北海道、東北で高校野球をするなら

「高校野球」岩手県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい!そのおすすめ理由も解説

高校野球をするときに、どこの県で、どこの高校で甲子園を目指そうか非常に迷いますよね。

しかし、安心してください。

岩手県で進学するならこの3つだ

盛岡大付属高校・花巻東高校・黒沢尻工業高校

この3つに進学すれば、甲子園に出場する確率が、かなり高くなります。

なぜなら、それだけの実績があるからです。

どこで、今回はグラウンド、設備、寮など野球に関する情報を詳しく丁寧にお伝えしたいと思います。

また高校を卒業した後の、大学への進学実績や出身プロ野球選手もお伝えします。すべての情報をしっかり把握することができれば、進学してよかったと3年後必ず思うことができます。

それでは岩手県の甲子園に行くなら進学するべき、有力高校を紹介したいと思います。

近県の高校のチェック!

 

目次

「高校野球」岩手県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい①盛岡大付高校(私立)

「高校野球」岩手県強豪3校①盛岡大付高校(私立)

甲子園成績勝ち負け
春(5回)45
夏(10回)610
合計1015

・甲子園の最高成績ベスト8

・野球部について

生活学園時代の1980年に創部。91年に沢田真一監督が就任し、95年夏、悲願の甲子園初出場。その後も春夏と全国の舞台を踏むも黒星が続いた2008年、沢田監督から初出場時の捕手である関口清治監督にバトンタッチ。2011年からは花巻東・大谷翔平(アナハイムエンジェルス)対策で打撃に力を入れ、守りの野球から転換。それ以降、強打のチームのウリとなった。
初戦9連敗の不名誉な記録と別れ、2013年春に初勝利を挙げてからは初戦負けなしだ。室内練習場はなく、冬場もグラウンドで雪上打撃を行う。部員は県内外から集まり、多く寮生活を送る。

 

卒業進路

東北福祉大学・富士大学・東日本国際大学・桐蔭横浜大学など

主なプロ野球選手(元を含む)

・伊東昂大(広島カープ 2009年ドラフト5位)

・三浦翔太(ソフトバンク 2011年育成ドラフト5位)

・松本裕樹(ソフトバンク 2014年ドラフト1位)

・比嘉賢伸(読売巨人 2017年育成ドラフト1位)など

 

名門盛岡大付属高校野球部を解説

全国でも強豪高校に入る高校です。数多くのプロ野球選手も輩出しています。

また、甲子園も花巻東と競い合いながら3年間在籍したら、1度は甲子園へいけるのではないかと思わせてくれる高校です。ただ室内練習場がないのがネックになるのではないでしょうか。

部員数と練習時間

部員数(2019年3月選抜甲子園時

新3年 39名

新2年 39名

マネージャー1名

合計部員数79名

部員数は多い部類に入ります。1学年40名程度いるチームはあまり見かけません。

練習時間

・平日4時間程度

・土日6時間~7時間

・週1でOFF&年末年始10日間

練習内容

冬の打撃練習

冬のメニューの中で個性的な練習を取り入れています。3箇所でフリーバッティングをする中ベンチプレスを入れることです。

打つ→ベンチプレス→打つ→ベンチプレス→打つ

このようにして、打撃の飛距離アップに力を入れています。

野球の環境と寮

施設一覧

・専用球場

・寮

専用球場はあるものの、室内練習場がないため冬になると打撃練習が中心なります。岩手県で室内練習場がないと正直厳しいですね。

寮はあります。ただ全寮制ではありませんが、ほとんどの選手が寮に入っているのが現状です。

全寮とはしていません。ただ、盛岡市内の子も寮に入りたいと言うので、ほとんどの子が入っています。県内でも通うのに2時間かかる子もいるので、寮の方が親御さんも楽ですよね。今は、121人中117人が寮生です」(https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/211415より引用)

寮の規則もそこまで厳しくはありません。禁止事項としては眉毛そり・携帯電話・炭酸飲料ぐらいです。

練習後夕食までは自由時間があり、映画を見たり買い物に行ったり個人で楽しんでいます。

偏差値

偏差値

岩手県内25位 偏差値45~51

「高校野球」岩手県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい②花巻東高校(私立)

「高校野球」岩手県強豪3校②花巻東高校(私立)

甲子園成績勝ち負け
春(3回)63
夏(9回)109
合計1612

・甲子園の最高成績、春準優勝

・野球部について

1964年と90年に甲子園出場経験はあったが、佐々木洋監督が2002年に就任以降、甲子園常連校となった。2009年センバツでは菊池雄星を擁して決勝に進出。清峰(長崎)に惜敗したが、県勢初の快挙だった。同年夏は4強入り。大谷が在学中は甲子園で勝てなかったが、2013年夏にもベスト4に入った。物事に対する考え方やプロセスを大切にする指導で選手個々の力を伸ばす。「岩手から日本一」を掲げており、基本的には岩手県内の選手のみで全国制覇に挑戦している。

卒業進学

筑波大学・日本体育大学・東北福祉大学・東北学院大学・青森大学・桜美林大学・国士舘大学・福井工業大学など

主なプロ野球選手(元を含む)

・菊池雄星(西武ライオンズ 2009年ドラフト1位)

・大谷翔平(日本ハム 2012年ドラフト1位→アナハイムエンジェルス)

・岸里亮佑(日本ハム 2013年ドラフト7位)

・高橋樹也(広島カープ 2015年ドラフト3位)

・千葉耕太(楽天イーグルス 2016年育成ドラフト1位)など

菊池選手や大谷選手が注目を浴びることが多いですが、それ以降にも素晴らしい選手たちがプロの世界へ進んでいます。

菊池投手をはじめ、投手が多くプロへ進んでいる印象があります。

名門花巻東高校野球部を解説

大谷選手や菊池選手のような一流の投手を育て上げている佐々木監督を目当てに、入学する選手も多いのではないかと思います。実力ももちろんあります。

私立では珍しい、県内の選手中心で活動しているのもおもしろい取り組みだと思います。やはり応援する側からすると、地元の選手で構成されたチームを応援したいという気持ちはあると思います。

佐々木監督の指導を受けた上で、甲子園に出場できたら最高だと思います。

部員数

部員数(2019年甲子園時

98名

佐々木監督の方針として、県内の選手で勝つ!これが花巻東です。

ただ、メンバーに神奈川県の選手も1人いますし、メンバー以外にも他県の選手がいます。

推薦とかではなく自ら行きたいと志願すれば入部は出来るそうです。

野球の環境と寮

施設一覧

・専用球場

・寮

・トレーニングルーム

専用球場は完備されており、充実した設備が整っています。

寮もあり、通常は2~4人部屋で過ごしています。テレビなども見ることは出来ます。

偏差値

偏差値

岩手県内70位 偏差値41~44

偏差値もそこまで高くはありませんでの、頑張れば入学できるレベルです。

「高校野球」岩手県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい③黒沢尻工業高校(公立)

「高校野球」岩手県強豪3校③黒沢尻工業高校(公立)

甲子園成績勝ち負け
春(1回)01
夏(3回)13
合計14

・甲子園の最高成績ベスト16

・野球部について

昭和時代に3度の甲子園出場がある古豪が復活の兆しをみせている。2016年の岩手大会で久しぶりの8強に進むと、2017年は春夏連続でベスト8入り。そして秋には準優勝し、33年ぶりとなる東北大会出場を果たした。2015年に指導経験豊富な石橋監督が就任。秋田工の監督として、1986年夏の甲子園に25歳の若さで出場。青森大監督としては全国大会出場9度。石橋監督の指導を受けるために遠方から入学する部員もいる。

卒業進路

富士大学・八戸学院大学・八戸工業大学など

主なプロ野球選手(元を含む)

なし

「公立の星」黒沢尻工業高校野球部を解説

古豪の高校です。ただ最近強くなりだしています。

もしかしたら、花巻東や盛岡大付属を倒して甲子園に行く公立高校は、黒沢尻工業ではないかと思っています。

これからが非常に期待できるチームです!

部員数と練習時間

部員数(2019年5月)

76名(2名マネージャー)

野球の環境と寮

施設一覧

・専用グラウンド

・室内練習場

・屋根付きブルペン

・寮

県立高校にしては非常に恵まれた環境です。

野球部の専用グラウンドもあり、室内練習場もあります。

また、屋根つきのブルペンなどもあります。

寮もありますので、遠方からの選手も入部できます。

偏差値

偏差値

岩手県内74位 偏差値43

 

「岩手県」2019年ドラフト指名候補

伸びしろ抜群メジャーも注目MAX157キロ右腕 佐々木 朗希投手

numberwebより)

経歴

189cm81kg 右右、
大船渡第一中→大船渡高校

1年夏から公式戦に出場し、最速147キロを計測。2年の夏に154キロマーク。2年の秋に157キロをマーク。

また足も速く5.9と抜群の身体能力を誇る。

間違いなくドラフト1位候補。

スケールも体のデカさ、身体能力すべてで、どの球団も育てたいと思える選手ではないかと思います。

大谷選手が出した160キロも更新されると野球小僧は考えます。

ぜひ161キロを目指してがんばってほしい。

間違いなくドラフト1位候補。

スケールも体のデカさ、身体能力すべてで、どの球団も育てたいと思える選手ではないかと思います。

大谷選手が出した160キロも更新されると野球小僧は考えます。

ぜひ161キロを目指してがんばってほしい。

ちなみに2019年のドラフト1位候補はこちらに記載させてもらっています↓

強豪高校へ進学するために必要なこと

忙しい部活の間に勉強して偏差値を上げること

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

特に強豪高校の場合、推薦入学者は全国でも名の知れた逸材ばかりです。そこにあなたが選ばれればいいですが、正直難しいですよね。

そこで入学するには、必ず勉強が必要になってきます。

ただ勉強をする時間が正直取れないですよね。平日も土日祝も部活、部活の毎日で塾にも通えないし、一人で勉強するのもモチベーションが上がらないですよね。

でも安心してください。

時間がない、部活が忙しいあなたへ解決策は全て下記の記事に書いています。ぜひご覧ください。

まずは、泥臭く野球もそうですが勉強もしてください。強豪高校で甲子園を目指したいけど、偏差値が高い・・・。

勉強してください。やってダメならそれはそれ、まずは苦手な勉強にもチャレンジするこころが必要ですよ。

野球のレベルアップすること

まずは強豪高校で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、大阪桐蔭のように限られた人数しか入部できない高校や、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば同級生の部員が10名程度の弱小高校へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪高校の場合同級生が30名~40名います。その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても18名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(甲子園のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

まとめ

他にも、強豪高校はいくつもあります。以下が2018年9月現在の出場回数です。

甲子園出場回数

高校名
専大北上(私)1回5回
一関学院(私)2回6回
盛岡中央(私)0回1回
久慈(公) 0回1回

どこへ入学するかは、あなた次第です。

岩手県は、甲子園でも準優勝をするなど全国でも強豪高校が多くある地区です。昔は、弱小県のイメージがありましたが、花巻東や盛岡大付属などの活躍により強豪県のイメージが定着してきました。

特に花巻東は、大谷選手や菊池選手のような球界を代表する選手が輩出されるなど注目される高校です。

歴代夏の甲子園出場高校

高校名成績
2014年盛岡大付属高校3回戦敗退
2015年盛岡大付属高校3回戦敗退
2016年花巻東高校3回戦敗退
2017年盛岡大付属高校ベスト8
2018年花巻東高校1回戦敗退

○○へ行けば必ず甲子園に出場できる!わけではありません。しかし、できるだけ甲子園に出場したいのであれば、今回紹介した3校へ進学をオススメします。

最後に、高校を選ぶ時は、しっかり調べて高校へ入学するようにしてください。監督が変わった途端に強くなったり、弱くなったりしますので、特に監督情報を耳に入れるようにしてください。

勝つのも必要ですが、人間教育も大事な要素です。しっかり自分の将来を考えて決めてくださいね。

近県の高校のチェック!

参考文献として以下の本を参考にさせていただきました。もっと高校野球を詳しく知りたい人は、購入を考えてみてください。

 

 

2020年春の甲子園が待ち遠しい!下記の記事も読んでね。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /