近畿で高校野球をするなら

「高校野球」滋賀県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい!そのおすすめ理由も解説

高校で甲子園を目指したいけど、どこへ行けばいいかわからない~

おそらく、高校野球をするぞ!と決めても、どこの県で、どこの高校で甲子園を目指そうか迷っているのではないでしょうか。

実は、滋賀県は私がおすすめする3つへ行けば、限りなく甲子園に近くなります。

実際に、私は、10年以上野球経験があり、高校では硬式野球部キャプテン、大学では全国大会ベスト16を果たしているKENが解説します。

もし、あなたが、どこの高校を目指そうか迷っているなら、ぜひこの記事を読み込んでください。

そうすれば、必ず、あなたが進みたい高校が見つかるはずです。

【結論】滋賀県で進学するならこの3つだ

近江高校・滋賀学園・彦根東高校

この3つに進学すれば、甲子園に出場する確率が、かなり高くなります。

なぜなら、それだけの実績があるからです。

近県の強豪高校もチェック

「高校野球」滋賀県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい①近江高校(私立)

【滋賀県の強豪】近江高校野球部を解説

・野球部について

2001年夏に県勢として初の決勝進出を成し遂げた滋賀県を代表する名門。(中略)部員は3学年で100人前後と多くの選手層が厚い。大会ごとにレギュラーの入れ替えが多いのも特徴だ。近年は筋肉トレーニングを重視し、筋力測定で全国1位になったこともある。(全国高校野球大図鑑2018引用)

「近江ブルー」のユニフォームを甲子園で見ると、近江高校が出場したんだなと思ってしまうほど、青のユニフォームが定着しています。

滋賀県では夏最多の13回の出場を誇ります。

【強豪】近江高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(5回)5勝5敗
夏(14回)12勝14敗
合計17勝18敗

・甲子園の最高成績夏準優勝(2001年)

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

伊奈龍哉(ソフトバンクホークス 2006年ドラフト3位)

小熊凌祐(プロ野球選手・中日ドラゴンズ 2008年ドラフト6位)

植田海 (プロ野球選手 ・阪神タイガース 2014年ドラフト5位)

京山将弥 (プロ野球選手・横浜DeNAベイスターズ 2016年ドラフト4位)など

部員数

部員数(2019年甲子園時

・106名

日刊スポーツより引用)

2018年夏甲子園出身地

・滋賀県=11名

・大阪府=4名

・奈良県=1名

・岐阜県=1名

・京都府=1名

地元の選手が多い中、県外の選手もいくらかは在籍しています。

 

野球の環境と寮

施設一覧

・専用球場

・トレーニングルーム

・室内練習場

・青和寮(寮)

専用グラウンドはもちろん、室内練習場、トレーニングルームが完備されています。

寮は近江高校敷地内に設置してある青和寮に住んでいます。

青和寮には寮を管理する夫婦と食事を提供する方など、多くの方が関わってくれる安心できる寮です。

ツイッター情報ですが、寮は4人部屋です。これはたしかな情報ではありませんので、参考程度にお願いします。

タイムリーウェブより参照)(近江高校HP参照)

【強豪近江高校】偏差値

偏差値

偏差値42~58

学科は「普通科」で、8時間授業の実施により難関大学を目指す「アカデミーコース」、部活動と学業の両立を叶える「アドバンスコース」、総合的な人間力を鍛える「総合コース」、さまざまな実用的な知識を身に着け資格取得を目指す「キャリアコース」の4コースがあります。 部活動においては、硬式野球部の活躍が良く知られ、全国高校野球選手権大会で準優勝の経験もあります。(みんなの高校情報より引用)

卒業後の進学先

龍谷大学・帝京大学・大阪経済大学・駒澤大学・京都産業大学・大阪商業大学・など

 

「高校野球」滋賀県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい②滋賀学園高校(私立)

【滋賀県の強豪】滋賀学園野球部を解説

もともと女子校で創部は1999年と比較的新しいが、創部2年目に就任した山口達也監督が地道に強化を築いた。(中略)通学な不便な場所にあるということもあり県内生の割合はさほど高くない。大阪や沖縄など県外出身の選手が多く、身体能力の高い選手が多いのが特徴だ。(全国高校野球大図鑑2018年より引用)

最近力をつけてきた高校です。近江と今後は甲子園の座を争う名門高校へ突き進みそうな予感がする学校です。

【強豪】滋賀学園高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(2回)3勝2敗
夏(1回)0勝1敗
合計3勝3敗

・甲子園出場春ベスト8(2017年)

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

なし

 

部員数と練習時間

部員数(2017年3月選抜時)

・53名

少し古い情報ですが、約1学年25名前後の部員数となっています。

類では、午後の選択授業の時間に各自の部活に取り組むことができます。

部活の時間が多いので、自分の好きなスポーツに集中して取り組むことができ、毎日内容の濃い、充実した生活を送っています。クラスの雰囲気は、にぎやかさを感じることもあります

滋賀学園HPより引用)

平日は約5時間程度、土日は8時間程度練習をしています(毎日新聞より引用)

滋賀学園の1日

8:45SHR
9:00授業
12:50昼休み
13:25掃除
13:45SHR
14:00専攻実技(練習)
16:00部活動
18:30下校(寮へ)

これを見てわかるとおり、専攻実技と言うなの部活動を午後からすることができます。平日約5時間なので大体この18:30前後で練習が終わるのがわかります。

公立高校やスポーツ系の学科がない高校では平日に5時間も、なかなか取れるものではありません。

野球の環境と寮

施設一覧

・専用グランド

・トレーニングルーム

・室内練習場

・青和寮(寮)

専用の球場ではなく、専用のグラウンドが完備されています。また雨天時に練習できる室内練習場も完備されています。

トレーニング室も学校にあり施設は非常に充実しています

室内練習場も結構な広さがあります。

滋賀学園HP参照)(トリコロ参照)

寮は野球部グラウンド近くにあり「黎明寮」と呼ばれています。

2016年の春選抜時点では56人中、48名が寮で暮らしていました。なので、基本的には寮生活の選手ばかりと考えてください。

滋賀学園の硬式野球部員は56人。うち県外出身の48人が現在、野球部グラウンド近くの「黎明(れいめい)寮」で共同生活を送る。(毎日新聞より引用)

帰省できるのも年末年始ぐらいです。

【強豪滋賀学園】偏差値

偏差値

偏差値39~52

みんなの高校情報より引用)

個人調査報告書ならびに活動実績証明書(S類志願者のみ)と学力試験および面接(5名1グループのグループ面接)の試験です。

平成29年度の試験ではS類89名受験して、89名合格しています。なので基本的には、受験すれば合格できると言っていいと思います。

卒業進路

国士舘大学・奈良産業大学・帝京大学・大阪経済大学・天理大学・日本大学・亜細亜大学・大阪経済大学・京都学園大学など

「高校野球」滋賀県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい③彦根東高校(公立)

【滋賀県の強豪】彦根東高校野球部を解説

・野球部について

県内屈指の進学校でありながら甲子園にも出場している文武両道を地で行く高校。公立の進学校ということもあり、地元からの声援も大きい。スポーツ推薦などは一切ないため、部員は全て一般入試の高い壁を乗り越え入部している。(全国高校野球大図鑑2018より引用)

【強豪】彦根東高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(4回)1勝4敗
夏(2回)1勝2敗
合計2勝6敗

・甲子園出場

バーチャル高校野球を参照)

主なプロ野球選手(元を含む)

中川隆(毎日オリオンス)最優秀防御率1955年

部員数&練習内容

部員数(2018年3月)

計46人

練習の内容

高校生新聞より引用)

野球の環境

彦根城の敷地内に学校があるため、打撃練習が満足にできません。

さらに、他の部活動と併用しているので多くの練習が制限されます。

以前までは近くのバッティングセンターを使用していたが、その施設がつぶれ、現在は学校に作られた室内練習場で打撃を行っている。

バッティングセンターは8か所で打てていたが、現在は2箇所とここまで苦労しています。

彦根東は国宝である彦根城の堀の中に敷地があり、グラウンドは広くない。週に2回ほど、バッティング練習は近隣の室内練習場を借りる。

ただ、こんな中でも甲子園に出場することが出来ているので、どの高校でもチャンスがあると思わせてくれる高校ではないのかと思います。

【強豪彦根東】偏差値

偏差値

偏差値68

みんなの高校情報より引用)

大京大に例年10人程度、早慶に10人から20人程度の合格者を輩出し、国公立大学合格者も毎年延べ200人程度います。(野球部だけではありません)

2018年は京大を目指している選手もいます。

卒業進路

京都大学・神戸大学・早稲田大学、筑波大学、慶応大学、同志社大学など

強豪高校へ進学するために必要なこと

忙しい部活の間に勉強して偏差値を上げること

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

特に強豪高校の場合、推薦入学者は全国でも名の知れた逸材ばかりです。そこにあなたが選ばれればいいですが、正直難しいですよね。

そこで入学するには、必ず勉強が必要になってきます。

ただ勉強をする時間が正直取れないですよね。平日も土日祝も部活、部活の毎日で塾にも通えないし、一人で勉強するのもモチベーションが上がらないですよね。

でも安心してください。

時間がない、部活が忙しいあなたへ解決策は全て下記の記事に書いています。ぜひご覧ください。

まずは、泥臭く野球もそうですが勉強もしてください。強豪高校で甲子園を目指したいけど、偏差値が高い・・・。

勉強してください。やってダメならそれはそれ、まずは苦手な勉強にもチャレンジするこころが必要ですよ。

野球のレベルアップすること

まずは強豪高校で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、大阪桐蔭のように限られた人数しか入部できない高校や、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば同級生の部員が10名程度の弱小高校へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪高校の場合同級生が30名~40名います。その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても18名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(甲子園のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

【高校野球】滋賀県の野球強豪校へ進学して、甲子園を目指しましょう!

【結論】滋賀県で進学するならこの3つだ

近江高校・滋賀学園・彦根東高校

歴代夏の甲子園出場高校

高校名成績
2014年近江高校3回戦敗退
2015年比叡山高校1回戦敗退
2016年近江高校1回戦敗退
2017年彦根東高校2回戦敗退
2018年近江高校ベスト8
2019年近江高校2回戦敗退

○○へ行けば必ず甲子園に出場できる!わけではありません。しかし、できるだけ甲子園に出場したいのであれば、今回紹介した3校へ進学をオススメします。

設備は私立に勝てないですが、公立でも甲子園へは行けます。

ただプロ野球選手になりたい!と断固たる夢を持っているのであれば、環境は大事なので私立をおすすめします。

最後に、高校を選ぶ時は、しっかり調べて高校へ入学するようにしてください。

監督が変わった途端に強くなったり、弱くなったりしますので、特に監督情報を耳に入れるようにしてください。

勝つのも必要ですが、人間教育も大事な要素です。しっかり自分の将来を考えて決めてくださいね。

近県の強豪高校もチェック

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です