野球の費用

「経験談」中学軟式野球の費用を元球児が完全解説&3つの費用削減方法を教えます。

お母さん今日部活動見学いったら野球部が楽しかったから野球部に入りたいんだけど、そんなことを息子、娘が言ってきたらどうしますか?

もちろん、「一生懸命頑張りなさい応援するよー!!」と応援すると思います。

ただ野球ってお金掛かるスポーツのイメージがあると思います。そのイメージは凄く当たっています。

野球は他の競技とは比べものにならないぐらい、使用する道具が多いです。

例えば、練習をすると時に着るユニフォーム。ソックス、ストッキング、スラパン、アンダーシャツ、ユニフォーム上下、ベルト、帽子、シューズ。

こんなに着用しなくてはなりません。そこで今回は、そのユニフォームを含め、「野球ってどのくらい費用が掛かる?」という疑問を解決していきたいと思います。

また、お金が掛かるスポーツ野球を少しでも安くできるように、費用の削減のコツもお伝えしていきたいと思います。

ではご覧下さい!

「結論」費用総額19万6千円程度
費用削減方法

・道具を大事にさせる

・メルカリで購入する

・ジモティーを活用する

「経験談」中学軟式野球の費用を元球児が完全解説&3つの費用削減方法を教えます。

中学軟式野球の費用一覧

軟式野球グローブ

・グラブ=基本1万~2万円程度

グラブは軟式野球の場合1万円前後が主流です。高いからいい!とか安いからダメ!とかはあまりありません。
野球小僧は、投手、捕手、内野手をしていたので3つグラブを買いました。
内訳としては、投手=1万4千円(ミズノ)、捕手=7000円(YB)、内野手=1万円(ローリングス)でした。

軟式野球スパイク

・スパイク=基本5千円~1万5千円程度

スパイクは下記を参考にみてください。必ず、スポーツ店で購入するようにしてください。同じものを買う場合はネットで安く購入してください!

軟式野球バット

 バット=基本1万~2万程度

バットは個人で購入することはそこまでありません。中には個人で購入して、使用している選手はいましたが、経験上必要ありません。

なので、この費用は削れると考えてくださいね。

軟式野球練習用ユニフォーム&帽子

最大2500円引クーポン 野球 ユニフォーム 上下セット 2019 ミズノ 練習着 シャツ 丈夫 防汚 ウェア サイズ交換往復送料無料

ユニフォーム(練習着一式)=5千円程度&帽子(2千円)

約5000円程度です。ただ、1セットでは洗濯が追いつかないので2セットは購入するようにしてください。

なので×2で1万円です。

帽子は約2千円程度です。安いのであれば、1000円で購入できるところのあるので探してみてください。

アンダーシャツ

約1着3千円~5千円程度です。これは最低でも長袖と半袖合わせて10枚は用意してください。

理由としては、汗をかいたらすぐに着替えれるようにするためです。野球小僧は、午前練習で1枚、午後で1枚着替えていました。なので1日最低3枚は必要になってきます。

正直10枚でもすくないかもしれません。間をとって、3千円×10着=3万円です。

ストッキング・ソックス

これは、大量に購入を勧めします。特に、ソックスに関してはすぐに穴が開きます。

ストッキング3足、ソックス9足は購入するようにしてください。ストッキングが1000円×3足=3千円・ソックスが3足で1000円×3=3千円。合計6千円

試合用ユニフォーム&野球バッグ

試合用のユニフォーム一式=1万~2万程度

バッグ=1万円程度

 

固定費はこれぐらいです。合計で10万円程度は掛かると考えていてください。少年野球をしていた選手は、そのまま使用できるものもあるので、多少安くなると思います。

道具 金額
グラブ 1万5千円
スパイク 1万円
バット 1万円
ユニフォーム一式 5万円
試合用ユニフォーム一式 2万
チームバッグ 1万
月謝(3千円)×2年と3カ月 8万1千円
合計 19万6千円

「経験談」中学軟式野球の月謝を元球児が完全解説

強豪中学軟式野球部の場合

・月謝3000円程度(練習試合、公式戦などの交通費)
・遠征費2万~4万程度(県外などに泊まりで試合)

私もどちらかというと、それなりの強豪中学校なのでお金は掛かりました。

毎週練習試合があり、部員も30名を超えていました。中学野球人口が少なくなる中、比較的多い数になります。

そのため、県外の試合もありましたし、泊まりで試合に行くことのありました。

野球小僧は全国大会の経験はありませんが、全国へ出るともちろんお金が掛かります!ただ全国大会まで行くと学校から補助が出るので、負担が少し減ります。

そして中学野球のネックが、人数が少ないため、それなりに上手な選手は複数守らせれることです。

野球小僧もそれなりに中学生の時は上手かったので、投手、捕手、遊撃手を守っていたので、グラブを3つ買わないといけなくなりました。

ここで、先ほどの固定費にプラス3万円程度かかります。このような可能性もあることだけ頭に入れていてくださいね!

大体固定費と合わせると、初期費用は20万円程度かかると思っていてください。

その後、毎年5万~10万程度の出費は覚悟していてください。

最後に、お金より大変なのが保護者のお茶登板です。土日祝日に毎週の用に試合をします。その場合、保護者が当番制で試合にこなければなりません。

これが非常に負担になりますので、入部するときはここをしっかり頭に入れておいてください。以外に、この保護者の人間関係が辛くなる人も多くいます。

弱小中学軟式野球部の場合

月謝1000円(練習試合、公式戦などの交通費

強豪校と初期投資は正直かわりません。ただ、月謝など毎年掛かるお金が非常に安くつきます。

私の高校のチームメイトでもいました。練習試合もほとんどなし、練習も週2、3回程度。練習着も着用せず、体操服で練習していたと言っていました。

このようなチームなら、スパイクも1足で3年間使用できる可能性もあります。

遠征もまずないので、遠征費用もかかりません。もしかしたら、練習着もいらないかもしれませんね!

なので、初期投資の後はほとんど掛からないと思って大丈夫です。もしかしたら初期投資も抑えることができるかもしれません!

保護者の協力についても、練習試合などがなければ送迎やお茶出し当番などもないので安心してください!

 

「経験談」中学軟式野球の費用を元球児が完全解説&3つの費用削減方法を教えます。

3つの費用削減方法①とにかく道具を大事にさせる。

グローブ、スパイクは消耗品です。しかし、この2つは手入れをすることで非常に長持ちします。

まずはグローブです。グラブローションを必ずグローブを購入する時に一緒に買いましょう。

お金が掛かるから、買わないのはNGです!逆にお金がその分掛かってしまいます!

また、購入した後もちゃんと手入れできているか見てあげてくださいね!

スパイクも同じです。ブラシ、クリームを購入してください。

まずは、しっかり砂と汚れをブラシや家にある雑巾などで落としてください。そのごクリームなどでメンテナンスしてください。

上記のことをするだけで、かなり長持ちするでしょう!あとスパイクに関しては、P革のつけ方でも長くしようできるか、変わってくるので必ず腕のいいスポーツ専門店で購入しましょう!

私はP革は専門の職人さんにお願いしてました。

 

3つの費用削減方法②メルカリで購入する。

野球小僧の時代には、ありませんでした。

しかし、現代には非常にいい環境が整っています!メルカリで野球道具を購入することで大幅な費用が削減することができます。

どうしても人が使用していたのがいやな人はオススメできません。

別に使用できれば全然いいよ!という人は一度メルカリに登録して、商品を見てよければ購入するのも一つの考えです!

野球小僧もメルカリを見ることがありますが、種類の豊富さにびっくりします!見て損は絶対ないのでオススメです!安いものだと、2000円程度でグローブなど購入できます!

また、型のつけ方などわからない人は最初から型がついているのでいいかも!

 

3つの費用削減方法③ジモティ

これはあまり知られていないサイトです!

どんなサイトかというと、無料でいらない物をもらってくれませんか?又はメルカリのようにこの値段でどうですか?というのものです!

お金を出すのは正直きつい・・・でも子供に野球をやらせたい人はぜひ一度見てはどうかと思います!

見て損は絶対にありません。逆に野球用品以外にも、何か掘り出し物が見つかることもあります!

ただ、メルカリのように有名なサイトではないので商品トラブルも結構あるので、慎重にお願いします。

ジモティーは、メルカリと違い利用手数料がかからないため、 無茶なことをいってくる、連絡ができない、ドタキャンなどのことがあるそうです!

なので必ず取引をする前に出品者の情報を確認してください!

複数回の取引実績があるか、良い評価が多くついているかどうかなど、ある程度はまともに売買ができるかわかると思います!

また、地元が近いから対面で会う場合も注意してくださいね!正直会うまでどんな人かわからないので、複数で会うようにしてください!

まとめ

「結論」費用総額19万6千円程度
費用削減方法

・道具を大事にさせる

・メルカリで購入する

・ジモティーを活用する

中学軟式野球で費用を抑えるコツとしては、固定費をどう抑えるかです。

メルカリなど、個人売買で安く購入するのか、誰かからおさがりをもらうのか、方法はいくらでもあります。そこをしっかり考えて行動してください。

また、強豪へ入学するのか、普通の中学へ入学するのかでも大きく異なります。

特に中学野球は、監督のやる気でまったく違ってくるので入学するまでどうなるか正直予想できません。逆に途中から監督がかわる可能性があります。

最近では7年~8年で転勤することが多いです。しっかり入学する中学の情報を耳に入れておいてください。

そして、現代はどんなものも考えて購入すれば安く手に入ります!しかも、昔では購入できなかったネット間での受け渡しが!しっかり情報を手に入れてください!

お金は無限ではありません。子供のためにお金をかけるのは必要です。しかし、お金の使い方を少し工夫すれば、費用を減らすことができます。頭を使って、お金を使いましょう!

また、部活を始めるとなかなか勉強ができません。そんな時にぜひ、知っておいてほしい記事を張っておきます。ぜひご覧ください。

 

 
まとめ記事を一挙にご紹介
高校野球
大学野球
野球の上達
 
       
兼業パパブロガー☆KEN
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /