薄毛に関するブログも書いていますので、もし気になる方はご覧ください↑

大学野球

「可能性は無限大」大学野球からプロ野球選手になるのは地方強豪大学でも難しくない理由を解説

こんにちは、いつも見ていただき誠にありがとうございます。

今回のテーマは大学野球からプロの世界へ行くのに地方の大学では難しいのか、ということをお話して行きたいと思います。

結論から言いますと、地方強豪大学でもプロの世界へ進むことは可能です。しかもここ最近では地方大学でもプロへ容易に進むことができます。

そして今回は2016年~2018年の大学生ドラフト指名選手を分析し、地方大学でもプロへ進みやすいか解説します。

地方大学指名選手

・2016年は41名中23名が地方大学

・2017年は30名中16名が地方大学

・2018年は32名中16名が地方大学

※関東の強豪大学以外の選手を地方強豪大学と仮定しています。

ドラフト指名選手を分析(2016年~2018年)

2016年大学生ドラフト指名選手

セントラル・リーグ
ドラフト順位広島カープポジジョン大学名
1加藤拓也投手慶大
3床田寛樹投手中部学院大
 読売巨人  
1吉川尚輝内野手中京学院大
2畠世周投手近大
 育成  
4坂本工宜投手関学大
5松原聖弥外野手明星大
6高山竜太朗捕手九産大
 DeNA  
1浜口遥大投手神奈川大
2水野滉也投手東海大北海道
6尾仲祐哉投手広島経済大
7狩野行寿内野手平成国際大
9佐野恵太内野手明大
 ドラフト順位阪神タイガース ポジジョン 大学名
1大山悠輔内野手白鴎大
2小野泰己投手富士大
7長坂拳弥捕手東北福祉大
 ヤクルトスワローズ  
2星知弥投手明大
3梅野雄吾投手九州産
4中尾輝投手名古屋経済大
 中日ドラゴンズ  
1柳裕也投手明大
2京田陽太内野手日大
4笠原祥太郎投手新潟医療福祉大
6丸山泰資投手東海大
パシフィック・リーグ   
ドラフト順位日本ハムファイターズポジジョン大学名
2石井一成内野手早大
3高良一輝投手九産大
4森山恵佑外野手専大
 ソフトバンクホークス  
1田中正義投手創価大
 千葉ロッテ  
1佐々木千隼投手桜美林大
7宗接唯人捕手亜大
 ドラフト順位西武ライオンズポジジョン  大学名 
2中塚駿太投手白鴎大
6田村伊知郎投手立大
 楽天イーグルス  
2池田隆英投手創価大
3田中和基外野手立大
4菅原秀投手大体大
6鶴田圭祐投手帝京大準硬式
 育成  
2南要輔内野手明星大
 オリックス  
2黒木優太投手立正大
8沢田圭佑投手立大
 育成  
1張奕外野手日本経済大
3神戸文也投手立正大
5中道勝士捕手明大

2016年を分析

2016年の大学生のドラフトを掲載させて頂きました。

2016年の中では、新潟医療福祉大、東海大北海道、広島経済大(トリプルスリー柳田選手(ソフトバンク)の母校)、帝京大準硬式、桜美林大、明星大、神奈川大、名古屋経済大、中部学院大、中京学院大(平成の忍者、菊池選手(広島)の母校)、日本経済大、平成国際大(サブマリン牧田投手の母校)など、あまり知られてない大学からプロ野球選手が誕生しています。

中には準硬式野球からプロへの道を開いた選手もいますね。2016年のデータでは、やはり関東の強豪大学が多いが、地方からも沢山ドラフトで指名されていることがわかりました。

2017年大学生ドラフト指名選手

セントラルリーグ
ドラフト順位広島カープポジジョン大学名
3ケムナブラッド誠投手日本文理大
 阪神タイガース  
1馬場皐輔投手仙台大
2高橋遥人投手亜大
3熊谷敬宥内野手立大
4島田海吏外野手上武大
 育成  
1石井将希投手上武大
 DeNA  
1東克樹投手立命大
8楠本泰史内野手東北福祉大
ドラフト順位読売巨人ポジジョン大学名
1鍬原拓也投手中大
4北村拓己内野手亜大
7村上海斗外野手奈良学園大
 育成  
3笠井駿外野手東北福祉大
5広畑塁捕手立正大
 中日ドラゴンズ  
 育成  
2石田健人マルク投手龍谷大
 ヤクルトスワローズ  
3蔵本治孝投手岡山商大
6宮本丈内野手奈良学園大
パシフィックリーグ
ドラフト順位ソフトバンクホークスポジジョン大学名
2高橋礼投手専大
4椎野新投手国士舘大
 育成  
2周東佑京内野手東農大北海道オホーツク
4大竹耕太郎投手早大
 西武ライオンズ  
1斉藤大将投手明大
5与座海人投手岐阜経大
 楽天イーグルス  
1近藤弘樹投手岡山商大
2岩見雅紀外野手慶大
3山崎剛内野手国学院大
4渡辺佑樹投手横浜商大
 育成  
1井手亮太郎投手九産大
3中村和希外野手天理大
ドラフト順位日本ハムポジジョン大学名
6鈴木遼太郎投手東北学院大
7宮台康平投手東大
 千葉ロッテ  
 オリックス  
 大学生指名なし  

2017年を分析

2017年のドラフトでは以上の選手が大学からプロへ進んでいます。

2017年の中では、仙台大、岡山商大、岐阜経大、東農大北海道オホーツク、奈良学園大、龍谷大、東北学院大など、あまり知られてない大学からプロ野球選手が誕生しています。

中での、岡山商科大の近藤選手は1位指名です。

着実に地方大学のレベルが上がっています。

2018年大学生ドラフト指名選手

セントラルリーグ
広島
ドラフト順位指名選手ポジション大学名
2位島内颯太郎投 手九州共立大
6位正隨 優弥外野手亜 大
育成
1位大盛  穂外野手静岡産大
ヤクルト
1位清水  昇投 手国学院大
2位中山 翔太外野手法 大
7位久保 拓真投 手九州共立大
巨 人
1位高橋 優貴投 手八戸学院大
DeNA
1位上茶谷大河投 手東洋大
2位伊藤裕季也内野手立正大
中 日
2位梅津 晃大投 手東洋大
6位滝野  要外野手大商大
阪 神
指名なし
パシフィックリーグ
西武
ドラフト順位指名選手ポジション大学名
1位松本  航投 手日体大
4位粟津 凱士投 手東日本国際大
7位佐藤 龍世内野手富士大
育成
1位東野  葵投 手日本経大
3位中熊 大智捕 手徳山大
ソフトバンク
1位甲斐野 央投 手東洋大
6位泉  圭輔投 手金沢星稜大
育成
2位岡本 直也投 手東農大北海道オホーツク
3位重田 倫明投 手国士舘大
日本ハム
7位福田  俊投 手星槎道都大
オリックス
2位頓宮 裕真内野手亜 大
7位中川 圭太内野手東洋大
育成
1位漆原 大晟投 手新潟医療福祉大
ロッテ
2位東妻 勇輔投 手日体大
3位小島 和哉投 手早 大
5位中村 稔弥投 手亜 大
楽 天
1位辰己 涼介外野手立命大
2位太田  光捕 手大商大
6位渡辺 佳明内野手明 大
7位小郷 裕哉外野手立正大
8位鈴木 翔天投 手富士大

2018年の分析

2018年の場合上位指名は有名大学ばかりです。

その中でも巨人ドラフト1位の高橋 優貴投手は八戸学院大学出身で地方大学出身です。

そう考えると、有名な大学じゃなくてもドラフト1位の可能性が多いにあるのがわかります。

また約半分の選手が関東の強豪大学ではなく、地方強豪大学からのドラフト指名です。

まとめ

地方大学指名選手

・2016年は41名中23名が地方大学

・2017年は30名中16名が地方大学

・2018年は32名中16名が地方大学

※関東の強豪大学以外の選手を地方強豪大学と仮定しています。

野球小僧の見解としては、地方でも難しくない

20~30年前だったら、なかなか地方からプロへ行くことも現在よりは難しかったと思います。なぜなら、情報が今とは違いアナログメインだったからです。

今では、少しでも注目されればネットの動画で見ることができます。また、自分自身で売り込むことができます。やはり、その違いではないかと思います。

なので無理に行きたい大学でもない場合は、あなた自身が学びたい学問がある大学へ行くようにしてくださいね。その理由はこちらへ書いてます↓

また地方大学で活躍している選手もまとめていますので、参考にどうぞ。

以上「可能性は無限大」大学野球からプロ野球選手になるのは地方強豪大学でも難しくない理由を解説でした。

 

KEN☆野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です