関東で高校野球をするなら

「高校野球」埼玉県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい!そのおすすめ理由も解説

高校で甲子園を目指したいけど、どこへ行けばいいかわからない~

おそらく、高校野球をするぞ!と決めても、どこの県で、どこの高校で甲子園を目指そうか迷っているのではないでしょうか。

実は、埼玉県は私がおすすめする3つへ行けば、限りなく甲子園に近くなります。

実際に、私は、10年以上野球経験があり、高校では硬式野球部キャプテン、大学では全国大会ベスト16を果たしているKENが解説します。

もし、あなたが、どこの高校を目指そうか迷っているなら、ぜひこの記事を読み込んでください。

そうすれば、必ず、あなたが進みたい高校が見つかるはずです。

【結論】埼玉県で進学するならこの3つだ

浦和学院・花咲徳栄・春日部共栄・(公立なら市川越)

この3つに進学すれば、甲子園に出場する確率が、かなり高くなります。

なぜなら、それだけの実績があるからです。

近県の強豪高校もチェック

 

目次

「高校野球」埼玉県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい①浦和学院高校(私立)

【埼玉県の強豪】浦和学院高校野球部を解説

・野球部について

名実ともに県を代表する強豪。1991年から指揮を執る森士監督は上尾高の出身で、選手時代は同高を甲子園4強に導いた野本喜一郎監督の下でプレー。

森監督が若い頃は厳しい指導で甲子園の常連校となり、一時行き詰まって指導を見直した後は、練習から日常生活、礼儀に至るまで徹底して突き詰めた緻密な野球で2013年のセンバツ制覇。(全国高校野球大図鑑2018年より引用)

埼玉の強豪高校と言えば、浦和学院が頭に浮かびます。全国優勝も2013年の春の選抜甲子園でしています。

部員の数も多く、レギュラー争いは非常に厳しいです。この名門中の名門で野球をするなら、高い志と能力が必要になってくると思います。

【強豪】浦和学院高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(10回)20勝9敗
夏(13回)12勝13敗
合計32勝22敗

・甲子園の最高成績は優勝

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・三浦貴 (埼玉西武ライオンズ 2002年ドラフト3位)

・石井義人 (読売ジャイアンツ 1996年ドラフト4位)

・大竹寛 (読売ジャイアンツ 2001年ドラフト1位)

・今成亮太  (阪神タイガース 2005年ドラフト4位)

・南貴樹 (福岡ソフトバンクホークス 2010年ドラフト3位)

・坂本一将 (オリックス 2016年育成ドラフト4位)

・榊原翼 (オリックス 2016年育成ドラフト2位)

・渡邉勇太郎(西武ライオンズ 2018年ドラフト2位)

・小島 和哉 (千葉ロッテ 2019年ドラフト3位)など

2018年ドラフト指名選手

「長身から繰り出すMAX149キロ。未完の大器」渡邉勇太郎投手 埼玉西武ドラフト2位

経歴

190cm90kg 右右 MAX149km スライダー・カーブ・スプリット・ツーシーム
羽生市立東中→浦和学院(日本代表)

中学時代は軟式野球部に所属。

浦和学院では1年秋にベンチ入り。2年春には関東で活躍。

3年に怪我をするも復活し、3年夏の甲子園で活躍しプロから注目を浴びる。

長身から繰り出すストレートが持ち味。大谷選手のようになれる逸材。

腕のたたみ方やバランスが非常によく、これからも伸びる要素を持っている投手です。

もちろん能力は間違いありませんが、生まれ持った身長も非常にドラフトに関わってきます。

こればかりは親に感謝ですね。

ドラフト指名後すぐ1軍では難しいと思います。しかし、5年計画ぐらいですばらしい投手に育つことを願っています。

【浦和学院】部員数

部員数(2018年甲子園時

選手:92名

マネージャー8名

日本の学校より引用)

2018年夏甲子園出身地

・埼玉県=6名

・福岡県=2名

・神奈川県=1名

・愛媛県=1名

・群馬県=1名

・大阪府=1名

・千葉県=1名

・栃木県=1名

・宮城県=1名

・鹿児島県=1名

・北海道=1名

・栃木県=1名

全国から優秀な中学生を獲得していることがわかります。

南は鹿児島、北は北海道。全国選抜チームと言えるぐらいのチーム。

さあ、あなたはこの中でレギュラーをとる自信がありますか?

野球の施設と寮

施設一覧

・専用球場

・室内練習場

・寮(栄養士)

浦和学院高校HPより引用)

設備としては、専用の球場もあり照明もあります。雨の日には、室内練習場もあるのでしっかり練習をすることができる。

施設はやはり豪華!

寮も完備されているので、県外の選手も安心して入学することができます。食事や決まりなどは以下の通り。

高校野球の強豪、浦和学院(埼玉)の食事を任されている田村雅樹さん(40)は、野球部OBだ。選手時代は控え捕手として、高3の夏に甲子園出場。

大学卒業後、アスリートの食トレをサポートする会社に就職し、栄養学を学んだ。料理人を含む約18年間、母校の食事管理に携わっており、「元選手」としての感覚を生かして食事を提供している。(アスレシピより引用)

寮の食事は栄養学を学んだ卒業生がしっかりと管理しています。

これで親御さんも安心!

ただ、選手は朝昼夜とご飯の量を決められているので、最初は食べるのはキツイと思います。

しかし、体を大きくするためには必要なことなので、食事も練習と思って食べるようにしてくださいね。

野球部の厳しいルール

また、野球部のルールとして、以下のことが決められている。

カップ麺や甘いものはもちろん、飲み物なら果汁100%以外のジュース、炭酸飲料はNG。

食事時のみテレビを見られるが、チャンネルはNHKかスポーツニュースに限られ、バラエティーなどは見ることができない。夕食を終えて野球日誌を書き終わると、10分間だけの“ケータイタイム”。

普段は携帯電話を寮に預けており、その時間だけ家などに連絡することができる。(東スポウェブより引用)

やはり強豪だけにルールが多くあり、制限されます。カップ麺なんて、野球小僧は高校時代、めちゃくちゃ食べていました。

カップヌードル最高!体にあまりよくないのをわかりつつ、食べてたな~。

浦和学院に入学して野球をする場合は、多くの厳しいルールがあることを理解しておいてくださいね。入学して、「こんなイメージではなかった!」はどうにもなりません。

ただ、入学して野球部に入れば甲子園は埼玉の中では一番近いのではないかと思います。

【強豪浦和学院】偏差値

偏差値

 偏差値45~63

みんなの高校情報より引用)

大学への進学率が非常に高く、1類の生徒は国公立大学や早慶上智。

2類と3類の生徒は主に指定校推薦を利用し、MARCHや日東駒専をはじめとする関東の有名私立大学に進学します。

卒業進学

東洋大学・上武大学・桐蔭横浜大学・専修大学・流通経済大学・東京国際大学・富士大学・明治大学など

 

「高校野球」埼玉県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい②花咲徳栄高校(私立)

【埼玉県の強豪】花咲徳栄高校野球部を解説

・野球部について

3年連続(2015年~2017年)夏の甲子園出場からの全国制覇で、いまや浦和学院と肩を並べる存在になりつつある。今夏はハンマーでタイヤを叩く練習が話題になったが、以前から創意工夫された独自の練習方法で選手の能力を伸ばしており、投手は速球派、野手はキレのあるタイプが台頭する傾向がある。(全国高校野球大図鑑2018年より引用)

【強豪】花咲徳栄高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(4回)3勝4敗
夏(7回)12勝6敗
合計15勝10敗

・甲子園の最高成績は優勝

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・根元俊一(千葉ロッテマリーンズ内野手 2005年ドラフト3位)

・若月健矢(オリックス・バファローズ捕手 2013年ドラフト3位)

・武田愛斗(埼玉西武ライオンズ外野手 2015年ドラフト4位)

・高橋昂也(広島東洋カープ投手 2016年ドラフト2位)

・岡崎大輔(オリックス・バファローズ内野手 2016年ドラフト3位)

・西川愛也(埼玉西武ライオンズ内野手 2017年ドラフト2位)

・清水達也(中日ドラゴンズ投手 2017年ドラフト4位)

・楠本泰史(横浜DeNA 2017年ドラフト8位)

・野村祐希(日本ハム 2018年ドラフト2位)

2018年ドラフト指名選手

「高校通算本塁打58本。強打の大型三塁手」野村祐希内野手 北海道日本ハムドラフト2位

経歴

185cm90kg 右右 MAX146km 三塁手・外野手・投手 遠投110m 50m6秒8
境西中(太田市シニア)→花咲徳栄
花咲徳栄では1年秋からファースト4番で出場。

甲子園は2年の夏3年の夏と出場。甲子園通算本塁打4本。広角に打てるのが魅力。

高校生の中ではトップクラスの打撃を誇ります。右にも左にも同じように打てる打撃が魅力的です。

ただプロの世界では1塁手ではなく3塁手としてやっていく覚悟がなければ大成しません。

高校時代はあまり三塁手の経験がないのがネックですが、鍛えれば横浜DeNAの宮崎選手のようになれると思います。

ぜひプロの世界で活躍してほしい逸材です。

ちなみに生まれ故郷は、米国ミシガン州です。

 

【花咲徳栄高校】部員数

部員数(2019年6月

・選手:137名

・マネージャー20名

日本の学校より引用)

2018年夏の甲子園出場チーム中、1位の部員数です。

正直こんだけ人数がいたら、挫折しそう・・・。いや人数なんて関係ない!

俺はレギュラーになる。と思える選手はぜひ進学を検討してみてください。

2018年夏甲子園出身地

・埼玉県=2名

・東京都=5名

・栃木県=3名

・神奈川県=3名

・群馬県=1名

・兵庫県=1名

・大阪府=1名

・新潟県=1名

・北海道=1名

浦和学院に続き、全国から集まってきています。ただ、関東地区の高校からの進学が多いのがみてわかる。

この猛者のなかでレギュラー取れるかな・・・

野球の環境と寮

施設一覧

・専用グランド

・室内練習場

・トレーニングルーム

・寮

花咲徳栄高校HPより引用)

やはり、強豪私立高校のお金は凄い!

また寮は2018年に新設され、充実した寮生活をおくっています。

築30年以上の木造2階建てに70人が入っていたが、鉄筋2階建ての系列旧短大研究棟を改装し、18室(定員80人)と食堂、2つの大きな湯船や18基のシャワーなどが整った寮へ移る。新たな場所を生活の拠点に、夏連覇を目指す。(サンスポより引用2018/1/6)

これを見てわかるように、すべての部員が入れるわけではないです。

あなたは入れるかな~?

部屋は18部屋で80名と書かれているので、4人部屋~5人部屋が基本。

寮内での生活が、上級生になるまで少し我慢しなくてはいけませんね。部員数や施設などは以上です。

「量より質」実践あるのみ

練習を見て驚いた。長い時間をかけたアップを終えて、そこから先は、「一本バッティング」がえんえんと続く。準レギュラー組がポジションにつき、不動のレギュラーたちが試合形式で次々と打席に入って打球を飛ばす。そうした練習が2時間でも、3時間でも、えんえんと続いていく。(Numberより引用)

Numberに書かれているように、花咲徳栄は試合形式の練習が非常に長い。

常に量より、質を重視して監督が指導されていることがわかります。

どんどん振って、振って振りまくれ!という指導ではなく、1球に集中して質を求める練習を追い求めていることがわかった。

そんな練習方法が好きな選手にはぜひおすすめです。

ここ最近もプロ野球選手が輩出されているので、プロを目指せる環境もそろっているのではないかと思います

【強豪花咲徳栄】偏差値

偏差値

 偏差値46~63

普通科の「アルファ」「アドバンス」コースと、食育実践科に分かれており、文部科学省「スーパー食育スクール」事業に指定されています。

アクティブラーニングの導入を行い、生徒たちがグループで発表をし、意見交換する参加型の授業を行っているため、学習の理解を深め主体的に学ぶ力が身につきます。

みんなの高校情報より引用)

卒業進路

東北福祉大学、金沢学院大学、城西国際大学、明治大学、上武大学、平成国際大学、駒沢大学など

 

「高校野球」埼玉県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい③春日部共栄高校(私立)

【埼玉の強豪】春日部共栄高校を解説

【強豪】春日部共栄高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(3回)3勝3敗
夏(5回)7勝5敗
合計10勝8敗

・甲子園の最高成績夏の甲子園準優勝

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・城石憲之(東京ヤクルト 1994年ドラフト5位)

・斉藤彰吾(埼玉西武 2007年ドラフト7位)

・中村勝(北海道日本ハム 2009年ドラフト1位)など

【春日部共栄高校】部員数

2019年5月

選手:112名

マネージャー:4名

日本の学校より引用)

部員数はかなり多い部類に入ります。県外の選手も多く在籍しています。

競争はかなり厳しいので、覚悟して入部するようにしてください。

野球の環境

専用グラウンド

・左翼92m、右翼94m、センター120m

施設としては恵まれている部類には入りませんが、練習は十分できますので問題ありません。

【強豪春日部共栄】偏差値

偏差値

 偏差値62~70

みんなの高校情報より引用)

進学先にも関東の強豪大学へ進んでいるので、大学野球を見据えて進学できるのもお勧めの理由。

かなり偏差値が高いので勉強は必須です。

卒業進路

明治大学・東海大学・東京農業大学・神奈川大学・法政大学など

「おまけ」市川越高校(公立)

【埼玉県の強豪】市川越高校を解説

・野球部について

旧・川越商時代から創部90年を超える伝統校。学校は住宅街に所在するが、高いネットと十分な広さを誇るグラウンドがあり、2005年からチームを指揮する新井清司監督は2015年に日本高校連による「育成功労賞」を受賞するなど、県内の公立校で長きに渡り指導に携わる大ベテラン。環境で私学に引け目をない。(全国高校野球大図鑑2018より引用)

2018年春は21世紀枠で出場も期待されましたが、中学生の練習参加で推薦を辞退した、無念すぎる高校。

埼玉の中で公立では、一番甲子園の可能性があるのではないでしょうか。2017年秋には浦和学院を倒して県大会準優勝をしています。

浦和を倒すなんて凄すぎ!

私立の強豪高校とも互角に戦える力がある高校です。公立高校なら間違いなく市川越高校が強いです。

【強豪】市川越高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(0回)0勝0敗
夏(1回)0勝1敗
合計0勝1敗

・甲子園の最高成績はなし

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・小沢誠(西武ライオンズ 1979ドラフト外)

・仁村薫(読売ジャイアンツ 1981年ドラフト6位)

・清水治美(中日ドラゴンズ 1983年ドラフト6位)など

【市川越高校】部員数

2019年5月

・81名

公立高校では多い部類。1学年約25名程度で構成されています。

浦和学院や花咲徳栄よりは少ないですが、全国で見てみると80名は普通に多いのをお忘れなく。

野球の施設

充実した施設が持ち味。

専用球場

・両翼95m、センター約115m

公立高校で専用球場があるのは恵まれています。強豪私立高校でも、併用なんてザラ。

この環境に感謝して甲子園出場を勝ち取ってください。

【強豪市川越】偏差値

偏差値

偏差値53~55

みんなの高校情報より引用)

進学先にも関東の強豪大学へ進んでいるので、大学野球を見据えて進学できるのもお勧めの理由です。

浦和学院や花咲徳栄など、強豪私立はどうしてもお金が掛かってしまいます。

親の負担を少しでも、減らすことを考えたら公立に進むのが一番の親孝行ではないかと思います。

卒業進路

駒澤大学、法政大学、桐蔭横浜大学、帝京大学、東京経済大学、立命館大学、東洋大学、国際武道大学など

強豪高校へ進学するために必要なこと

忙しい部活の間に勉強して偏差値を上げること

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

特に強豪高校の場合、推薦入学者は全国でも名の知れた逸材ばかりです。そこにあなたが選ばれればいいですが、正直難しいですよね。

そこで入学するには、必ず勉強が必要になってきます。

ただ勉強をする時間が正直取れないですよね。平日も土日祝も部活、部活の毎日で塾にも通えないし、一人で勉強するのもモチベーションが上がらないですよね。

でも安心してください。

時間がない、部活が忙しいあなたへ解決策は全て下記の記事に書いています。ぜひご覧ください。

まずは、泥臭く野球もそうですが勉強もしてください。強豪高校で甲子園を目指したいけど、偏差値が高い・・・。

勉強してください。やってダメならそれはそれ、まずは苦手な勉強にもチャレンジするこころが必要ですよ。

野球のレベルアップすること

まずは強豪高校で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、大阪桐蔭のように限られた人数しか入部できない高校や、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば同級生の部員が10名程度の弱小高校へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪高校の場合同級生が30名~40名います。その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても18名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(甲子園のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

【埼玉県】野球の強豪へ進学して、甲子園を目指しましょう!

【結論】埼玉県で進学するならこの3つだ

浦和学院・花咲徳栄・春日部共栄・(公立なら市川越)

歴代夏の甲子園出場高校

高校名成績
2014年春日部共栄高校2回戦敗退
2015年花咲徳栄高校ベスト8
2016年花咲徳栄高校3回戦敗退
2017年花咲徳栄高校優勝
2018年浦和学院高校ベスト8
2018年花咲徳栄高校2回戦敗退
2019年花咲徳栄高校2回戦敗退

○○へ行けば必ず甲子園に出場できる!わけではありません。しかし、できるだけ甲子園に出場したいのであれば、今回紹介した3校へ進学をオススメします。

設備は私立に勝てないですが、公立でも甲子園へは行けます。

ただプロ野球選手になりたい!と断固たる夢を持っているのであれば、環境は大事なので私立をおすすめします。

最後に、高校を選ぶ時は、しっかり調べて高校へ入学するようにしてください。

監督が変わった途端に強くなったり、弱くなったりしますので、特に監督情報を耳に入れるようにしてください。

勝つのも必要ですが、人間教育も大事な要素です。しっかり自分の将来を考えて決めてくださいね。

近県の強豪高校もチェック

参考文献として以下の本を参考にさせていただきました。もっと高校野球を詳しく知りたい人は、購入を考えてみてください。

2020年春の甲子園が待ち遠しい!下記の記事も読んでね。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です