関東で高校野球をするなら

「高校野球」西東京で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい!そのおすすめ理由も解説

高校で甲子園を目指したいけど、どこへ行けばいいかわからない~

おそらく、高校野球をするぞ!と決めても、どこの県で、どこの高校で甲子園を目指そうか迷っているのではないでしょうか。

実は、西東京都は私がおすすめする3つへ行けば、限りなく甲子園に近くなります。

実際に、私は、10年以上野球経験があり、高校では硬式野球部キャプテン、大学では全国大会ベスト16を果たしているKENが解説します。

もし、あなたが、どこの高校を目指そうか迷っているなら、ぜひこの記事を読み込んでください。

そうすれば、必ず、あなたが進みたい高校が見つかるはずです。

【結論】西東京都で進学するならこの3つだ

早稲田実業・日本大学第三高校・日野高校

この3つに進学すれば、甲子園に出場する確率が、かなり高くなります。

なぜなら、それだけの実績があるからです。

それでは西東京都の甲子園に行くなら進学するべき、有力高校を紹介したいと思います。

近県の強豪高校もチェック

目次

「高校野球」西東京都の強豪①早稲田実業高校(私立)

【西東京都の強豪】早稲田実業高校野球部を解説

・野球部について

第1回の東京大会優勝校であり、甲子園では春優勝1回、準優勝1回、夏は優勝1回、準優勝2回、王貞治、荒木大輔、斎藤祐樹らを輩出し、最近では(2017年)清宮幸太郎が注目を集めるなど、日本球界を代表する名門であり、ブランド校。

(全国高校野球大図鑑2018より引用)

世界のホームラン王やハンカチ王子(斉藤祐樹)、高校歴代本塁打(清宮幸太郎)を輩出する実力とブランドをかね揃えている高校です。

2018年は負けてしまいましたが、実力は申し分ないです

【強豪】早稲田実業高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(21回)23勝20敗
夏(29回)48勝28敗
合計71勝48敗

・甲子園の最高成績は優勝(春1回、夏1回)

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・王貞治 (元福岡ソフトバンクホークス監督、野球殿堂 1959年。元読売ジャイアンツ)

・荒木大輔 (投手コーチ。1983年卒。東京ヤクルト 1982年ドラフト1位)

・斎藤佑樹 (第88回全国高等学校野球選手権大会優勝投手(春夏共に引き分け再試合を経験)。2007年卒。早大卒。北海道日本ハム 2010年ドラフト1位)

・塚田晃平 (2008年卒。早大卒。広島東洋カープ 2011年育成ドラフト2位)

・重信慎之介 (早大卒。読売ジャイアンツ 2015年ドラフト2位)

・清宮幸太郎 (高校最多本塁打。北海道日本ハム 2017年ドラフト1位)

・野村大樹 (ソフトバンクホークス 2018年ドラフト3位)など

 

2018年ドラフト指名選手

「高校通算本塁打68本。強打の三塁手」野村大樹内野手 ソフトバンク3位

経歴

172cm81kg 右右 MAX135km 三塁・捕手 遠投100m 50m6秒3
同志社中(U-15日本代表)→早稲田実業
中学時代は日本代表の5番。

1年夏から公式戦に出場する。2年の春に清宮(日ハム2017年ドラフト1位)と共に甲子園出場する。

清宮選手と共に話題になった選手です。

小柄ながら打撃センスはピカイチ!広角にホームランが打てるのが持ち味です。

スカウトからの評価も高く、ドラフト3位で消えた逸材。

【早稲田実業】部員数

部員数2019年4月

85名

日本の学校より引用)

ただ入学するまでが難関です。非常に有名高校だけに、希望者も多く最難関高校の1つです。東京都だけではなく、全国から生徒が集まってきます。

部員数も1学年28名とかなりの人数がいます。

野球の環境と寮

設備一覧

・グラウンド ( 両翼93m センター120m)

・室内練習場

・クラブハウス

・シャワー室

・投球練習場

早稲田実業高校HPより引用)

2004年に八王子市に王貞治記念グラウンドが完成し、2016年に人口芝になりました。学校からは15キロ程度はなれている場所にあります。

設備もさすがに私立!という感じで非常に豪華な設備が整っています。

高校の設備で、クラブハウスやシャワー室がついている学校は聞いたことがないですね。野球をする環境は正直全国でも5本の指に入りますね。

寮はなく、遠方の選手は下宿をします。

伝説の試合(早稲田VS駒大苫小牧)

歴史上語り継がれる名勝負です。決勝での再試合はこれが最初で最後になるのではないでしょうか。

この試合は野球小僧も鮮明に覚えています。10年以上も前の試合ですが、必ず見てほしい試合です。

特に全盛期の斎藤祐樹(日本ハムドラフト1位)と田中将大(楽天ドラフト1位)の投げ合いは見ものです。

伝説の試合(早実VS苫小牧)

一般入試から甲子園へ

入部したいけど、一般でも入れるの?安心してください。

受験生@保護者 [ 2015/11/30(月) ]
下の人と同じ質問になりますが、高校一般受験で入った人でも清宮君がいる野球部に入ることは現実的に可能ですか?一般受験で入った人がレギュラーになっている例はありますか?また、多いですか?野球以外の運動部でも推薦や小中学入生からの持ち上がり等で相当レベルが高い人が多いと思いますが、一般受験の人の活躍はどんな感じですか?
高校3年の母@一般人 [ 2015/12/03(木) ]
夏の甲子園のメンバーでも秋の大会でも、一般入試組でレギュラーの選手はいました。少数ですが。がんばってください!(高校受験ナビより引用)

一般入試組でも入部できますし、レギュラーになれる可能性もあります。

なのでまずは、勉強あるのみです。

勉強をしないと、正直話になりませんよ。

【強豪早稲田実業】偏差値

偏差値

偏差値76

みんなの高校情報より)

まず推薦入試ではなく、一般で入学を検討している場合はしっかりと勉強することが必要です。入試科目としては、国語、数学、英語の3教科です。

やればできます!受験勉強を制して、早稲田のユニフォームを着ませんか?

卒業進学

・早稲田大学など(約40年前は早稲田以外も進学していましたが、現在は早稲田大学にほぼ進学しています。)

 

「高校野球」西東京都の強豪②日本大学第三高校(私立)

【西東京都の強豪】日本大学第三高校野球部を解説

・野球部について

全国優勝は春1回、夏2回。現在東京にある学校で戦前の甲子園大会に出場しているのは早稲田実業と日大三高だけ、かつては「春の三高」と呼ばれた時期もあったが、1997年に関東一で実績を残した小倉全由氏が監督に就任すると豪打のチームに変わり、夏2回の全国制覇につながった。(全国高校野球大図鑑2018年より引用)

 

【強豪】日本大学第三高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(19回)27勝19敗
夏(17回)27勝15敗
合計53勝33敗

・甲子園の最高成績(春優勝1回、夏2回)

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・荒木郁也(阪神タイガース選手 2010年ドラフト5位)

・吉田裕太(千葉ロッテマリーンズ選手 2013年ドラフト2位)

・山崎福也(オリックス・バファローズ選手 2014年ドラフト1位)

・高山俊(阪神タイガース選手 2015年ドラフト1位)

・関谷亮太(千葉ロッテマリーンズ 2015年ドラフト2位)

・横尾俊建(北海道日本ハムファイターズ 2015年ドラフト6位)

・坂倉将吾(広島東洋カープ 2016年ドラフト4位)

・櫻井周斗(横浜DeNAベイスターズ 2017年ドラフト5位)

・井上広輝(西武ライオンズ 2019年ドラフト6位)など

プロ野球を毎年のように輩出している高校はあまりありません。

しかし日大三高校は驚異的なペースでプロを輩出しています。

2019年ドラフト指名選手 西武ライオンズ6位

MAX150㌔天性のしなやかさを持つスーパーエース 井上広輝

経歴

180cm80kg 右右
海老名南シニア→日大三高校
日大三高では1年夏からベンチ入り。1年の秋は主にリリーフでチームに貢献。

2年夏の甲子園で150㌔を計測し、プロから注目される。

目指せ155㌔!

【日本大学第三高校】部員数と練習時間

部員数(2018年甲子園時

71名

2018年選抜の時に41名(新2年生、新3年生)でしたので、多分1学年20名程度しか入部できないのではないかと思います。

ここは入学する前に学校へ連絡して聞いてみて下さい!ほぼスカウトされないと入部はできないと思います。

スカウトの方法としては三木部長が声をかけにいっています。

ただ、特待制度のない日大三高はなかなかスカウトやりづらいらしいです。その中でも、坂倉(現広島)や桜井(現DeNA)あたりは『三高でどうしてもやりたい』と言って入学をしてくれたそうです。

ちなみに板倉選手は八千代中央シニアで3年春全国優勝しています。

練習時間としては、

「冬場は午後2時から6時半くらい。夏は7時半まで。月曜は4時、水曜は3時から。土曜も授業があるので午後からで、1時間ほど長いのは火、木、金だけ。月曜は2週間に1回、休みにしています」

(日刊ゲンダイより引用)

練習時間としては、めちゃくちゃ長いわけではありません。

野球小僧の高校も平日は、16時~20時ぐらいまでやっていました。そんなに時間は変わりませんね。

野球の施設と寮

施設一覧

・専用球場(外野芝・内野黒土)

・室内練習場

・寮

野球をする環境に関しても、専用球場もあり、寮と併設されている室内練習場もあります。

外野は芝が引かれ、内野は黒土です。このようなプロ顔負けの施設で練習ができる選手がうらやましい限りです。

寮生活については、昔のような上下関係は撤廃しています。洗濯も自分のものは自分で洗うようになっています。

いやいや影では・・・と思うかもしれませんが、監督と部長が同じ寮に住んでいるので常に監視しています。

野球をする環境としては、かなりおすすめできるレベル。

進学できる野球技術と学力があるのであれば、ぜひ進学を検討してみてください。

「おやじ」名将小倉全宙監督

そして何よりも気になるのが監督の存在だと思います。日大三高の監督小倉氏は誰もが知っている超が付くほど有名人です。

ただ、有名だけではなく人格者としても知られています。その監督の人柄が出ているのが以下の内容になっています。

日大三・小倉全由監督(60)は、大学の合格報告に訪れた3年生に笑顔で尋ねた。「おめでとう。良かったな。彼女には報告しなくていいのか?」。3年生から「いえ…。彼女いないです」と返され、「ほんとかよ? いい顔してるのになぁ」と笑った。4月に61歳を迎えるが、学生との距離は監督に就任した「24歳の時のままだ」と話した。

(日刊スポーツより引用)

ウチは2週間に1回は自宅に帰します。月曜の授業が終わったら帰して火曜の授業にまた来る。

遠くて帰れない子は焼き肉屋にでも連れていって『東京のヤツらに負けんなよ』と言いながら食べるんですよ」

(日刊ゲンダイより引用)

野球部を引退した生徒への声のかけ方や、遠方から入学している生徒と休みの日に焼肉へ出かけるなど、寄り添った指導が魅力的です。

このような細かいことができる監督はあまりいません。

常に生徒と過ごし、一緒に風呂にも入ります。監督というよりは、親父という言葉がしっくりきます。

こんな監督の下で野球をして、甲子園を目指したいと思うのが普通ではないでしょうか。必ず一生の付き合いになると思います。

【強豪日本大学第三】偏差値

偏差値

東京都内=36位 偏差値65~69

大学への進学率は8割近くを誇っており、日本大学のほか早慶上理や国公立大学などにも進学する名門高校です。

勉強もできるし、野球もできる文武両道の学校です。そんな日大三高へ進学したいのであれば勉強が必須です。

卒業進路

日本大学・明治大学・青山学院大学・明治学院大学・桜美林大学・立正大学・常盤大学など

「高校野球」西東京都の強豪③日野高校(公立)

【西東京都の強豪】日野高校野球部を解説

・野球部について

5年前(2013年)の夏は準優勝、昨年の秋季都大会は4強に進み東京と高校野球連盟から3回目となる21世紀枠の推薦を受けるなど、「都立の星」と呼ばれて久しい。

(全国高校野球大図鑑2018より引用)

公立高校で甲子園へ出場するのは、非常に厳しいと思っていてください。ここ20年以上は西東京都の夏の代表高校は私立です。

そこを踏まえて甲子園へ出場したいのであれば、私立も視野にいれてください。私立の方が可能性はあります。

日野高校は2013年に夏準優勝を果たしています。その決勝の相手は日大三高でした。都立もあと一歩のところまできています。

【強豪】日野高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(0回)0勝0敗
夏(0回)0勝0敗
合計0勝0敗

・甲子園出場なし

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・横川雄介(読売巨人 2002年ドラフト8位)

・佐々木千隼(千葉ロッテ 2016年ドラフト1位)

なかなかプロの世界へ進むことはできませんが、佐々木投手のようにドラフト1位で入団できる可能性もあります。

【日野高校】部員数と練習時間

2019年6月

・3年生:27名

・2年生:31名 マネ4名

・1年生:22名 マネ2名

合計数86名

日野高校HPより参照)

ちなみに以下が平日練習の流れです。

高校生新聞より引用)

本気で甲子園のみを考えている場合は、私立高校をオススメします。しかし、どうしても家庭の事情や都立で甲子園を目指したいのであれば入学してください。

ちなみに1年生から練習に参加できるので、球広いばかりではないですよ。

野球の施設

設備に関しては、グラウンドはサッカー部と共有のため毎日工夫をしながら練習をしています。

やはり公立となるとなかなか専用球場で練習は厳しいです。ウエイトルームもありますが、整っているかといわれたら整ってはいません。

ただ努力次第では、佐々木投手のようにドラフト1位でプロの世界へいける可能性があります。

独特な練習でレベルUP

日野高校の監督嶋田先生は、型にはまらない練習をもっとうにしています。

ライバル高校の練習を真似るのもありますし、サッカーなどやらしていいところを吸収させる練習方法をとっています。

野球の具体的な練習では、

ヘロヘロティー

35球連続で全力で打ちを行い、終わったらもも上げ20回。これを3セット行います。これの上が、がに股で同じ事を行います。

【強豪日野】偏差値

偏差値

偏差値53

みんなの高校情報より)

日野高校をあなたの力で、甲子園へ導いてください!

卒業進路

桜美林大学・東京国際大学・東京経済大学など

強豪高校へ進学するために必要なこと

忙しい部活の間に勉強して偏差値を上げること

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

特に強豪高校の場合、推薦入学者は全国でも名の知れた逸材ばかりです。そこにあなたが選ばれればいいですが、正直難しいですよね。

そこで入学するには、必ず勉強が必要になってきます。

ただ勉強をする時間が正直取れないですよね。平日も土日祝も部活、部活の毎日で塾にも通えないし、一人で勉強するのもモチベーションが上がらないですよね。

でも安心してください。

時間がない、塾へ通えない人へオンラインで出来る勉強法を紹介します!

私がおすすめできるのは下記の2つ!【スタディサプリor進研ゼミ】

時間がないなら、オンラインで勉強すれば問題なし!時間にとらわれず、場所にもとらわれず、どこでも勉強ができます。

しかも、たった月額数千円で!

ライバルと少しでも差をつけて、勉強して志望高校へ入学してください。

野球のレベルアップすること

まずは強豪高校で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、大阪桐蔭のように限られた人数しか入部できない高校や、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば同級生の部員が10名程度の弱小高校へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪高校の場合同級生が30名~40名います。その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても18名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(甲子園のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

【西東京都】野球の強豪へ進学して、甲子園を目指しましょう!

【結論】西東京都で進学するならこの3つだ

早稲田実業・日本大学第三高校・日野高校

歴代優勝高校を見ても、私立ばかりです。ここ20年は夏の甲子園に公立が出場していません。

また、私立勢も毎年代表高校が変わるなどなかなか予想できないのが西東京都代表です。

歴代夏の甲子園出場高校

高校名成績
2014年日大鶴ヶ丘高校1回戦敗退
2015年早稲田実業高校ベスト4
2016年八王子高校1回戦敗退
2017年東海大菅生高校ベスト4
2018年日本大学第三高校ベスト4
2019年国学院久我山高校2回戦敗退

○○へ行けば必ず甲子園に出場できる!わけではありません。しかし、できるだけ甲子園に出場したいのであれば、今回紹介した3校へ進学をオススメします。

設備は私立に勝てないですが、公立でも甲子園へは行けます。

ただプロ野球選手になりたい!と断固たる夢を持っているのであれば、環境は大事なので私立をおすすめします。

最後に、高校を選ぶ時は、しっかり調べて高校へ入学するようにしてください。

監督が変わった途端に強くなったり、弱くなったりしますので、特に監督情報を耳に入れるようにしてください。

勝つのも必要ですが、人間教育も大事な要素です。しっかり自分の将来を考えて決めてくださいね。

近県の強豪高校もチェック

参考文献として以下の本を参考にさせていただきました。もっと高校野球を詳しく知りたい人は、購入を考えてみてください。

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です