少年野球

ゼロから教えるお子様の正しいバットの選び方。

まずバットといってもいくつもあるので、どれを選んだらわからないって人はすごくいると思います。
簡単にバットの特徴を伝えていきたいと思います。
中学生や高校生までになると自分でバットを選びます!中学生や高校生までに、自分で選べるように少しアドバイスをさせて頂きたいと思います。

バットの種類は3種類
「トップバランス」

「ミドルバランス」

「カウンターバランス」

 

少年野球のバット選びの目安

 

種類カウンターカウンター・ミドルミドルミドル・トップトップ
身長120~130㎝130~140㎝140~150㎝150~160㎝160㎝~170㎝
重さ400g程度400~450g450~550g500~600g550~700g
長さ脇の下から指先までの腕の長さ×1.3

バットの選び方にはいろんな考えがあります。
このバットを使用すれば絶対打てる!というものはありませんが、間違いなく体格にやスイングの軌道で子供に適したバットはあります。

私からのワンポイントアドバイスとしたら、体格がまだできていない選手が重たいバットを使用することは避けてください。スイングの軌道は固まっていないので、変な癖がつきます。

スポーツ店でもバットのため仕打ちができるところも少ないので大変だと思いますが、まずは買う前に入団しているチームのバットから自分に合うバットを選んでください。

買うのはその後です!どうしても買いたいなら、専門のスタッフがいるスポーツ店でしっかりアドバイスを聞いてきださい!

トップバランス

簡単に言えば先端部分に芯があるタイプのバットですね。

イメージとしては、プロ野球で言えばホームランをよく打つタイプが使うバットです。

バットの重さも重いものがおおいいので、バットコントロールは少し難しいですが、ミドルやカウンターより飛距離は大幅に上がります。

簡単に言えば4番タイプです。

プロ野球選手でいえば=中田翔選手(日本ハム)

 

 

ミドルバランス

簡単に言えば中心付近に芯があるタイプのばっとですね。

イメージとしては、プロ野球で言えば中距離打者。

比較的バットコントロールがやりやすく、初心者が始めるには非常にお勧めするタイプです!

簡単にいえば3番打者!

プロ野球選手でいえば=立浪選手(元中日)2塁打日本記録保持者(487本)

 

カウンター

非常にバットコントロールがしやすい!

重心がグリップの近くにあるのが特徴です!

難点は遠くに飛ばすのが少し難しいところです。私が薦めするタイプは、力はまだ今はないけど、バットに当てれば足がある選手です!

グリップの近くに重心があるので内角のボールもさばきやすいのも特徴です!

簡単に言えば、1番打者かな!

プロ野球選手でいえば=赤星選手(元阪神タイガース)今は解説者です!

 

 

まとめ

バット選びも正直いろんな情報を見て、聞いてもなかなかわからないと思います。ただ、道具はスポーツをするうえで非常に大事になってきます!道具一つで選手の能力がガラッとかわることもあります。

元楽天監督ノムさんこと、野村監督は全然打てない2軍時代に、トップバランスからふとしたことから、ミドルバランスのバットを使いホームランを量産し始めたと本で読んだことがあります。

また、大学時代にバット職人の久保田五十一さんの講演をきく機会があり、一つ印象に残った話がありました。
プロ野球選手のなかで、1ミリグリップの太さが違って気づいた選手がいた!

それは・・・・・・落合博満選手(3回三冠王)!彼はバットを握ってボールを1球打つと「なんか違う!」と言われたので調べたら、いつもと本当に1ミリ違ったと言われていました。
こんな話もあるので、道具選びは大切です!
すぐに相性がいいものに出会えるかわかりませんが、いろんなバットを使用して、自分に合うバットに出会ってくれたら幸いです!

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /