近畿で高校野球をするなら

「高校野球」和歌山県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい!そのおすすめ理由も解説

高校で甲子園を目指したいけど、どこへ行けばいいかわからない~

おそらく、高校野球をするぞ!と決めても、どこの県で、どこの高校で甲子園を目指そうか迷っているのではないでしょうか。

実は、和歌山県は私がおすすめする3つへ行けば、限りなく甲子園に近くなります。

実際に、私は、10年以上野球経験があり、高校では硬式野球部キャプテン、大学では全国大会ベスト16を果たしているKENが解説します。

もし、あなたが、どこの高校を目指そうか迷っているなら、ぜひこの記事を読み込んでください。

そうすれば、必ず、あなたが進みたい高校が見つかるはずです。

【結論】和歌山県で進学するならこの3つだ

智弁和歌山・箕島高校・市和歌山

この3つに進学すれば、甲子園に出場する確率が、かなり高くなります。

なぜなら、それだけの実績があるからです。

それでは和歌山県で甲子園に行くなら、進学するべき有力高校を紹介したいと思います。

近県の強豪高校もチェック

目次

「高校野球」和歌山県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい①智弁和歌山高校(私立)

【和歌山県の強豪】智弁和歌山高校野球部を解説

・野球部について

甲子園は初出場の1985年春から5連敗。それが93年夏に初勝利を挙げると翌春優勝候補宇和島東相手に9回裏4点差をひっくり返し延長で勝利。高嶋仁監督が「あの試合があって今がある」と語る一戦を経て初制覇(全国高校野球大図鑑2018引用)

 

【強豪】智弁和歌山高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(24回)36勝21敗
夏(13回)27勝12敗
合計61勝32敗

・甲子園の最高成績優勝夏2回、1回

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

橋本良平 (阪神タイガース ドラフト3位)

坂口真規 (読売ジャイアンツ 2012年 ドラフト5位)

岡田俊哉  (中日ドラゴンズ 2009年ドラフト1位)

西川遥輝 (北海道日本ハムファイターズ 2010年ドラフト2位)盗塁王2回

黒川史陽 (楽天イーグルス 2019年ドラフト2位)

東妻純平 (DeNAベイスターズ 2019年ドラフト4位)など

 

【智弁和歌山高校】部員数と練習時間

2019年4月)

合計部員数36名

日本の学校より引用)

基本的に10名程度の部員で、1学年構成されています。

練習時間は以下の通りです。

練習時間

・平日:7時間30分

・休日:8時間

平日でも3限目が終わると午後からは野球の練習が授業代わりになります。練習の終わりは21時頃。

かなり練習時間は多いです。

野球の施設と寮

施設一覧

・専用球場

・室内練習場

高校野球ドットコム参照)

智弁和歌山高校はあまり知らない人も多いと思いますが、体育部の部活動は野球部と陸上部しかありません。

しかも定員はスポーツコースの10名のみです。

これが智弁和歌山高校の強さでもあります。少人数で、徹底的に数をこなすスタイル。他には真似出来ないスタイルを確立させ、甲子園常連高校へなりました。

寮に関してはありません。

通えない選手は基本的に下宿です。ちなみに、野球部の夕食を用意してくれているのが、海南市にある老舖食堂「みき乃や」です。部員にも評判のおいしい料理が毎日出てきます。

中谷さんの家は母子家庭で、特待生制度のない智弁和歌山から誘われたとき、

「母がどうやって入学金とか授業料を工面してくれたのか、今もわからない」

という。(ライブドアニュースより引用)

【強豪智弁和歌山】偏差値

偏差値

偏差値53~74

みんなの高校情報より)

和歌山県内でもトップクラスの進学校です。なので、基本的に野球部に入るためには推薦でスポーツコースに入るのみです。11名や12名捕る年もありますが、基本は10名です。

卒業後の進学先

東北福祉大学、青山学院大学、龍谷大学、日本体育大学、関西学院大学、慶応大学、近畿大学、法政大学、大阪学院大学、同志社大学、早稲田大学など

社会人 ニチダイ・JR西日本など

「高校野球」和歌山県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい②箕島高校(公立)

【和歌山の強豪】箕島高校野球部を解説

野球部について

智弁和歌山の登場以前の和歌山の顔であり、昭和後期の高校球界を引っ張った立役者。この先も伝説としてかたり継がれていくであろう星稜戦も含め勝利した1979年に春夏連覇。(全国高校野球大図鑑2018年より引用)

 

【強豪】箕島高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(9回)24勝6敗
夏(8回)13勝7敗
合計37勝13敗

・甲子園の最高成績優勝(春3回、夏1回)

バーチャル高校野球を参考)

 

主なプロ野球選手(元を含む)

・東尾修 (西武ライオンズ 1968年ドラフト1位(通算251勝)その後。西武監督としてリーグ優勝2回。野球殿堂入り)

・吉井理人 ( 近鉄バッファロース 1983年ドラフト2位→ヤクルト・メッツなど日米7球団で通算121勝。

・中川虎大(横浜DeNA 2017年育成ドラフト1位)など

 

【箕島高校】部員数と練習時間

部員数2019年3月

・2年生26名

・1年生19名

箕島高校硬式野球部(一喜一会一球)より参照)

新一年生の人数が把握できませんでした。ただ、上記の人数を見てわかる通り、1学年20~25名程度は入部してきます。

公立高校ではかなりの大所帯だということを、理解して入学するようにしてください。

練習時間は以下の通りです。

練習時間

平日=15:30~19:30

休みの日=練習試合

日本の学校より参照)

「壮絶」冬の厳しいトレーニング

1つの例を挙げてみます。

約200mのトラックを2人組で設定されたタイムを走るトレーニングを12本。それに加えて、84m往復走を50本とかなりハードな練習をしています。

これはあくまでも一例なので、常に冬上記の練習をしているわけではありません。

ただ、これぐらい厳しい練習を乗り越えなければいけないことを頭に入れておいてください。

【強豪箕島】偏差値

偏差値

偏差値41~47

みんなの高校情報より)

普通科スポーツコースがあり、2017年にドラフト指名された中川投手もスポーツコース出身です。

スポーツコースは、週2時間の専攻スポーツ(野球)ができるなど、公立高校では全国的にもあまりありません。

卒業進路

近畿大学、立正大学、金沢学院大学、同志社大学、関西国際大学、上武大学、名古屋商大など

「高校野球」和歌山県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい③市和歌山高校(市立)

【和歌山県の強豪】市和歌山高校野球部を解説

・野球部について

2009年市立和歌山商業高校から市立和歌山高校へ校名変更。県内での愛称もなれ親しんだ「しわしょう」から「いちわか」に変わった。走守走バランスのとれたチーム作りを続けてきた。すると2014年夏の決勝で智弁和歌山を破り10年ぶりの甲子園出場。(全国高校野球大図鑑2018より引用)

 

【強豪】市和歌山高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(6回)8勝6敗
夏(5回)5勝5敗
合計13勝11敗

・甲子園春準優勝(1965)

バーチャル高校野球を参考)

 

主なプロ野球選手(元を含む)

正田耕三(広島カープ 1984年ドラフト2位)首位打者2回、盗塁王1回。

川端慎吾(東京ヤクルトスワローズ 2005年ドラフト3位)2015年首位打者

阪口哲也(阪神タイガース 2010年育成ドラフト1位→パナソニック)

益田直也(千葉ロッテマリーンズ 2011年ドラフト4位)2013年最多セーブ

三家和真(千葉ロッテマリーンズ 2011年育成ドラフト4位)など

 

【市和歌山高校】部員数・練習時間

2019年春の選抜甲子園出場時

3年生 20名

2年生 20名

マネージャー0名

合計部員数40名

部員数は平均的な人数です。

練習時間

・5時間程度

練習は毎週月曜日は休みになっています。しっかりとリフレッシュして、部活動に望めそうです。

野球の施設

専用の野球場があり、他の部活と併用というわけではありません。

なので、練習環境には問題ありません。

しっかりと練習に打ち込むことができます。

「広島カープのいぶし銀」正田耕三

市和歌山高校で有名な選手は現役ではヤクルトの川端選手です。

しかし、野球小僧の時代では広島カープの黄金世代の2番セカンドの正田選手です。

首位打者を2回獲得し、盗塁王、1500安打以上打っています。

守備でも広島カープに貢献しています。現在で例えるなら、菊池選手のような存在です。

当時のカープは、1番緒方選手(現広島監督)、2番正田選手、3番野村選手(元広島監督)4番江藤選手(本塁打王2回)、5番金本選手(現阪神)などそうそうたるメンバーの中で活躍していました。

【強豪市和歌山】偏差値

偏差値

偏差値47~50

みんなの高校情報より)

卒業進路

大阪体育大学、國學院大學、東北福祉大学、中部学院大学、関西国際大学、中京大学、法政大学など

強豪高校へ進学するために必要なこと

忙しい部活の間に勉強して偏差値を上げること

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

特に強豪高校の場合、推薦入学者は全国でも名の知れた逸材ばかりです。そこにあなたが選ばれればいいですが、正直難しいですよね。

そこで入学するには、必ず勉強が必要になってきます。

ただ勉強をする時間が正直取れないですよね。平日も土日祝も部活、部活の毎日で塾にも通えないし、一人で勉強するのもモチベーションが上がらないですよね。

でも安心してください。

時間がない、部活が忙しいあなたへ解決策は全て下記の記事に書いています。ぜひご覧ください。

まずは、泥臭く野球もそうですが勉強もしてください。強豪高校で甲子園を目指したいけど、偏差値が高い・・・。

勉強してください。やってダメならそれはそれ、まずは苦手な勉強にもチャレンジするこころが必要ですよ。

野球のレベルアップすること

まずは強豪高校で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、大阪桐蔭のように限られた人数しか入部できない高校や、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば同級生の部員が10名程度の弱小高校へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪高校の場合同級生が30名~40名います。その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても18名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(甲子園のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

 

【和歌山県】野球の強豪へ進学して、甲子園を目指しましょう!

【結論】和歌山県で進学するならこの3つだ

智弁和歌山・箕島高校・市和歌山

やはり和歌山県は智弁和歌山の1強です。

他の高校もチャンスはありますが、1度でも甲子園に出場したいのであれば、断然智弁和歌山高校だということを頭に入れておいてください。

歴代夏の甲子園出場高校

高校名成績
2014年市和歌山高校1回戦敗退
2015年智弁和歌山高校1回戦敗退
2016年市和歌山高校2回戦敗退
2017年智弁和歌山高校2回戦敗退
2018年智弁和歌山高校1回戦敗退
2019年智弁和歌山高校3回戦敗退

○○へ行けば必ず甲子園に出場できる!わけではありません。しかし、できるだけ甲子園に出場したいのであれば、今回紹介した3校へ進学をオススメします。

設備は私立に勝てないですが、公立でも甲子園へは行けます。

ただプロ野球選手になりたい!と断固たる夢を持っているのであれば、環境は大事なので私立をおすすめします。

最後に、高校を選ぶ時は、しっかり調べて高校へ入学するようにしてください。

監督が変わった途端に強くなったり、弱くなったりしますので、特に監督情報を耳に入れるようにしてください。

勝つのも必要ですが、人間教育も大事な要素です。しっかり自分の将来を考えて決めてくださいね。

近県の強豪高校もチェック

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です