関東で高校野球をするなら

「高校野球」栃木県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい!そのおすすめ理由も解説

高校で甲子園を目指したいけど、どこへ行けばいいかわからない~

おそらく、高校野球をするぞ!と決めても、どこの県で、どこの高校で甲子園を目指そうか迷っているのではないでしょうか。

実は、神奈川県は私がおすすめする3つへ行けば、限りなく甲子園に近くなります。

実際に、私は、10年以上野球経験があり、高校では硬式野球部キャプテン、大学では全国大会ベスト16を果たしているKENが解説します。

もし、あなたが、どこの高校を目指そうか迷っているなら、ぜひこの記事を読み込んでください。

そうすれば、必ず、あなたが進みたい高校が見つかるはずです。

【結論】栃木県で進学するならこの3つだ

作新学院・佐野日大・宇都宮工

この3つに進学すれば、甲子園に出場する確率が、かなり高くなります。

なぜなら、それだけの実績があるからです。

近県の強豪高校もチェック

 

目次

「高校野球」栃木県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい①作新学院高校(私立)

【栃木の強豪】作新学院高校野球部を解説

・野球部について

宇都宮出身・作新育ちの小針崇宏監督は就任時から「地元の選手で全国優勝したい」という夢をかなえ、全国で勝てるチームを目指してさらなる挑戦をしている。一球・一転になど「1」にこだわる、人間性、集中力、頑張り方(質、気持ち)で差が出る、などを掲げ豊富な練習量と選手・監督の厚い信頼関係、そして攻守に渡るプレーの質で他校を引き離す。(全国高校野球大図鑑2018年より引用)

作新学院は今年優勝すれば、8連覇を達成します。この結果からもわかるように、栃木県に作新学院ありと言われるほど知名度があります。

栃木で甲子園に出場したいのであれば、作新学院を一番にお勧めします。

 

【強豪】作新学院高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(10回)12勝9敗
夏(15回)27勝13敗
合計39勝22敗

・甲子園の最高成績は優勝

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・江川卓(法政大学野球部→作新学院職員として米留学→空白の一日事件で阪神タイガース→読売ジャイアンツ 1978年ドラフト1位)

・岡田幸文(千葉ロッテマリーンズ 2008年育成ドラフト6位)

・寺田哲也(東京ヤクルトスワローズ 2014年ドラフト4位)

・松崎啄也(読売ジャイアンツ 2015年ドラフト8位)

・石井一成(北海道日本ハムファイターズ 2016年ドラフト2位)

・今井達也(埼玉西武ライオンズ 2016年ドラフト1位)

 

【作新学院高校】部員数

部員数(2018年甲子園時

92名

レギュラーは9名。そこを頭に入れて入学するようにしてください。ちなみに、一般入試で野球部に入学することも可能。

2018年夏甲子園出身地

・栃木県=18名

まさに、オール栃木。全国でもあまりみられない、私立強豪高校のオール地元の選手。まさに監督の思い描いたチーム。

野球の施設と寮

施設一覧

・専用球場(両翼91㍍、センター119㍍)

・屋根付きブルペン

・室内練習場

・トレーニングルーム

・寮

作新学院HP参照)

この充実した施設から、毎年のように多くのプロ野球選手が輩出されています。

全寮制ではありませんが、寮はあります。

2014年にプロへ進んだ寺田投手のインタビューで書かれていました。

丸岡先生からも『お前は寮のある学校に行った方がいいな』とも言われたので、寮のある作新学院高にしました。実際は自宅からも自転車で40分くらいで通える距離ですし、野球部が全寮制というわけでもないんですが(笑)(独立リーグドットコム)

「甲子園」最年少出場監督小針崇宏

作新学院の監督になったのは、筑波大学卒業後の23歳。まず、この若さで監督に就任する勇気に拍手!

あまり知られてはいませんが、若干26歳で甲子園へ作新学院を導きました。

その後、2011年には夏の甲子園大会で優勝をするなど着実にチームを強くしています。

小針監督の野球は送りバントをしない、超攻撃野球です。なぜバントをしないのかというと、生徒のメンタル(精神)が大きく関わっている。

送りバントは決めるのが当たり前。失敗したなら、大きく選手のメンタルを傷つける。たしかにわかります、野球小僧も失敗する度にかなり落ち込みました。

また、現在は「第12回 BFA U-18アジア選手権」侍ジャパンU-18代表コーチングスタッフとして選ばれるまでにのぼりつめた。

そんな小針監督の指導を受けたくありませんか?

受けたい!と心から思ったあなたの進学先は作新学院です。

【強豪作新学院】偏差値

偏差値

偏差値40~71

みんなの高校情報より)

「トップ英進部」を始めとして、「総合進学部」「情報科学部」と分かれており、各々の部の中でも進学希望先に応じて「英進クラス」や「進学クラス」などがあります。

卒業進学

明治大学、法政大学、早稲田大学、東洋大学、日本体育大学、桐蔭横浜大学、中央大学、仙台大学、富士大学など

「高校野球」栃木県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい②佐野日大高校(私立)

【栃木県の強豪】佐野日大高校野球部を解説

・野球部について

40年にわたり監督を務め、春夏あわせて10回甲子園に導いた松本弘司監督が昨年(2016年)引退。後を継いだのは1989年夏、甲子園初出場の時のエースで、後に阪神でプレーした麦倉洋一監督だ。さっそく「プロのように1発はでないからつなぐことが大切」「スマートな野球ではなく全員野球で泥臭くやる」など、チームに新しい風を入れている。(全国高校野球大図鑑2018年より引用)

最近では2104年の春に甲子園ベスト4に入りました。

プロ野球選手も2018年までに7名を輩出。

2017年にドラフト1位で入団した田島投手や、巨人の沢村投手などドラフト1位を輩出しています。

佐野日大出身のプロ野球選手は投手が、大部分を占めています。そう考えると、投手でプロを目指したい選手にお勧めできる高校だと思います。

 

【強豪】佐野日大高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(4回)5勝4敗
夏(6回)4勝6敗
合計9勝10敗

・甲子園の最高成績はベスト4

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・江村将也(東京ヤクルト 2012年ドラフト4位→東京ヤクルト打撃投手)

・澤村拓一(中央大学卒、読売ジャイアンツ投手 2010年ドラフト1位)

・西宮悠介(横浜商科大学卒、東北楽天投手 2013年ドラフト5位)

・田嶋大樹(JR東日本、オリックス・バファローズ投手 2017年ドラフト1位)など

 

【佐野日大】部員数と練習時間

部員数(2019年6月

65名

日本の学校より引用)

練習時間

・月曜日=16:00~18:00

・火曜日~金曜日=16:00~20:00

・1,3,5土日=14:00~19:00

・2,4土日祝=9:00~17:00

日本の学校より引用)

土日祝日は練習試合がない場合の練習時間と考えていてください。

野球の施設と寮

施設一覧

・専用球場

・室内練習場

・トレーニングルーム

・寮

高校野球ドットコム2019年参照)

高校野球ドットコム2014年参照)

練習試合ができる専用球場を完備。それに加え、室内練習場やトレーニングルームもあります。

専用球場は照明もあり、内野は黒土。

申分ない環境で、思いっきり野球に打ち込めます。

寮は完備されています。監督も週に2、3回は一緒に泊まり生徒の私生活をしっかり把握しています。

監督のこの行動本当大事!

すべて寮の管理する方に任せるのでは、なかなか寮の内部まで把握することができません。なので、少しでも部員と関わることは非常に大事です。

「阪神タイガース」麦倉監督

また、2017年4月から、元阪神タイガースの麦倉監督が指導をしています。

麦倉監督は、佐野日大出身で、高校時代48イニング無失点を記録しています。また、3年の夏の栃木予選は無失点で優勝して甲子園出場を果たしています。

投手出身ということもあり、今後も投手の育成に期待ができます。

【強豪佐野日大】偏差値

偏差値

偏差値50~69

みんなの高校情報より)

普通科のみで「特別進学コースαクラス」と「特別進学コース」「スーパー進学コース」「進学コース」。

日本大学付属高校の中で日本大学への合格率がトップです。他にも早慶などにも進学する進学校です。

卒業進路

中央大学、仙台大学、上武大学、日本大学、横浜商科大学、城西国際大学、流通経済大学、東京農業大学など

社会人=JR東日本

「高校野球」栃木県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい③宇都宮工業高校(公立)

【栃木県の強豪】宇都宮工業高校野球部を解説

・野球部について

毎年100名の大所帯でレギュラー争いが繰り広げられている。今は私立に押されてなかなか上位に勝ち進めないが、夏は1986年以来、春は2002年以来の甲子園を待ち望むファンは多い。(全国高校野球大図鑑2018より引用)

宇都宮工業は、1953年に夏の甲子園大会でベスト8、1959年夏に甲子園準優勝を獲得しました。

その準優勝をした時のエースが、新潟県の強豪・日本文理を率いた大井道夫元監督です。

2009年の夏に日本文理旋風を巻き起こしたチームの監督です。

【強豪】宇都宮工業高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(5回)4勝5敗
夏(4回)8勝4敗
合計12勝9敗

・甲子園の最高成績準優勝

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・仁平馨(広島東洋カープ 1989年ドラフト2位)

・星知弥(東京ヤクルトスワローズ 2016年ドラフト2位)など

 

【宇都宮工業】部員数と練習時間

現在は、古豪と言われ低迷が続いています。しかし、部員数も100名近くいるので今後の成長に期待したいです。

1日の活動時間は、平日3時間程度ととし、休業日は4時間程度とする。(宇都宮工業HPより引用)

野球の施設

グラウンドは、専用球場はありませんが、ちゃんと学校の敷地内に野球ができる環境はあります。

ただ、設備の整った環境を求めるならやはり私立が優勢。

宇都宮工業などの、公立工業高校を選択する場合は、高校卒業後の就職先も頭に入れて進学するようにしてください。

【強豪宇都宮工業】偏差値

偏差値

偏差値50

みんなの高校情報より)

設置学科は「機械科」「電子機械科」「電気科」「電子情報科」「建築デザイン科」「環境設備科」「環境土木科」の7学科、11コース。

平成29年度の実績としては、進学が約3割、就職が約7割です。就職に関しては、14年連続100%の実績を残していますので、将来を見据えた進学先ではないかと思います。

卒業進路

法政大学、帝京大学、上武大学、横浜商大、桐蔭横浜大学、明治大学、立正大学、流通経済大学などなど

強豪高校へ進学するために必要なこと

忙しい部活の間に勉強して偏差値を上げること

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

特に強豪高校の場合、推薦入学者は全国でも名の知れた逸材ばかりです。そこにあなたが選ばれればいいですが、正直難しいですよね。

そこで入学するには、必ず勉強が必要になってきます。

ただ勉強をする時間が正直取れないですよね。平日も土日祝も部活、部活の毎日で塾にも通えないし、一人で勉強するのもモチベーションが上がらないですよね。

でも安心してください。

時間がない、部活が忙しいあなたへ解決策は全て下記の記事に書いています。ぜひご覧ください。

まずは、泥臭く野球もそうですが勉強もしてください。強豪高校で甲子園を目指したいけど、偏差値が高い・・・。

勉強してください。やってダメならそれはそれ、まずは苦手な勉強にもチャレンジするこころが必要ですよ。

野球のレベルアップすること

まずは強豪高校で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、大阪桐蔭のように限られた人数しか入部できない高校や、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば同級生の部員が10名程度の弱小高校へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪高校の場合同級生が30名~40名います。その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても18名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(甲子園のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

【栃木県】野球の強豪へ進学して、甲子園を目指しましょう!

【結論】栃木県で進学するならこの3つだ

作新学院・佐野日大・宇都宮工

歴代夏の甲子園出場高校

高校名成績
2014年作新学院高校2回戦敗退
2015年作新学院高校3回戦敗退
2016年作新学院高校優勝
2017年作新学院高校1回戦敗退
2018年作新学院高校1回戦敗退
2019年作新学院高校ベスト8

○○へ行けば必ず甲子園に出場できる!わけではありません。しかし、できるだけ甲子園に出場したいのであれば、今回紹介した3校へ進学をオススメします。

設備は私立に勝てないですが、公立でも甲子園へは行けます。

ただプロ野球選手になりたい!と断固たる夢を持っているのであれば、環境は大事なので私立をおすすめします。

最後に、高校を選ぶ時は、しっかり調べて高校へ入学するようにしてください。

監督が変わった途端に強くなったり、弱くなったりしますので、特に監督情報を耳に入れるようにしてください。

勝つのも必要ですが、人間教育も大事な要素です。しっかり自分の将来を考えて決めてくださいね。

近県の強豪高校もチェック

参考文献として以下の本を参考にさせていただきました。もっと高校野球を詳しく知りたい人は、購入を考えてみてください。

2020年春の甲子園が待ち遠しい!下記の記事も読んでね。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です