新大学野球連盟)

年度成績順位
2016年(春)8勝3敗2位
2016年(秋)6勝6敗4位
2017年(春)8勝4敗3位
2017年(秋)7勝5敗3位
2018年(春)7勝6敗3位
2018年(秋)5勝6敗4位
2019年  (春)6勝6敗4位
2019年(秋)6勝4敗4位

成績を見てもわかるとおりに、優勝は厳しい状態。

創価大学や流通経済大学に加え、最近では共栄大学が力をつけてきました。戦力はいますが、後はどう采配するかに掛かってくると考えます。

気になる学費と偏差値

偏差値

偏差値

人間社会学部40
言語コミュニケーション学部37
国際関係学部37~40
経済学部35~40
商学部35

(スタディサプリ進路より引用)

学費

経済学部の場合(4年間)

4,850,000円

(合格サプリより引用)

学費に関しては、高い部類に入ります。

合宿所、私立強豪大学、学費で1000万円は掛かります覚悟して野球をするように。

野球の強豪大学へ進学するために必要なこと

部活で疲れて、時間のない中での勉強

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

事実、大学野球で推薦が来る選手は一握りの選手です。

多くの場合、必ず試験を受けないといけません。なので、勉強は必然的に必要になります。

もちろん受験勉強だけではなく、内申書も重要になるので、普段の勉強も頑張らなくてはいけません。

とは言え、部活をしていたら、勉強する時間もなければ、疲れて勉強をやってても集中できませんよね。

正直大変ですよね・・・。その気持ちわかります。

でも安心してください。部活動で疲れてても、時間がなくても勉強できる方法が1つだけあるんです。

根性でやれ!!!!ではありません。

もし気になるなら下記の記事を見てください。そうすれば、勉強のやり方が1発でわかります。

野球のレベルアップ

まずは強豪大学で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば、同級生の部員が10名程度の弱小大学へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪大学の場合同級生が40名~50名います。4学年で200名を超える大学もあります。

その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても25名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(全国大学選手権のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

全国に出たいなら、創価大学Or東京国際大学に進学しろ!

結論

・創価大学

・東京国際大学

強豪大学で野球がしたいのであれば、今回紹介した大学へ進むようにしてください。

繰り返しになりますが、大学野球をやりたいのであれば、自分の技術を磨くことと、高校での勉強を頑張らなければなりません。

大学側から来てほしいと言われればいいですが、そんな選手は一握りです。なので、勉強は必須なんです。

私自身、そこまで勉強をやらなかったので行きたい大学にはいけず、本意ではない大学へ入学しました。(後悔はしていませんが)

なので、あなたにはしっかり野球も勉強も頑張って、行きたい大学へ入学してください。

健闘を祈ります!

ちなみに全国リーグもこちらで紹介しています
2020年春の甲子園が待ち遠しい!下記の記事も読んでね。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です