大学野球への進学

「東都大学野球1部リーグ全六大学」成績から優勝回数、注目選手など徹底解説。野球の環境や部員数もまとめました。

東都大学野球連盟・・・。

知らない人も多いのではないかと思いますが、日本で1番大学野球が強いリーグです。

その理由としては、リーグが4部まであり1部と2部の差がないからなんです。

例えば立正大学が平成21年秋のリーグを制覇し、しかも明治神宮大会でも優勝。

しかし、平成22年春の1部リーグ戦で最下位になり、2部との入れ替え戦で負け降格したという事例もあります。

このように大学野球好きの中では花の東京六大学、実力の東都大学野球と言われることが多くあります。

そんな東都大学野球連盟1部リーグに所属している、東洋大学・亜細亜大学・立正大学・駒澤大学・國學院大学・中央大学の成績から優勝回数、注目選手、野球の環境から部員数まで徹底解説させて頂きます。

進路で悩んでいる選手、そして保護者の方の少しでも参考になればと思います。

ちなみに全国リーグもこちらで紹介しています

「強豪」東都大学野球の名門東洋大学・亜細亜大学

東洋大学

全国大会の成績(平成30年秋終了時)

全国大会 勝利数 負け数
大学選手権(12回) 26勝 8敗
神宮大会(7回) 12勝 5敗
38勝 13敗
最高成績 優勝回数
大学選手権(11回) 優勝 4回
神宮大会(7回) 優勝 2回

誰もが知っている名門大学。

多くのプロ野球選手を輩出している大学です。プロへの登竜門と言っても過言ではないレベルの高い大学です。

 

亜細亜大学

全国大会の成績(平成30年秋終了時)

全国大会 勝利数 負け数
大学選手権(13回) 36勝 9敗
神宮大会(11回) 22勝 6敗
58勝 15敗
最高成績 優勝回数
大学選手権(13回) 優勝 4回
神宮大会(11回) 優勝 5回

日本で一番練習がきついと言われている大学です。

プロになった選手の中にも亜細亜大学の練習についていけず、やめた選手もいるぐらいです。もちろん実力は間違いなし。

毎年プロ野球選手を輩出している名門大学です。

 

「全国優勝の経験あり」東都大学野球の強豪立正大学・駒澤大学

立正大学

全国大会の成績(平成30年秋終了時)

全国大会 勝利数 負け数
大学選手権(0回) 0勝 0敗
神宮大会(2回) 6勝 0敗
6勝 0敗
最高成績 優勝回数
大学選手権(0回) なし 0回
神宮大会(2回) 優勝 2回

秋は出場すれば優勝という全国大会で強さが際立っています。

ただ、春のリーグでは優勝をできていないのが現状。強さは間違いなし。

東都の春に立正大学の優勝を願う。

駒澤大学

全国大会の成績(平成30年秋終了時)

全国大会 勝利数 負け数
大学選手権(14回) 42勝 9敗
神宮大会(14回) 25勝 9敗
67勝 18敗
最高成績 優勝回数
大学選手権(14回) 優勝 6回
神宮大会(14回) 優勝 5回

東都大学野球連盟の中で1番の実力者。

亜細亜、東洋を抑えて断トツの勝利数を誇ります。直近では平成26年秋の明治神宮大会で優勝をしています。

実力と実績で言えば、東洋大学・亜細亜大学にも劣ることはなし。

 

 

「実力は間違いなし」東都大学野球の猛者國學院大學・中央大学

國學院大學

全国大会の成績(平成30年秋終了時)

全国大会 勝利数 負け数
大学選手権(0回) 0勝 0敗
神宮大会(1回) 0勝 1敗
0勝 1敗
最高成績 優勝回数
大学選手権(0回) なし 0回
神宮大会(1回) 未勝利 0回

実力は間違いありませんが、全国大会での成績が乏しい大学です。

プロ野球選手も多く輩出していますが、東都大学野球のレベルの高さにあと1歩及んでいません。

環境も選手の能力も高く、歯車が合えば優勝も可能なチームです。今後の国学院大学に期待。

中央大学

全国大会の成績(平成30年秋終了時)

全国大会 勝利数 負け数
大学選手権(6回) 17勝 3敗
神宮大会(4回) 5勝 3敗
22勝 6敗
最高成績 優勝回数
大学選手権(6回) 優勝 3回
神宮大会(4回) 優勝 1回

東都大学野球の中では偏差値が高い部類です。

もちろん野球もかなりの強豪。成績はここ数年いまいちですが、選手たちの能力は高いです。

今後の伸びしろにかなり期待できる大学。

 

まとめ

東都大学野球連盟は日本一のリーグ。

その中で1部に在籍するチームは、どこのリーグへ行っても優勝できる実力を持っています。

選手ならば自分の能力を理解して、どこの大学へ行けるのかしっかり考えてみてください。

ちなみに全国リーグもこちらで紹介しています

また、親御様はお金の面が気になると思います。学部によっても違いますし、野球の環境でも変わってきます。しっかり調べるようにしてください。

以上「東都大学野球1部リーグ」成績から優勝回数、注目選手など徹底解説。野球の環境や部員数もまとめました。

 

 

兼業パパブロガー☆KEN
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です