東海で高校野球をするなら

「高校野球」岐阜県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい!そのおすすめ理由も解説

高校野球をするときに、どこの県で、どこの高校で甲子園を目指そうか非常に迷いますよね。

しかし、安心してください。

岐阜県で進学するならこの3つだ

大垣日大・中京学院大中京・岐阜商業

この3つに進学すれば、甲子園に出場する確率が、かなり高くなります。

なぜなら、それだけの実績があるからです。

どこで、今回はグラウンド、設備、寮など野球に関する情報を詳しく丁寧にお伝えしたいと思います。

また高校を卒業した後の、大学への進学実績や出身プロ野球選手もお伝えします。すべての情報をしっかり把握することができれば、進学してよかったと3年後必ず思うことができます。

それでは岐阜県の甲子園に行くなら進学するべき、有力高校を紹介したいと思います。

近県の強豪高校もチェック

「高校野球」岐阜県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい①大垣日大高校(私立)

「高校野球」岐阜県強豪3校①大垣日大高校(私立)

甲子園成績 勝ち 負け
春(3回) 8勝 3敗
夏(5回) 5勝 5敗
合計 13勝 8敗

・甲子園の最高成績春準優勝(2007年)

・野球部について

大垣日大高校(愛知)を勇退した名将・坂口慶三監督が2005年に監督に就任、一気に全国級の強豪校になった。かつての「鬼の坂口」は、今は「仏」になったと言われるが、豊富な練習量は変わらない。(全国高校野球大図鑑2018引用)

卒業後の進学先

愛知大学・中京大学・大阪商業大学・中部大学・日本大学・立教大学・国際武道大学・東海大学・専修大学など

主なプロ野球選手(元を含む)

・曽我部直樹(阪神タイガース 1995年ドラフト4位→千葉ロッテ)

・阿知羅拓馬(中日ドラゴンズ 2014年ドラフト4位→中日ドラゴンズ)

・沼田拓巳(東京ヤクルトスワローズ 2017年ドラフト8位)など

 

「名門」大垣日大高校野球部を解説

名将坂口監督の下2018年の夏の甲子園にも出場した強豪高校です。坂口監督は74歳になるベテランです。

この坂口監督に教えてもらいたく入学する選手も多くいます。

部員数と練習時間

部員数

・3年生19名
・2年生14名
・1年生16名

基本的に部員数は20名より少ない人数で1学年入部を許可しています。部員数も50名~60程度を推移しています。

2018年夏甲子園出身地

・岐阜県=3名

・愛知県=8名

・石川県=2名

・兵庫県=1名

・三重県=1名

・鳥取県1名

・和歌山県=1名

・福井県1名

ほとんどの選手が県外からきているのがわかります。地元出身者は3名です。

練習時間

・火曜~金曜=16:30~19:30
・土日祝日=終日

夏の最後の大会では合宿が行われ、監督やスタッフ全員で泊まり込み仕上げます。その練習時間が朝5時から午後10時30分までの厳しい練習になります。

期間は約10日程度です。

この地獄の合宿を乗り越えることがあなたにはできますか。

野球の環境と寮

施設一覧

・専用球場

・室内練習場

・寮

環境としては専用球場と室内練習場が完備されています。

めちゃくちゃきれいな設備ではありませんが、練習で困ることはないでしょう。

専用グランド(野球場巡りより引用)

寮に関しては、全寮制ではありません。

ただ、ほとんどの部員が寮で生活。その中でも休みがあまりなく、実家に帰れるのも年末年始のみと中学生を卒業したばかりの子供には、少し厳しい環境が大垣日大にはあります。

ただ、寮は管理人が選手たちの親代わりとして、選手のケアをしているので安心できる面も大いにあります。

管理人は2005年に合宿所が出来た時から、寝食を共にし、栄養面でもサポートしてきた夫婦です。

元々大垣市内で和食料理店を営んでいたので、味は間違いない!

名将鬼の坂口

高校野球界では知らない人はいないのではないかと、思えるぐらい有名な監督です。

甲子園成績は以下の通りです。(2018年8月)

東邦高校での成績

出場24回 25勝23敗・優勝1回・準優勝2回

・春(13回) 15勝12敗・優勝1回・準優勝1回

・夏(11回) 10勝11敗・準優勝1回)

大垣日大での成績

出場8回 13勝8敗 準優勝1回

・春:出場3回 8勝3敗・準優勝1回/

・夏:出場5回 5勝5敗)

通算:出場32回 38勝31敗 優勝1回・準優勝3回

しかも年齢が74歳(2018年)で監督業をしています。正直元気すぎるぐらい元気な方です。この坂口監督に指導してもらいたくて入部する生徒も多くいます。

ただ今後は年齢のこともあるので、いつまでも大垣日大で采配をする可能性は低いのではないかと思います。長くて後2,3年ではないでしょうか。

監督が代わると急激に弱くなるチームもあるので、入学時にしっかり見極めて入学するようにしてください。

偏差値

偏差値

岐阜県内=20位 偏差値47~61

大学進学時には、日本大学の付属高校のため日本大学に進学する場合は非常に有利になります。

「高校野球」岐阜県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい②中京学院大中京高校(私立)(2017年まで中京高校)

「高校野球」岐阜県強豪3校②中京学院大中京高校(私立)

甲子園成績 勝ち 負け
春(5回) 2勝 5敗
夏(6回) 7勝 6敗
合計 9勝 11敗

・甲子園の最高成績夏ベスト8(1975年)

県岐阜商校の対立軸として凌ぎを削ってきた強豪私学。2017年4月に中京から中京学院大中京へ校名変更した。(中略)NTT西日本を率いたOBの橋本哲也監督が2015年に就任し、「くらいつけ」のスローガンのもと、亜細亜大学OBのコーチ陣が選手を鍛えている。系列の中京学院大との関連も深い。(全国高校野球大図鑑2018年より引用)

・卒業進路

国学院大学・亜細亜大学・東海大学・中京学院大学・関西国際大学・帝京大学・大阪学院大学など

・主なプロ野球選手(元を含む)

・松田宣浩 (ソフトバンクホークス 2005年ドラフト1位(希望枠)

・城所龍磨(ソフトバンクホークス 2003年ドラフト2位)

・榊原諒 (北海道日本ハム 2008年ドラフト2位→オリックス)

・池ノ内亮介 (広島東洋カープ 2010年育成ドラフト2位)

・今井順之助 (北海道日本ハム 2016年ドラフト9位)

・吉川尚輝(読売巨人 2016年ドラフト1位)

・安江嘉純 (千葉ロッテ 2016年育成ドラフト1位

熱男ことソフトバンク松田選手の母校。

これまで、数多くのプロ野球選手を輩出しています。また、2019年は吉川選手に期待ですね。

広島カープ菊池選手をしのぐと言われる守備範囲!ぜひ2019年は頼みますよ吉川選手。

「名門」中京学院大中京高校野球部を解説

以前は中京高校でしたが、現在は中京学院中京と学校名が変わっています。

部員数と練習時間

部員数(2018年8月)

・3年生54名
・2年生34名
・1年生20名

2016年の甲子園時は122名の部員が在籍していました。

それを考えると基本100名を超える部員が在籍していると思っていてください。

練習時間に関しては、20時頃まで練習をして、そこから全員でグランド整備を行います。

その後夕食をとりミーティングと気を抜く暇がないぐらいきっちり決まっています。(高校野球ドットコム→参考資料

 

野球の環境と寮

施設一覧

・専用球場

・室内練習場

・トレーニングルーム

・寮

専用球場、バッティングマシンや雨天練習場など充実した施設があります。

またトレーニング室なども完備しています。雨天で練習がないということは、まずありません。

寮に関しては全寮制。

特に寮の規則は厳しく、携帯禁止で個人の部屋にはテレビもありません。

その点、野球に専念できる環境なので、存分に野球に打ち込めます。

ただ、急に寮暮らしになるとホームシックにかかるなど、最初の1年がかなりしんどい。

ただこれを乗り越えると、寮生活の以外に楽しくなります。

偏差値

偏差値

愛知県内34位=偏差値40~57

「高校野球」岐阜県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい③岐阜商業高校(公立)

「高校野球」岐阜県強豪3校③岐阜商業高校(公立)

甲子園成績 勝ち 負け
春(28回) 48勝 25敗
夏(28回) 39勝 27敗
合計 87勝 52敗

・甲子園の最高成績春優勝3回・夏1回

・野球部について

春夏ともに28回の甲子園出場は県内ダントツ。(中略)以前ほど県岐阜商がスター軍団になることは減ったが、選手は粒揃いで、高橋純平(ソフトバンク、ドラフト1位)のような超逸材が出現するのもやはり県岐阜商からである(全国高校野球大図鑑2018より引用)

卒業進路

法政大学・立命館大学・東北福祉大学・同志社大学・愛知大学・立教大学・中央大学・近畿大学・専修大学・中部学院大など

主なプロ野球選手(元を含む)

・和田一浩(西武ライオンズ 1996年ドラフト4位→中日ドラゴンズ)

・石原慶幸 (広島東洋カープ 2001年ドラフト4位)

・青木高広 (広島東洋カープ 2006年ドラフト4位)

・藤原正典 (阪神タイガース 2009年ドラフト2位)

・三上朋也 (横浜DeNAベイスターズ 2014年ドラフト4位)

・高橋純平 (福岡ソフトバンクホークス 2015年ドラフト1位)など

プロの世界で活躍している選手が多い傾向があります。

例えば和田選手は中日ドラゴンズの中心選手として活躍。また石原捕手は40歳目前でも現役を続けています。

 

「公立の星」岐阜商業高等学校野球部を解説

鍛治舎監督が指揮を2018年3月から就任しています。秀岳館高校では甲子園を沸かせた名将です。

噂では3000万円の他の私立高校の契約を断り、母校の監督を受けたそうです。これこそ男気!

部員数

部員数(岐阜商業HPより引用)

・3年生45名
・2年生43名
・1年生38名

合計部員数126名

県立とは思えないぐらいの部員の多さです。この部員数は全国でもトップクラスの数になります。

この中で9名のレギュラーに入るためにはかなりの努力が必要になってきます。

野球の環境

施設一覧

・専用グラウンド

・室内練習場

学校内に専用のグラウンドと室内練習場があります。公立高校では非常にめぐまれた環境と言っていいでしょう。

名将鍛治舎監督よって生まれ変わる

岐阜商業から早稲田大学そして社会人野球で活躍。その後NHKの野球解説を担当。

14年に秀岳館(熊本)の監督に就任し、4季連続で甲子園に導くなど実績は抜群。練習もPDCAサイクルを意識して、練習の効果を高める。

例えば、投球練習では、1球ごとにスピードガンの数値を投手に伝える。球速が上がった時や球速が遅くても良い球が行った時など、投手や捕手は1球ごとに理由を考え、次に生かすことができる。就任前、一人もいなかった球速130キロ超の投手は現在13人になった。(https://www.asahi.com/articles/ASL6V5WB1L6VOHGB012.html)

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)をやることにより、練習のモチベーションはあがります。

その例でスピードガン練習をあげました。これこそ目に見える練習方法で、目で見える結果があれば選手はやる気になりますし、どうすれば早くなるか考えます。

このような練習を、公立高校の限られた時間の中で取り組んでいます。ぜひ、指導をしてもらいたい選手は、岐阜商業を受験してみてはいかがですか。

公立高校で、ここまで実績のある監督が就任することは珍しいです。しかも教員ではないので、転勤もありません。

ただ、年齢が年齢なので、残り何年高校野球の監督をしてくださるかわかりません。ただ、レベルの高い野球ができるのは、間違いありません。

偏差値

偏差値

岐阜県47位=偏差値53~54

強豪高校へ進学するために必要なこと

野球のレベルアップ

まずは強豪高校で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、大阪桐蔭のように限られた人数しか入部できない高校や、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば同級生の部員が10名程度の弱小高校へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪高校の場合同級生が30名~40名います。その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても18名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(甲子園のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

 

少ない時間で効率よく勉強すること

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

特に強豪高校の場合、推薦入学者は全国でも名の知れた逸材ばかりです。そこにあなたが選ばれればいいですが、正直難しいですよね。

そこで入学するには、必ず勉強が必要になってきます。

ただ勉強をする時間が正直取れないですよね。平日も土日祝も部活、部活の毎日で塾にも通えないし、一人で勉強するのもモチベーションが上がらないですよね。

でも安心してください。

教員経験がある野球小僧が、時間に縛られない、しかもスマホで勉強できるアプリを見つけました。それがスタディサプリという動画を使って勉強する方法です。

時間がないという、あなたの悩みを解決してくれますよ。

まずは、泥臭く野球もそうですが勉強もしてください。強豪高校で甲子園を目指したいけど、偏差値が高い・・・。

勉強してください。やってダメならそれはそれ、まずは苦手な勉強にもチャレンジするこころが必要ですよ。

まとめ

他にも、強豪高校はいくつもあります。以下が2018年9月現在の出場回数です。

甲子園出場回数

高校名
岐阜城北(公) 1回 3回
市岐阜商業(公) 0回 4回
美濃加茂(私) 0回 2回
土岐商業(公)  0回 3回

どこへ入学するかは、あなた次第です。

岐阜県は、大垣日大高校や中京大中京高校以外の私立は目立たない。ただ、この2強をどうにか県立高校が倒して甲子園へ行ってほしいです。

岐阜県の場合だと県立で私立高校を倒すのもいいかもしれませんね!

 

歴代夏の甲子園出場高校

高校名 成績
2014年 大垣日大高校 1回戦敗退
2015年 岐阜城北高校 1回戦敗退
2016年 中京学院大中京高校 2回戦敗退
2017年 大垣日大高校 2回戦敗退
2018年 大垣日大高校 2回戦敗退

○○へ行けば必ず甲子園に出場できる!わけではありません。しかし、できるだけ甲子園に出場したいのであれば、今回紹介した3校へ進学をオススメします。

設備は私立に勝てないですが、公立でも甲子園へは行けます。

ただプロ野球選手になりたい!と断固たる夢を持っているのであれば、環境は大事なので私立をおすすめします。

最後に、高校を選ぶ時は、しっかり調べて高校へ入学するようにしてください。

監督が変わった途端に強くなったり、弱くなったりしますので、特に監督情報を耳に入れるようにしてください。

勝つのも必要ですが、人間教育も大事な要素です。しっかり自分の将来を考えて決めてくださいね。

近県の強豪高校もチェック

参考文献として以下の本を参考にさせていただきました。もっと高校野球を詳しく知りたい人は、購入を考えてみてください。

 

兼業パパブロガー☆KEN
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です