大学野球

「審査側経験談」暴露!大学野球のセレクションに合格するために必要な2つの能力

高校野球が終わると、大学で野球をするか悩む時期がくると思います。

完全燃焼して違う道に進む高校生もいれば、まだまだあきらめることができなくて、大学野球に進む高校生もいます。そこで頭に浮かぶのがセレクションです。

でも、正直セレクションって初めてで全然わからない・・・

「どうすればセレクションに参加できるの?どうすれば合格できるの?」など必ず考えます。

任せてください!

セレクションに参加するところから、合格までの道のりを徹底解説させて頂きます。

なぜそんなことができるのか?それは、セレクションを学生コーチとして、運営側から参加したことがあるからです。

ただ、始めに言っときますが合格するのは非常に厳しいです!

結論

・野球の技術力

・野球に取り組む姿勢

ちなみに特待生入学について知りたい選手はこちらも参考に↓

「選手必見」大学野球のセレクションに合格するために必要な2つの能力

これが大学野球セレクション合格基準①野球の能力

これは誰もが納得することです。

周りのセレクションに来た選手より、上手であれば確実に合格できるでしょう。

例えば、145㌔程度のストレートを投げる、50m走が5秒台、打撃審査でホームラン(木製バット)このような技術があれば、ほぼ確実に目に留まります。

なので、能力は確実に必要な要素です。

ただ、ここで理解してほしいのが、あくまでのセレクションに参加する選手は、基本的に大学側から声が掛からなかった選手の集まりです。

セレクションに参加するということは、自分に力がなかったことを理解してプレーするようにしてください。

セレクションに参加する=力不足です。

私自身、セレクションの審査にも参加したことがありますが、基本的にセレクションを開催する前に何名かは事前に合格しています。

なのでセレクションには参加していないことが、よくありますので理解するように。

とは言え、セレクションで周りとのレベルの差を見せつけることができれば合格へ近づくと思いますので、まずは野球の能力を上げるようにしてください。

これが大学野球セレクション合格基準②野球に取り組む姿勢

野球を取り組む姿勢で、人間性を把握しています。

セレクションで大事なことは野球が上手い。これが一番大事なこと。

次に必要なのが、野球に取り組む姿勢です。

例えばあいさつの仕方からアップでの行動。大学の先輩に対する言葉遣い(同じ高校の生徒)、道具の片付けや、整備など、基本的なところです。

高校時代に楽なほうへ、楽なほうへうまく逃げていた選手は本当にすぐわかります。見られている時と、見られていないときの態度の差が非常にわかりやすい。

ちょっと気を抜いていると、整備も真面目にできない、高校時代やっていないのが丸わかりです。

このような選手は、ほぼ確実に落ちますね。1つ目の理由でもいいましたが、セレクション以前に上手い選手は合格しています。

セレクションにきている=実力不足。

これを理解できない選手は、大学で野球をしても上達は期待できません。また、真面目に野球に取り組むことができない選手は、基本中退や、野球を辞めます。

なので、大学野球でもちそうにない選手は、合格ラインぎりぎりでも落とすことがよくあります。

まずはセレクションに参加するということは、どういうことなのか、自分自身で立場を理解してセレクションに参加するようにしてください。

野球の能力は数字で出ますが、野球に取り組む姿勢は数字に出ないので、あなたの心がけ次第で明日から変えることができます。

気を引き締めて、野球に取り組んでください。

セレクションを受ける前に、決める大事なこと

まず、自分自身でしっかりどこまでの気持ちで、どう大学野球をやりたいか考えてください。

・プロを目指してとりくみたいのか

・高校時代に試合にでられなかったので試合に出たいのか

・大学生活を楽しみながら野球をやりたいのか

中途半端な気持ちで入学すると取り返しの付かないことになるので、しっかり考えどのように大学野球生活を送って行きたいか考えてください。

大学野球は想像以上に、お金が掛かります。

また、想像以上に退部します。

この2つに記事をしっかり読んで大学野球をするか判断するようにしてください。

どうやって大学野球のセレクションに参加するの?

セレクションは、多くの強豪大学でおこなっています。野球小僧はは高校の顧問に自信をなくすから行くなと言われたのでいきませんでした。(笑)

セレクション入学をするためには、まずは自分から監督にお願いして捜してきてもらわなければなりません。

選手として実績があればセレクションに招待もされます。

また、高校時代非常に野球能力に優れた選手はセレクションを受ける前にスカウトが来ています。

早い選手だと高校1年生ぐらいから見られていることもあります。

セレクション合格は非常に厳しい世界だと思っていてください。特に何も声をかけられずに自ら応募してきた選手!

基本的に、多くの大学ではスカウトによりほぼ入学してほしい選手には声をかけています。

セレクションもいい子がいれば1人か2人とろうかな~ぐらいの感覚だと思っていてください。

セレクションの参加条件

・大学側から声がかかる

・高校時代の監督にお願いして連絡をとる

・HPなどで調べて、参加を申し込む

私が大学時代にセレクションの審査していた経験を大公開

「経験談」大学野球のセレクションの種目セレクション

まず私の大学は、全国でもレベルの低い1部リーグでした。ただ、プロ野球選手も5名程度輩出している大学です。

ちなみに、私が所属していた時は、全国でベスト16、チームメイトに今を輝く大スターがいました。

わかる人はわかると思います。

受験者は30名ほどでした。(合格内定者は2名ほどいました。)大学によって、内定者も参加させる大学もありますので。

種目は
※全員(50メートル走、遠投、20メートル走)

※野手(守備の試験、バッティングの試験)

※投手(ピッチングの試験)


①目立つなら5秒台!50メートル走について解説

まず、ランダムに2人1と組を選びます。計測回数は2回でした。

まあ正直そこまで50メートル走で、結果はかわりません。ただ、ダントツではやければ違いますが。

私のの大学のセレクションでは一番早い選手が、6.0秒でした。

平均では6.8秒ぐらいだと思っていてください。中には7秒を超える選手もいますので、足が遅くても違う武器があれば問題ないです。

・50メートルで目立つなら5秒台は必須

②20メートル走を解説

すみません。この競技は記憶にないです。

ただ言えるのが、野球の塁間の距離(約27メートル)を想定しているので50メートル走より重要です。

野球で、真っ直ぐ50メートル走ることはありません。なので20メートル走で誰よりも、速く走れると非常にアピールできます。

③目立つなら120メートル!遠投について解説

ホームベースの後ろから、バックスクリーンを目掛けて投げます。ちなみに助走距離は2メートルから3メートル程度取れると思っていてください。

一番投げた選手が110メートル程度だったと思います。平均で90メートル程度でした。

投手であれば、最低でも90メートルは超えてください。ちなみに野球小僧は投手の同級生が7名いましたが全員90メートルを超えていました。

その中でも5名は110メートルを超えています。最高は118メートルです。

このように投手は基本地肩が強い選手が集まります

ただ、遠投は野球小僧と同じぐらいの95メートル程度しか投げれない選手が、マウンドから投げると145キロ投げれる選手もいました。

なので一概に必ず遠くに投げれるのが、いいかと言われるとそうでもありません。

遠投に関しては、投手や捕手、外野など肩の強さが必要なポジジョンは重視されますが、そのほかのポジションであれば、90メートル投げれれば問題ないと思います。

すべてのポジジョンに共通して言えるのは、低く速い球を投げれることが野球では一番いいので、高く遠くに投げることはあまり意味がありません。

ただセレクションの場合は、もちろん遠くに投げれば評価が上がるのは間違いないです。

・投手は遠投はさほど関係なし、マウンドが勝負

・野手は基本的に遠くに投げれれば、評価が高い。


③声と動きで勝負!野手の試験を解説

守備の試験については、ノックとバッティング試験の時の守備でした。

選手を見るポイントとしては、グラブさばきや守備範囲の広さ、実践での生きた打球の処理の仕方などです。

後は実践での声のかけ方など、コミュニケーション能力なども審査の対象。

大事な能力でも言いましたが、野球に取り組む姿勢はここでも発揮されます。他の選手より目立つようにしてください。

技術ももちろん審査対象ですが、技術以外で目立つのも大事な要素なのでお忘れなく。

・誰よりも声を出して支持をする

・当たり前のことを当たり前にする(カバーなど)

・ミスした後の行動は重要

 

全力疾走!打撃の試験を解説

セレクション参加の投手と3打席勝負です。カウントは1ストライク1ボールからでした。

選手を見るポイントとしては、振りの鋭さ、木製バットに適応できそうなスイングなどです。正直ヒットを打つ、打たないではなく、アウトでもいいので内容を見ています。

一塁までの到達の秒数も計測はしていました。

・見逃し三振をするな

・バットはしっかり振れ

・どんな時も全力疾走

 

持ち味を出せ!投手の試験を解説

投手としてはやはりスピードです。スピードは天性のものがあるので速いに越したことはありません。

そして見るポイントとしては、変化球でカウントをとれるか、空振りをとれているか、決め球はあるかなどです。

大学野球でも簡単に変化球でカウントを整えれる選手は多くありません。

また、空振りがとれるというのは、ストレートでです。球速が平均的でも球の回転数がある投手は、野球用語の切れがあるといわれます。

2017年のオールスターで使用されていた高性能弾道測定器「トラックマン」。投球の速度や回転数、打球の角度や飛距離まで計測可能な道具です。

この機械で大リーガーの上原選手が何故あの球速でメジャーリーガーから空振りがとれるか、解説されています。

ボールの回転数では、メジャーの平均「2200回転/分」を上回る「2400回転/分」だという上原選手。回転数が多いためボールは、上向きの力が非常に強く、落ちてくるのが他の投手と違い遅いため、打者はボールの下を振ってしまうと書かれています。

自身のブログでも、「いまは、高校生でも自分より遅い球を投げるピッチャーはいないんじゃない」と書いている上原選手。

某番組では、「本当は150キロ投げたい」と話すも「無理なんで」とキッパリ。その上で「150キロ、160キロ投げても打たれるピッチャーはいっぱいいますから。生きてるボールを投げないと」と得意げに語った。

なのでただ速いだけではだめだということです。

・牽制など、投球以外でアピールしろ

・野手の声掛けを忘れるな

・捕手とのコミュニケーションは積極的に

 

まとめ

結論

・野球の技術力

・野球に取り組む姿勢

どうでしたか?
大学野球のセレクションの流れは理解できましたか?セレクションは大学によって違う種目もあると思いますが、基本的には同じようなものをします。

とにかく一生懸命プレーして合格を勝ち取ってください!!!!!

どうにかもう一度大学野球で輝きたいと思う選手には頑張ってもらいたいと思います。

有名な選手では、上原選手(大リーガー)黒田選手(大リーガー)などは高校時代にエースではなく2番手や3番手で、大学時代に成長して、あそこまでの選手になりました。

この記事を参考にしてみてください。

努力すれば結果はついてきます。

 

兼業パパブロガー☆KEN
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /