大学野球への進学

「近畿学生野球連盟」強豪奈良学園大学・和歌山大学を徹底解説。全国を狙うならこの2大学!

大学野球は悩むな~。う~ん、どこの大学へ行けば全国へ出場できるんだろう・・・。

おそらく、大学野球でも全国目指すぞ!と決めても、どこの大学に入学していいのかわからないのではないかと思います。

実は、近畿学生野球連盟なら、は私がおすすめする2つの大学へ行けば、限りなく全国大会に近くなります。

実際に、私は、10年以上野球経験あり、大学では全国大会ベスト16以上の経験があるので信頼性はあります。

もし、あなたが、どこの大学を目指そうか迷っているなら、ぜひこの記事を読み込んでください。

そうすれば、必ず、あなたが進みたい大学が見つかるはずです!

結論

・奈良学園大学

・和歌山大学

ちなみに近畿学生野球連盟は、奈良学園大学・和歌山大学・大阪市立大学・神戸大学・大阪工業大学・阪南大学の計6チームが在籍しています。

「近畿学生野球連盟」強豪奈良学園大学野球部を徹底解説

優勝回数は圧倒的の43回以上。近畿の名門奈良学園大学

優勝回数は43回以上を誇る、圧倒的な強さを誇るチーム。

2010年~2016年まで完全優勝しています。なんと、7年間優勝しかしていないチームでした。

しかし最近では、和歌山大学や大阪市立大学に優勝を譲るなど少し低迷しています。

ただ強豪であることは間違いありません。

主なプロ野球選手(元を含む)

湯舟敏郎(阪神タイガース投手 1990年ドラフト1位 → 大阪近鉄バファローズ)

山井大介(中日ドラゴンズ投手 2001年ドラフト6位)

桑原謙太朗(阪神タイガース投手 2007年ドラフト3位)

蕭一傑(福岡ソフトバンク投手 2008年ドラフト1位)

吉田利一(中日ドラゴンズ 捕手 2009年ドラフト8位)

村上海斗(読売ジャイアンツ内野手 2017年ドラフト7位)

宮本丈(東京ヤクルト内野手 2017年ドラフト6位)など

最近では2017年に2名プロ野球選手を輩出しています。

また、過去にはプロの世界で現在活躍されている山井投手や、桑原投手などを輩出している名門大学です。

活躍すればプロの世界も行けるリーグ。

【強豪奈良学園大学】部員数&入部条件&練習時間

部員数

・3年生 17名

・2年生 14名

・1年生 22名

合計部員数 選手53名(スタッフ4名)

奈良学園大学野球部HPより)

奈良学園大学野球部は厳しいセレクションを合格しないと入部できないようになっています。

本学野球部は、練習の質や量、安全面確保の為、部員数を各学年20名に限定して行っております。

その為、練習会<セレクション>で合格を受けずに入学されましても入部出来ません。

本学野球部に入部を希望される方は高等学校の部長様または監督様から下記にご連絡を頂き随時行っております練習会<セレクション>にて技量面および人物面の両面から判断させて頂きます。

本学野球部への入部をご希望の方には、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。(奈良学園大学野球部HPより)

セレクションを受けたい場合は現在いる高校の指導者へお願いする必要があります。

練習時間

・平日:16:30~20:00

・休日:9:00~17:00

野球の練習環境と寮

施設について

・専用グラウンド

・室内練習場

・ミーティングルーム

・シャワールーム

施設は可もなく不可もなくといった所ではないでしょうか。

専用球場もあり、室内練習場もあるので練習に困ることはありません。

また、シャワールームなどもあり誰でも利用することができます。

【強豪奈良学園大学】レベルの高さがわかる全国大会でのノック

全国大会へ出場した映像ですが、さすが全国レベルと言える動き。

これを参考に、レギュラーになるためにはこのレベルにならないといけないことを理解してくださいね。

強豪奈良学園大学の成績(近畿学生野球連盟)

年度成績順位
2016年(春)9勝2敗優勝
2016年(秋)10勝0敗優勝
2017年(春)6勝4敗2位
2017年(秋)8勝5敗2位
2018年(春)10勝0敗優勝
2018年(秋)6勝7敗4位
2019年  (春)6勝6敗4位
2019年(秋)5勝6敗4位

近畿学生野球連盟で圧倒的な成績を残しています。

ただ最近は優勝を逃しているシーズンが多いので、チーム力の底上げが必須。

気になる学費と偏差値

偏差値

偏差値

保健医療学部37~47
人間教育学部35~37

(スタディサプリ進路より引用)

学費

人間教育学部(4年間)

5,053,300円

合格サプリより引用)

平均の学費が400万円程度なので、100万円ほど高い学費になります。

 

「近畿学生野球連盟」和歌山大学野球部を徹底解説。

2017年、2018年に2度優勝。常勝軍団/国立和歌山大学

優勝回数は2回と少ないものの、2018年の秋にリーグを制するなど、現在急成長している大学。

2017年春の全国大会では北海道大学に並ぶ全国ベスト8に進出(国立最高成績)

主なプロ野球選手(元を含む)

久喜勲(西日本パイレーツ→西鉄ライオンズ→高橋ユニオンズ)1950年プロ入り

約半世紀前に1名だけプロの世界へ。

和歌山大学の前身、和歌山経済専門学校からプロの世界へ進みました。

これを考えると、プロの世界へ行くのは相当厳しい環境だということを覚悟してください。

【強豪和歌山大学】部員数&練習時間

部員数

・3年生15名(スタッフ3名)

・2年生24名(スタッフ4名)

・1年生26名(スタッフ3名)

合計部員数 選手65名(スタッフ10名)

和歌山大学野球部HPより)

部員数は私立強豪大学と比べると少ない。

しかし、1年生は26名いますので競争は確実に発生します。また、リーグ優勝を果たす実力があるのでレベルの高さは間違いないでしょう。

練習時間

・火曜日・木曜日:16:30~

・土曜日・日曜日:12:00~

野球の練習環境

残念ながら専用球場は完備されていません。

同部は1924(大正13)年に創部した県内唯一の大学硬式野球部。専用グラウンドもなく、所属リーグの試合会場が遠方になるなど、厳しい環境で全国大会出場を目標に日々練習を続けてきた。(和歌山経済新聞より)

他の部活動と併用してグラウンドを使用するため、全体練習は週4回。

なかなか厳しい環境で野球をしていることが理解できます。

【強豪和歌山大学】レベルの高さがわかる全国大会でのノック

全国大会へ出場した映像ですが、さすが全国レベルと言える動き。

これを参考に、レギュラーになるためにはこのレベルにならないといけないことを理解してくださいね。

なんと和歌山大学は紹介VTRまで作成していた・・・。

強豪和歌山大学の成績(近畿学生野球連盟)

年度成績順位
2016年(春)6勝5敗3位
2016年(秋)7勝6敗2位
2017年(春)9勝3敗優勝
2017年(秋)6勝7敗3位
2018年(春)3勝8敗5位
2018年(秋)9勝3敗優勝
2019年  (春)8勝5敗2位
2019年(秋)8勝4敗2位

国立ながら、4年間で2度の優勝を果たしています。

全国を見てもここまでの成績を上げれている国立大学は、いないのではないかと思います。

2020年シーズンもかなり楽しみな大学であることは間違いない。

気になる学費と偏差値

偏差値

偏差値

教育学部50~52
観光学部55
システム学部47~50

(スタディサプリ進路より引用)

国立大学なので、まずは勉強を頑張るようにしてくださいね。

学費

教育学部(4年間)

2,703,200円

合格サプリより引用)

やはり国立・・・。圧倒的に学費は安い。

私立高校に比べて100万程度学費が安くなります。

野球の強豪大学へ進学するために必要なこと

部活で疲れて、時間のない中での勉強

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

事実、大学野球で推薦が来る選手は一握りの選手です。

多くの場合、必ず試験を受けないといけません。なので、勉強は必然的に必要になります。

もちろん受験勉強だけではなく、内申書も重要になるので、普段の勉強も頑張らなくてはいけません。

とは言え、部活をしていたら、勉強する時間もなければ、疲れて勉強をやってても集中できませんよね。

正直大変ですよね・・・。その気持ちわかります。

でも安心してください。部活動で疲れてても、時間がなくても勉強できる方法が1つだけあるんです。

根性でやれ!!!!ではありません。

もし気になるなら下記の記事を見てください。そうすれば、勉強のやり方が1発でわかります。

野球のレベルアップ

まずは強豪大学で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば、同級生の部員が10名程度の弱小大学へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪大学の場合同級生が40名~50名います。4学年で200名を超える大学もあります。

その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても25名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(全国大学選手権のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

全国に出たいなら、奈良学園大学Or和歌山大学に進学しろ!

結論

・奈良学園大学

・和歌山大学

強豪大学で野球がしたいのであれば、今回紹介した大学へ進むようにしてください。

繰り返しになりますが、大学野球をやりたいのであれば、自分の技術を磨くことと、高校での勉強を頑張らなければなりません。

大学側から来てほしいと言われればいいですが、そんな選手は一握りです。なので、勉強は必須なんです。

私自身、そこまで勉強をやらなかったので行きたい大学にはいけず、本意ではない大学へ入学しました。(後悔はしていませんが)

なので、あなたにはしっかり野球も勉強も頑張って、行きたい大学へ入学してください。

健闘を祈ります!

ちなみに全国リーグもこちらで紹介しています

 

 

2020年春の甲子園が待ち遠しい!下記の記事も読んでね。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です