野球の費用

少年野球ってお金かかりますよね?詳細と費用削減のコツ教えます!

野球を始めようとした時に、まず始めに頭に浮ぶのがお金だと思います。

正直どのスポーツよりもお金が掛かります。その要因として大きいのが、道具です。

とにかく種類が多く、1つ1つの値段が高いです。必ず必要なグラブ1つ考えてみても、1万程度は掛かります。(セールなどで安い場合を除く)

そこで今回は、野球を始める時にまず始めにどんな道具が必要か詳細を説明させて頂きます。そして、費用をどうすれば抑えることができるかお伝えしたいと思います。

子供のためだからと言って、お金をかければいいものではありません。メリハリが大事です。

必要な道具一覧

まず、必ず必要なものは下記のものです。硬式野球の場合はグラブの値段が多少高くなりますので、頭に入れておいてください!

・グラブ

・ポイントスパイク

・アンダーシャツ

・帽子

・ベルト

・ソックス

・アンダーストッキング

これに、アップシューズや野球カバンなども必要になる可能性が高いです。

グラブ(5千円~1万円程度)

値段はピンからキリまであります。高いからいい!安いからだめ!ではありません。自分の手に合ったグラブを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

王道で行けばミズノをお勧めします。野球小僧が少年野球時代使用していました。また、投手用や内野用などに絞らず、オールラウンド用を買うようにしてください。

特に、少年野球では多くのポジションを守ります。最初はどこが適性か正直わかりません。徐々に固定されていきますので、固定されたらそのポジションに合ったグラブを購入しましょう。

 

ポイントスパイク(5千円程度)

少年野球では、金属のスパイクは使用できません。なので、ポイントスパイクになります。

プロ野球でも、東京ドームなどで試合するときはポイントスパイクを使用します。野球小僧も大学時代東京ドームで試合したときは、ポイントスパイクでした。

チームによって、色が違うと思いますので入団してから購入するようにしてください。

 

ユニフォーム(練習着上下)5千円程度

ユニフォームに関しては、土日練習と考えて2着から3着は必須です。上に関しては、ベースボールTシャツなど代用品がありますが、ズボンは基本代用品はありません。

なので、必ず2着~3着購入してください。

ズボンの種類がレギュラー、ショート、ロングとありますが、基本レギュラーを購入してください。

ロングはまずダメです。ロングを使用しているのは、プロ野球やメジャーリーグ、草野球ぐらいです。

学生野球はレギュラーがほとんどです!

 

アンダーシャツ(半袖5枚、長袖5枚)

最近の主流はパワーシャツです。

一昔前は、身体にフィットするような物ではなく、普段着のようなものでした。しかし、最近では、パワーシャツを着る選手が圧倒的に多くいます。

野球小僧がオススメする買い方としては、パワー3枚、普通2枚(半袖、長袖)です。

下記のサイトで探してみて下さい。半袖から長袖まで多くの種類を取り揃えています。

野球小僧からのアドバイスとしては、アンダーアーマーがオススメです。理由としては伸びない、臭くない、長く使えるこの3つの理由です。

高校時代に購入したのを10年以上使用しています。他のメーカーだと、ここまで持ちません。

 

帽子とベルト(1千円~2千円程度)

帽子は白色です。特にこれに関しては、こだわらなくていいと思います。サイズだけ注意して購入してください。

 

 

ベルトは2種類あります。

パワーベルトと普通のベルトです

簡単にパワーベルトを紹介すると、ウエイトリフティングなどに使用する腰に巻く補助用のベルトを、野球のベルト風にしたようなものです。

効果としては、腰を安定させるのでパフォーマンスが上がるといわれています。なので、普通のベルトを購入しても全然問題はありません。

 

 

ソックスとストッキング(1千円程度)

練習の場合は、白ソックスのみで練習するチームもありますのでストッキングは入団後、購入でいいと思います。

購入する上で気をつけてほしいのは、破れやすいところが補強されているかどうかです。破れやすいのが、つま先と、かかとです。この箇所が厚いものを購入してください。

ストッキングに関しては、チームカラーがありますので入団後購入してください。

 

「結論」総費用はおいくらですか

道具名 金額
・グラブ 1万円
・ポイントスパイク 5千円
・ユニフォーム上下 5千円×3セット
・アンダーシャツ 半3千円×5 
長4千円×5
・帽子 2千円
・ベルト 2千円
・ソックス 1千円×3
・アンダーストッキング 1千円
合計 7万3千円

この金額はおよその金額です。

しかし、これ以下になる可能性はほぼゼロなので10万円以上は掛かると思っていてください。

これに、アップシューズ、野球カバン、チーム試合用ユニフォーム、月謝が掛かってきます。

継続してお金が掛かるのが月謝のみです。月3千円と過程して計算してみるとこんな感じです。

小学3年生の4月から6年生の7月まで少年野球をする。52ヶ月×3千円=15万6千円です。

これに初期費用を加えると、合計で約23万円です。

費用削減の方法

費用削減の方法は、フリマアプリを使用する

野球小僧の時代には、ありませんでした。

しかし、現代には非常にいい環境が整っています!メルカリで野球道具を購入することで大幅な費用が削減することができます。

どうしても人が使用していたのがいやな人はオススメできません。別に使用できれば全然いいよ!という人は一度メルカリに登録して、商品を見てよければ購入するのも一つの考えです!

野球小僧もメルカリを見ることがありますが、種類の豊富さにびっくりします!見て損は絶対ないのでオススメです!安いものだと、2000円程度でグローブなど購入できます!

また、型のつけ方などわからない人は最初から型がついているのでいいかも!

楽天カードを使う

もう使用している人はいいですが、クレジットカードを持っていない人は必ず作るようにしてください。楽天市場から購入すると多くの得点をもらえます!

野球小僧も社会人になり、ようやく思い腰をあげ作りました。非常に便利でお得なことが沢山あります。必ず費用削減にも貢献できます。

詳しくは記事を参考にしてください。

まとめ

やはり野球というスポーツはお金が掛かります。上記を読んでどうでしたか?

野球は大変ですよね。

道具を一式集めるだけで、10万円は覚悟してください。そして、中学野球、高校野球、大学野球と成長する中で、道具もかえていかなくてはいけません。

大学まで本気でやると、野球のお金だけで1千万円以上掛かる選手もいます。

どこまで、やらせてあげるのかもしっかり考えて将来のためにお金を貯めてください。野球は非常にすばらしいスポーツです。

野球小僧も小学生から大学まで13年間選手として野球をさせてもらいました。その中で本当に多くのことを学び、成長することができました。

ぜひお子様にも、野球を通して成長してほしいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です