野球と体と心

野球の試合前日と当日は何を食べるといいの?

ドキドキ、ドキドキ、明日は試合だー!!となかなか眠れないお子様がいませんか。

子供の心境は試合前はこんな感じだと思っていてください。

私も、正直練習試合でも楽しみにしてた覚えが今もあります!公式戦にでもなったら、緊張で眠れないなんてよくありますね。

そんな眠れない、息子さん・娘さんに親ができることはなんだと思いますか?

それは食事を考え、子供に食べさせることです!考えて食事をすることで、子供のパフォーマンスは下げにくくなります。逆に言えば、適当な食事をしていたらパフォーマンスは簡単に下がります。

そこで今回は、どんな物を、どんな時間帯に食べればいいかお伝えしていきたいと思います。

食事こそが、最高のサポートできる武器だと理解してくださいね!

試合前日の食事

試合前の食事は日非常に大事になってきます。

試合は明日だから気にしなくていいや!ではまったくだめだめです!

しっかり食べることは大事ですが、基本的にどのスポーツでも共通しているのですが、前日に練習は軽めに試合を意識してやります。

そこで、練習と同じように食事もいつもよりは意識して食べるようにしてください。

食事の時間としては、以下の時間を意識してください。

寝る約3時間前~4時間前

何故かというと、基本的に消化までに掛かる時間が3時間から4時間と言われています。

どうしても寝る前にお腹がすいて何か食べたい!と子供が言う場合は、フルーツやスープなど消化しやすい物を与えるようにしてください。

間違っても炭水化物は与えないようにしてくださいね!炭水化物は3時間程度消化に時間が掛かります。

前日の夜で気をつける食事のポイント

・脂っこい食事は避ける

・食物繊維をとり過ぎない

・いつも食べない物は食べない

・脂っこい食事は避ける。

明日の試合に活力をと意気込んでとんかつ・カツどん・からあげは避けましょう!基本的に揚げ物は消化に悪いです。

前日にオススメの食事としては、炭水化物を中心とした食事です。例えばカレーライスなどは定番ですね。

お肉を食べさせるにしても、揚げるのではなく、蒸したり、焼いたりして極力油を使わないように料理してください。

またビタミンB1と一緒に炭水化物を摂取することにより、効率よく炭水化物を吸収することができます。逆に不足すると以下のようになります。

ビタミンB1が不足すると、摂取した糖質はエネルギーに変わることができず、疲れやすくなったり、体がだるくなったり、さらには代謝の低下から太りやすくなってしまいます。(株式会社FRONTEOヘルスケアより引用)

 

ビタミンB1を多く含んだ食品一覧

・豚肉

・うなぎ

・大豆(豆腐、納豆など)

 

食物繊維をとりすぎない。

試合前はNGなのはよく他でも言われていますが、私は前日から意識してあまりとらないのをおススメします。

ガスがたまりやすく、おなかの張りや下痢を引き起こす可能性があります!なので気をつけて食品を選ぶようにしてください。

少量であれば問題ありませんので、過度なとりすぎだけ気をつけてください。

いつも食べないものをたべない。

明日は大事な試合だから、みんなでピザバーティーだ!焼肉食べ放題だ!はやめてください。

基本的に、いつも通りの食事を心がけてください。もちろん上記で書いた、食事方法を参考にしてくださいね。

ごちそうは、試合が終わった夜に食べるようにして下さいね!

試合当日、食事の時間帯と食事内容

明日は試合だー!

さあかつ丼で縁起よくいってらっしゃい!といったゲンかつぎを昔はよくやっていたのではないでしょうか。

マンガなどでもカツ丼や脂っこいものを食べて試合に行くシーンも何度もみかけた記憶があります。

まず一言、試合前に消化の悪いもの(油っぽい)食べ物はNGです!

ここでは試合開始までにエネルギーを蓄えておけば、上記で説明したパフォーマンスの低下を最小限にすることができます!

その日の食事を考えたら120㌔のストレートが130㌔になるわけではないので勘違いをしないようにしてください。

人間は疲労が蓄積するとパフォーマンスが下がるので、その下げ幅を緩やかにすることができるということを理解してくださいね!

ではでは試合当日そして、前日は主食(白米)と果実を中心に高炭水化物を摂取するように心がけましょう!

特に当日に関しては、試合開始前の3~4時間前までにはちゃんとした食事を済ませる努力をしましょう!

・朝食(試合3時間前~4時間前)

・白米(おにぎり)

・パン(あまい系)

・麺類

・バナナ

・みかんなど

・常温の飲み物

この時間帯はしっかりと食事をするようにしましょう。水分補給の忘れないようにお願いします。

また、人それぞれ緊張の度合いも違うと思いますので、自分の中で食べる量を決めて食べるのを心がけてください。

親御さんは、子供の体調管理も要なサポートなので多すぎず少なすぎない量を見極めてくださいね!

試合前1時間前~2時間前

・バナナ

・和菓子

・チョコレート

・ウイダーゼリー

・アクエリアス(喉が渇く前に必ず飲むようにしてください。喉が渇いてから飲むのは遅いので)

試合前1時間前~2時間は必ず消化のいい食べ物にしましょう。

結構このタイミングで、お米やパンなどを食べる選手がいると思いますがやめましょう!

お米などパンなどは2時間~3時間程度消化にかかりますので、別のもので栄養を補給しましょう!

試合直前(10分前~30分前)

・ウイダーゼリー

・飴など

・アクエリアスなど

消化にほとんど時間をかけない食べ物をチョイスするようにお願いします。試合中に低血糖などで集中力の低下に繋がります!

また試合中は細かく水分補給を心がけてください。

まとめ

・前日も当日も脂っこい食べ物はNG

・食物繊維に気をつけて

・消化時間を逆算して食事してください!

私は正直ここまで食事を気をつけていませんでした。

試合1時間前に消化に悪い食べ物をばんばん食べていました。なので私はこういう失敗をしてほしくないので、勉強していろいろ書かせて頂きました!

少しでも参考になり、いつも通りのパフォーマンスが発揮できるように願っています!

 

2020年春の甲子園が待ち遠しい!下記の記事も読んでね。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /