大学野球への進学

「首都大学野球」強豪東海大・日本体育大を徹底解説。注目選手から部員数、寮、学費、偏差値まで教えます。

大学野球は悩むな~。う~ん正直どこへいっても同じだろう・・・。

いえ実は各大学にそれぞれ特色があり、部員数や野球の施設、学費、偏差値などかなり違ってきます。さらに入部条件なども・・・。

また、プロ野球選手になるための見本となる注目選手も多数在籍しています。

そこで、今回はどこの大学にあなたが合うか各大学を徹底分析して、あなたの悩みを解決します。

まずは首都大学野球連盟第1弾として東海大学、日本体育大学について解説していきます。

あなたが進学したい大学はどこですか?

これを見れば進学したい大学が明確になるはずです!

ちなみに、首都大学野球連盟は東海大学・日本体育大学・筑波大学・桜美林大学・帝京大学・武蔵大学と誰もが知っている野球の強豪大学ばかりが並んでいます。

ちなみに首都大学野球連盟の他4大学をこちらで紹介しています。

「首都大学野球」強豪東海大学野球部を解説

圧倒的なチーム力。ダントツの強さを誇る東海大学

通算優勝回数は70回を超えます。

2位の日本体育大学は23回の優勝回数です。これをみればどれだけ圧倒的かわかりますよね。

全国大学選手権で4回、明治神宮野球大会で3回優勝。

東京六大学や東都大学野球連盟が目立ちますが、首都大学野球連盟も負けてはいません。

主なプロ野球選手(元を含む)

・原辰徳 – 元読売ジャイアンツ選手、前読売ジャイアンツ監督、第2回WBC日本代表監督

・菅野智之(読売ジャイアンツ 2012年ドラフト1位)

・伏見寅威 (オリックス 2012年ドラフト3位)

・田中広輔(広島東洋カープ 2013年ドラフト3位)

・赤間謙(横浜DeNA 2015年ドラフト9位)

・中川皓太(読売ジャイアンツ 2015年ドラフト7位)

・大城卓三(読売ジャイアンツ 2017年ドラフト3位)

・田中俊太(読売ジャイアンツ 2017年ドラフト5位)など

今や日本を代表するエース菅野選手(巨人)の母校です。

毎年のようにプロ野球選手を輩出する最高峰の強豪大学です。全国の東海系列の高校から選りすぐられた部員が集まってきます。

【強豪東海大学】部員数

部員数(2018年秋のリーグ)

・4年生=31名(スタッフ5名)

・3年生=19名(スタッフ3名)

・2年生=17名(スタッフ1名)

・1年生=30名(スタッフ6名)

合計部員数 112名

2年生3年生は少し部員数が少ないですが、全体を見ると112名で大所帯です。

やはり東海系列の高校からの進学者が多くいます。

東海大相模、東海大甲府、東海大福岡、東海大市原望洋高など強豪東海系列から多くの部員が在籍しています。

野球の練習環境と寮

施設一覧

・専用球場(土屋野球場)
 外野天然芝・内野土・照明あり

・室内練習場

かなり綺麗な施設が整っています。

寮はあります。東海大学野球部望星学塾といわれる合宿所があります。

ただ情報は少なく、全員入寮できるかは不明です。

学年が上がると徐々に少人数になるのではないかと思います。

強豪東海大学全国大会シートノック

 

強豪東海大学の成績(首都大学野球連盟)

年度成績順位
2016年(春)6勝6敗3位
2016年(秋)7勝5敗2位
2017年(春)7勝5敗3位
2017年(秋)7勝4敗3位
2018年(春)10勝2敗優勝
2018年(秋)8勝2敗優勝

優勝回数は圧倒的でしたが、2016年と2017年はまったく結果が出ていませんでした。

しかし2018年に持つ前の実力と練習で優勝することができました。

さすが東海大学!

この勢いで明治神宮大会も優勝してほしいですね。

気になる学費と偏差値

偏差値

偏差値

・医学部/医学科67
・医学部/看護学科54※
・体育学部54など

野球部のほとんどが体育学部に在籍しています。

学費

4年間の学費(体育学部)

5,271,200円

合格サプリより引用)

体育学部は基本どの大学でも学費が500万円を超えてきます。学費が高くなるのは覚悟が必要です。

「首都大学野球」日本体育大学野球部を解説

実力は間違いなし。体育大学会の強豪日本体育大学

リーグ優勝回数は東海大学がダントツです。

しかし、それについで2番目に多いのが日本体育大学の23回。

ドラフト指名選手もいる強豪大学であることは、間違いありません。

主なプロ野球選手(元を含む)

・佐藤充 (中日ドラゴンズ 2003年ドラフト4位→東北楽天)

・鶴岡賢二郎 (横浜DeNA 2010年ドラフト8位)

・辻孟彦 (中日ドラゴンズ 2011年ドラフト4位)など

2018年ドラフト指名選手

「力で押し切るストレートが持ち味MAX155キロ右腕」東妻 勇輔投手 千葉ロッテドラフト2位

経歴

170cm83kg 右右 MAX155km スライダー・スプリット・カーブ・シュート
智弁和歌山→日本体育大学
高校時代は2年秋にエース。甲子園は1回出場。
大学では2年の春からリーグ戦に出場。先発もするが、基本的にはリリーフ登板。

 

上背はありませんが、ストレートの力は抜群。能力と実績は間違いありません。

高校時代から注目されている中、大学でもしっかりと成長しています。

プロの世界では中継ぎで起用されることが予測される。

「高校時代から逸材。日本が誇るミスターK」松本 航投手 西武ライオンズ ドラフト1位

経歴

176cm85kg 右右 MAX155km カーブ・スライダー・スプリット・ツーシーム
明石商業→日本体育大学(日本代表)
高校時代は2年夏からエース。最高成績は県3位。
大学では1年春から出場。
日本代表で活躍するなど、大学を代表する投手。

ドラフト1位の投手です。高校時代も騒がれましたが、志望届けを提出せず、日本体育大学へ進学。

先発タイプの投手。首都1部リーグ通算30勝をあげるなど実績は抜群。

即戦力として西武ライオンズが松本投手を獲得。

【強豪日本体育大学】部員数

部員数(2018年秋のリーグ

・4年生=33名(スタッフ15名)

・3年生=28名(スタッフ14名)

・2年生=32名(スタッフ8名)

・1年生=51名(スタッフ5名)

合計部員数 186名

部員数はかなり多いです。

その中でも特徴的なのが、学生コーチやマネージャーが多いことです。4学年あわせると42名在籍。

学年が上がるごとに、選手をあきらめコーチに回る選手が多い。

 

野球の練習環境と寮

設備に驚愕。野球小僧おすすめの初動負荷のマシンもあります。

プロ野球のグラウンド顔負けの球場が完備されています。

施設一覧

・専用球場(健志台野球場)
人工芝・ナイター設備

・バッティングゲージ

・球場地下室内練習場

・球場地下トレーニングルーム

・初動負荷マシーンルーム

・コンディショニングルーム(治療施設)

体育大学さまさまのかなり豪華な施設。

トレーニング施設もかなり充実しています。初動負荷マシーンもあるのでかなりおすすめです。

寮はあります。健志台合宿所といわれる寮があります。

部屋では1部屋2人~4名部屋。かなりの施設があります。

寮内施設

鉄筋3階/冷暖房/洗濯機/物干し場/貴重品庫/個人用メールボックス/乾燥機(有料)/宅配ボックス/浴室、シャワールーム/個人用下足箱/ミーティングルーム(パソコン6台)

1年間の寮費は756.340円

綺麗な施設が揃っています。

完全入寮しなくてはいけないのかは不明ですが、かなりの金額が掛かるので覚悟していてください。

ちなみに野球小僧の大学での寮費は1ヶ月30.000円×12=360.000円でした。

強豪日本体育大学全国大会シートノック

 

強豪日本体育大学の成績(首都大学野球連盟)

年度成績順位
2016年(春)9勝4敗優勝
2016年(秋)7勝7敗3位
2017年(春)6勝6敗4位
2017年(秋)8勝2敗優勝
2018年(春)8勝6敗3位
2018年(秋)7勝4敗3位

下位になることはありませんが、3位などが多い順位です。

東海大学の他に筑波大学などにもかなり苦戦している印象です。体育大学の維持を見せて頑張ってほしい。

部員数も多く、戦力は整っています。

 

気になる学費と偏差値

偏差値

偏差値

・体育学部47
・児童スポーツ教育学部43
・スポーツ文化学部39
・保健医療学部36

偏差値については高くありません。ただ、体育大学なので運動能力はかなり必要になってきます。

学費

体育学部場合(4年間)

5,348,000円

(合格サプリより引用)

東海大学に引き続き、体育大学は500万円を超えてきます。

野球をして合宿所で暮らし、学費を合わせると1000万円は4年間で掛かることを頭に入れておいてください。

野球の強豪大学へ進学するために必要なこと

部活で疲れて、時間のない中での勉強

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

事実、大学野球で推薦が来る選手は一握りの選手です。

多くの場合、必ず試験を受けないといけません。なので、勉強は必然的に必要になります。

もちろん受験勉強だけではなく、内申書も重要になるので、普段の勉強も頑張らなくてはいけません。

とは言え、部活をしていたら、勉強する時間もなければ、疲れて勉強をやってても集中できませんよね。

正直大変ですよね・・・。その気持ちわかります。

でも安心してください。部活動で疲れてても、時間がなくても勉強できる方法が1つだけあるんです。

根性でやれ!!!!ではありません。

もし気になるなら下記の記事を見てください。そうすれば、勉強のやり方が1発でわかります。

野球のレベルアップ

まずは強豪大学で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば、同級生の部員が10名程度の弱小大学へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪大学の場合同級生が40名~50名います。4学年で200名を超える大学もあります。

その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても25名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(全国大学選手権のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

東海大学と日本体育大学に進学したいなら、勉強あるのみ!

今回紹介した大学

・東海大学

・日本体育大学

強豪大学で野球がしたいのであれば、今回紹介した大学へ進むようにしてください。

繰り返しになりますが、大学野球をやりたいのであれば、自分の技術を磨くことと、高校での勉強を頑張らなければなりません。

大学側から来てほしいと言われればいいですが、そんな選手は一握りです。なので、勉強は必須なんです。

私自身、そこまで勉強をやらなかったので行きたい大学にはいけず、本意ではない大学へ入学しました。(後悔はしていませんが)

なので、あなたにはしっかり野球も勉強も頑張って、行きたい大学へ入学してください。

健闘を祈ります!

ちなみに全国リーグもこちらで紹介しています

 

2020年春の甲子園が待ち遠しい!下記の記事も読んでね。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です