北信越で高校野球をするなら

「高校野球」富山県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい!そのおすすめ理由も解説

高校で甲子園を目指したいけど、どこへ行けばいいかわからない~

おそらく、高校野球をするぞ!と決めても、どこの県で、どこの高校で甲子園を目指そうか迷っているのではないでしょうか。

実は、富山県は私がおすすめする3つへ行けば、限りなく甲子園に近くなります。

実際に、私は、10年以上野球経験があり、大学では全国大会ベスト16を果たしているKENが解説します。

もし、あなたが、どこの高校を目指そうか迷っているなら、ぜひこの記事を読み込んでください。

そうすれば、必ず、あなたが進みたい高校が見つかるはずです。

【結論】富山県で進学するならこの3つだ

高岡商業・富山商業・富山第一

この3つに進学すれば、甲子園に出場する確率が、かなり高くなります。

なぜなら、それだけの実績があるからです。

近県の高校チェック

「高校野球」富山県の強豪①高岡商業高校(公立)

【富山県の強豪】高岡商業高校野球部を解説

・野球部について

県内では最多となる夏の甲子園出場19度を誇る呉西地区の雄。県内随一の伝統校ゆえに長きにわたってOB監督を務めてきたが高校時代に札幌南(南北海道の一塁手として甲子園に出場した吉田真監督が2013年就任。(全国高校野球大図鑑2018より引用)

2018年・2019年の夏の甲子園を沸かしてくれた高岡商業高校。富山県は公立高校が強く、私学が劣勢になっている数少ない県です。

卒業後も大学でプレーする選手も多く、意識が高い選手が集まるのも高岡商業の特徴の1つともいえます。

【強豪】高岡商業高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(5回)1勝5敗
夏(20回)11勝20敗
合計12勝25敗

・甲子園の最高成績ベスト16

 

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・土肥健二(捕手、ロッテオリオンズ 1968年ドラフト4位)

・前田四郎(投手、南海ホークス 1968年ドラフト6位)

・進藤達哉(内野手、横浜ベイスターズ-オリックスブルーウェーブ 1987年ドラフト外)

・干場崇永(投手、千葉ロッテマリーンズ 1992年ドラフト4位)

・尾山敦(投手、西武ライオンズ 1993年ドラフト4位)

・紺田敏正(外野手、北海道日本ハムファイターズ 2002年ドラフト6位)など

 

【強豪高岡商業】部員数と練習内容

部員数(2019年甲子園時)

・73名

日刊スポーツより引用)

県立高校では多い部類に入ります。2018年の甲子園のメンバーは公立高校ということもあり、県内の選手で構成されています。

冬の練習では、3ヶ月で6万スイングをこなし強打の高岡商業として県内では恐れられています。

2018年の甲子園前にはメンタルコーチとして飯山晄朗さんを招いて講義をするなど、多くの取り組みをしている野球部です。

野球の環境

施設一覧

・専用球場

・雨天練習場

・トレーニングルーム

施設としては、専用球場があり、雨天時にも練習ができる環境が揃っています。また、充実したトレーニング施設も整っています。

公立高校ではめずらしく、施設は非常に充実しています。

【強豪高岡商業】偏差値

偏差値

偏差値46

みんなの高校情報より)

決して高くはありません。なので、勉強が苦手な選手でもしっかり勉強すれば合格できるレベルになっています。

卒業進学

青山学院大学・金沢星稜大学・関西学院大学・日本体育大学・中京大学など

「高校野球」富山県の強豪②富山商業高校(公立)

「【富山県の強豪】富山商業高校野球部を解説

・野球部について

県内2位となる夏の甲子園出場16度を誇こる呉東地区の雄。

(中略)3月に行う愛媛県合宿、前崎監督と中央大の同窓・米沢貴光監督が率いる関東一と5月に行う練習試合は近年定着している恒例スケジュール。

人間教育を重視した同監督のブレのない指導のもと「甲子園8強」を目標に日々鍛錬を積んでいる。

(全国高校野球大図鑑2018年より引用)

富山商業は高岡商業についで県内2番目の甲子園出場が多い学校です。

近年では2014年の夏の甲子園で41年ぶりの2勝をあげるなど、全国でも結果を残しています。

強豪高校との練習試合も多く組まれているので、非常にやりがいをもって取り組めるチームではないかと思います。

2018年の春にもセンバツ甲子園大会に出場していますので、3年間で1回は甲子園へいける可能性が高い高校です。

【強豪】富山商業高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(6回)2勝6敗
夏(16回)8勝16敗
合計10勝21敗

・甲子園の最高成績ベスト16

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・吉岡悟(太平洋クラブライオンズ 1967年ドラフト10位、1976年パ・リーグ首位打者)

・浅井樹(広島東洋カープ→広島東洋カープコーチ 1989年ドラフト6位))

・山本栄二(オリックス 1990年ドラフト5位)

・中澤雅人(ヤクルトスワローズ 2009年ドラフト1位)

 

【強豪富山商業】部員数

ここにボックスタイトルを入力

・1年生 24名

2年生 26名

・3年生 20名の合計70名

富山商業HPより引用)

強豪高校としては少ない部員数です。公立高校でも100名を超えるのが当たり前の世界で、70名はメンバー入りのチャンスが多くあります。

野球の環境

施設としては専用球場があります。

高岡商業と同じく公立高校ではあまりないので、練習をおもいっきりできる環境が揃っています。

【強豪富山商業】偏差値

偏差値

偏差値46

みんなの高校情報より)

高岡商業同様に偏差値は決して高くはありません。なので、勉強が苦手な選手でもしっかり勉強すれば合格できるレベルになっています。

卒業進路

法政大学・東京農業大学・中京大学・神奈川大学・関西大学・神奈川大学など

 

「高校野球」富山県の強豪③富山第一高校(私立)

【富山県の強豪】富山第一高校野球部を解説

・野球部について

県内最大級の私立校。

(中略)2013年に創部53年目にして春夏通じて初出場を果たすと、いきなり県勢40年ぶりの8強進出を達成。

ベンチ入り全員が県内出身選手でなし得た快挙で一躍その名をとどろかせた。

(全国高校野球大図鑑2018より引用)

 

【強豪】富山第一高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(0回)0勝0敗
夏(2回)3勝2敗
合計3勝2敗

・甲子園の最高成績ベスト8

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・幸山一大(ソフトバンク 2014年育成選手ドラフト1位)

 

【強豪富山第一高校】部員数と練習時間

部員数(2016年)

・3年生=22名

・2年生=23名

・1年生=35名

・マネージャー=1名

合計81名

少し前の情報ですが、部員は80名程度になっています。毎年このぐらいの人数だと考えていてください。

2018年地区予選出身県

・富山県=18名

・東京都=1名

・岐阜県=1名

こちらは2018年のメンバーです。ほとんどの選手が県内の選手で構成されています。

練習時間

平日=~19:00

特別進学コース(週3日)の選手は16:30から練習に参加しています。それを考えると基本は4時前ぐらいからの練習だと思ってください。

平日は19時程度までに終了します。

その後は各個別に自主練を行います。あなたも感じていると思いますが、特別長く練習をしているチームではないです。

長く練習すれば言いわけでもありません。

富山第一は夏の甲子園に2回しか出場していませんが、2回とも初戦を突破するなど安定した強さを誇っています。

富山で私立なら、断然富山第一高校をオススメします!

野球の環境

やはり私立高校といくこともあり、施設は非常に充実しています。

施設

・専用グラウンド(両翼100m、センター122m)

・サブグラウンド

・硬式野球部専用の室内練習場

・硬式野球部専用のトレーニングルーム

富山第一高校HPより引用)

これだけの施設があれば申し分ない練習環境です。練習試合は県内外の強豪高校と試合を行い、日々実践を繰り返し弱点を克服しています。

【強豪富山第一】偏差値

偏差値

偏差値40~51

みんなの高校情報より)

特進クラスがあるので偏差値の幅は広がります。

卒業進路

慶應義塾大、法政大、亜細亜大、専修大、同志社大、関西大、近畿大、城西大、桜美林大、関東学院大、桐蔭横浜大、上武大、山梨学院大、名城大、愛知大、中京大、中部大、日本福祉大、愛知工業大、愛知産業大、大阪体育大、北陸大、金沢学院大、高岡法科大、富山国際大など

強豪高校へ進学するために必要なこと

忙しい部活の間に勉強して偏差値を上げること

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

特に強豪高校の場合、推薦入学者は全国でも名の知れた逸材ばかりです。そこにあなたが選ばれればいいですが、正直難しいですよね。

そこで入学するには、必ず勉強が必要になってきます。

ただ勉強をする時間が正直取れないですよね。平日も土日祝も部活、部活の毎日で塾にも通えないし、一人で勉強するのもモチベーションが上がらないですよね。

でも安心してください。

時間がない、塾へ通えない人へオンラインで出来る勉強法を紹介します!

時間がないなら、オンラインで勉強すれば問題なし!時間にとらわれず、場所にもとらわれず、どこでも勉強ができます。

しかも、たった月額数千円で!

ライバルと少しでも差をつけて、勉強して志望高校へ入学してください。

野球のレベルアップすること

まずは強豪高校で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、大阪桐蔭のように限られた人数しか入部できない高校や、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば同級生の部員が10名程度の弱小高校へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪高校の場合同級生が30名~40名います。その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても18名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(甲子園のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

【富山県】野球の強豪へ進学して、甲子園を目指しましょう!

【結論】富山県で進学するならこの3つだ

高岡商業・富山商業・富山第一

歴代夏の甲子園出場高校

高校名成績
2014年富山商業高校3回戦敗退
2015年高岡商業高校2回戦敗退
2016年富山第一高校2回戦敗退
2017年高岡商業高校2回戦敗退
2018年高岡商業高校3回戦敗退
2019年高岡商業3回戦敗退

○○へ行けば必ず甲子園に出場できる!わけではありません。しかし、できるだけ甲子園に出場したいのであれば、今回紹介した3校へ進学をオススメします。

○○へ行けば必ず甲子園に出場できる!わけではありません。しかし、できるだけ甲子園に出場したいのであれば、今回紹介した3校へ進学をオススメします。

設備は私立に勝てないですが、公立でも甲子園へは行けます。

ただプロ野球選手になりたい!と断固たる夢を持っているのであれば、環境は大事なので私立をおすすめします。

最後に、高校を選ぶ時は、しっかり調べて高校へ入学するようにしてください。

監督が変わった途端に強くなったり、弱くなったりしますので、特に監督情報を耳に入れるようにしてください。

勝つのも必要ですが、人間教育も大事な要素です。しっかり自分の将来を考えて決めてくださいね。

近県の高校チェック

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です