大学野球

「経験談」大学野球の寮生活は地獄?寮に住むメリットとデメリットを紹介

大学野球をやるぞ~!でも、寮暮らしは怖い・・・

そんなあなたに、野球小僧が体験した寮での生活を暴露させていただきます。

すべてがデメリットばかりではなく、メリットもたくさんあります。もちろん、あなたが不安に思う上下関係の怖さやめんどくささは大いにあります。

そんなすべての情報をしっかり把握して、大学野球での寮生活を始めてください。

ただ、早稲田大学などの関東の強豪大学などはレギュラーに近い選手しか寮に入ることができません。

寮のメリット

・家賃が安い

・同期と仲良くなれる

・掃除が楽

寮のデメリット

・すべてが順番待ち

・24時間プライベートなし

・夜の訪問者がいる

寮に入るメリット

1.家賃が安い

一番はなんといっても家賃が安い!

1ヶ月家賃は1万8千円です。周りの家賃相場は4万程度の中でこの価格は安い!

電気代、ガス代、水道代使い放題で家賃と合わせて、なんと3万円でおつりが返ってきていました。

トイレ・台所・洗濯機・風呂は共同なので初期費用はいりませんでした。(掃除も寮のおばちゃんがしてくれる)

ただ、食事がついていないですし、トイレは外についているので生活の不便さはかなりありました。

これは野球小僧の寮での話なので、ここまで安い寮はあまり聞いたことがありません。

基本的に朝夜のご飯付きで5万~6万程度が一般的ですね。

 

2.同期と仲良くなれる

同じ屋根の下に暮らすので必ず毎日顔を合わせます。

野球小僧の寮は自主的に入りたい人だけ入寮していましたので、同期が40名以上いましたが入寮は4名のみ。

人数も少なく、同じ場所で暮らすので基本的には仲がよくなります。

なので、シャンプーや調味料の貸し借りは日常的にできるのは非常にメリットでしたね。一人暮らしの場合は買いに行かなくてはいけませんからね。

ただ、気が合わない選手ももちろんいましたので、それは結構大変でしたね。なぜなら、いやでも顔を合わせなくては行けないからです。

正直これが4年続くと最悪でしたが、野球小僧の寮生活は1年で終了したのでよかったです。

しかし、ほとんどの大学が一度入寮したら卒業まで住み続けなくてはいけません。そこは理解しおいてくださいね。

 

寮に住むデメリット

1・すべてが順番待ち

野球小僧の大学では、トイレ、風呂、台所すべてが共同でした。

間取りは6畳のみのかなり極小部屋。

しかもトイレは離れにあり、和式便所。「いつの時代の建物やねん!」と当時は思っていました。

しかも入居部員が10名を超える中、トイレ、風呂、台所、洗濯機すべて1つしかありません。

そのため、順番待ちがエグイ・・・。

特に練習が終わる時間帯はすべての選手が同じなので、洗濯機の順番待ち、お風呂の順番待ちなので、1時間、2時間待ちは当たりまえ。

先輩のお風呂を沸かしたり、洗濯を順番でやったり地獄でしたね。大学まで来てこんなことやらないと行けないのかと後悔した覚えがあります。

2.24時間プライベートなし

これが一番きつかったですね。

基本的に誰でも入れるので、プライベートはまずありません。もちろん彼女を家に招くなんてことはできません。

しかも鍵も簡単に外から開けることができるので、先輩の出入りの自由。

正直1年でもきつかったですね。

もちろん体育会系なので、先輩の言うことは「イエス」か「はい」しかありません。勝手に入られるのも普通にありますので、常にだれかといる感覚でした。

正直寮はおすすめできませんね。

3.夜に部屋に訪問

この夜の訪問者が地獄の始まりですね。

何故夜に訪問者がいるかと言うと、次の日の1限目や2限目に授業がある先輩が、後輩に代わりに授業に行かせるために影武者を探しているからです。

とにかくこれが嫌でしたね。

意味もわからない授業を、好きでもない先輩のために無駄な1時間30分を過ごすことの苦痛。

怒りとめんどくささで、かなりのストレスでした。

野球小僧の計画がすべて狂います。次の日が遅く起きれる場合、自主練をいつもより長くしていました。

そのため帰宅時間が10時~11時になることもよくあります。そこから洗濯、お風呂、食事とやっていると、軽く0時は回ります。

そこに明日1限目よろしくな~と言われると「カチン」ときますよね。普通は!

ただ先輩は神様なので、もちろん「はい」しか言えませんけどね。

もちろん先輩にも腹が立ちましたが、正直大学側の管理能力のなさに失望したことを覚えています。

まとめ

寮のメリット

・家賃が安い

・同期と仲良くなれる

・掃除が楽

寮のデメリット

・すべてが順番待ち

・24時間プライベートなし

・夜の訪問者がいる

まとめるとこんな感じですかね!

わたしの意見としては、親の負担を考えると寮のほうが格段とお金が安いのでおススメします!

単純に計算しても月の家賃と水道光熱費を比べても2~3万程度違います。

ざっと計算すると、12ヶ月×4年×2万=96万円も安くなります!!!!!

ちなみに大学野球の費用もまとめていますので、どうぞ↓

しかし4年間この暮らしをするのは正直地獄です。

精神的な部分や大学生活を少しでもプライベートの部分を守りたいなら寮はお勧めできません!

寮か賃貸か私の大学では選択することができましたが、ほとんどの場合は志願してとかではなく大学で決められていると思います。

寮に入る前にどんなことがあってもいいように覚悟していてくださいね!

最後に、入らなくていいのであれば寮にはいるな!

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /