高校野球

「サイン盗み発覚?」2019年春の選抜で起きた大事件!習志野高校小林監督VS星稜高校林監督の結果とは?

2019年最も最悪な事件が起きてしまった・・・。

それが、サイン盗みの疑惑です。

まずはそのシーンを確認してください。

結論から言うと、高野連が出した答えは白

やっていないと判決を出しました。

 

2019年春の選抜甲子園の大事件/サイン盗み疑惑

※その試合は3月28日大会第6日目第3試合星稜高校VS習志野高校で起きました。

サイン盗み疑惑?星稜高校林監督の抗議

28日の試合では、二塁走者が打者に球種を伝達している疑いがあることを、捕手を通じて球審に伝えた。4人の審判団が集まって協議し、そうした行為はなかったとしたが、試合後に林監督が小林監督に「フェアじゃない」と抗議する異例の事態となった。(日本経済新聞より引用)

あのシーンを見ると、確実に怪しく感じますね。

私でも勘違いをしそうなシーンです。

特に野球ではセカンドランナーは、捕手のサインが丸見えなので余計な動きをするだけで怪しく思われます。

私も野球部の監督経験があるので、いつも余計な動きはするなと指導していました。

サイン盗み疑惑?習志野高校小林監督の答え

兵庫県西宮市の甲子園球場で開催されている選抜高校野球大会で、星稜(石川)の林和成監督が習志野(千葉)のサイン盗みを疑い、試合後に抗議したことについて、習志野の小林徹監督は29日、「そういった事実はない。(サイン盗みがあれば)審判から指摘をいただくと思う」と疑惑を否定した。

28日の2回戦で、習志野の二塁走者が打者に球種を伝達していると、試合中に星稜側が抗議したが、小林監督は「何についてか、分からない状況だった」と疑われていることを知らなかったと主張。

審判団から直接の注意はないと言い「なかったことが全てだと思っている」と話した。(47NEWSから引用)

疑惑を向けられた小林監督は、きっぱりと事実無根と言い切りました。

まぁいわゆるよくあるグレーですね。あのシーンを見る限り、やっているような気がしますが、やってないとのことでした。

 

サイン盗み疑惑?高野連の答え

日本高野連の竹中雅彦事務局長は「林監督の熱い気持ちは理解しているが、試合終了後はノーサイドが原則。試合後の行動は反省してください」と注意したことを明らかにした。

「試合前に注意喚起するなどして、このようなことが起きないようにしたい。基本的には、これで収束したという認識だ」と話した。(日本経済新聞より引用)

高野連の解答としては、この解答ぐらいしかできないと思いますね。

やっていないと言っている習志野高校小林監督を、指導できるわけないですからね。

今回一番の問題は、星稜高校林監督が試合後にも抗議しに行ったこと。

高野連も言っている通り、試合後はノーサイドが原則。

 

サイン盗み疑惑?星稜高校林監督の謝罪

 

試合後に対戦校の習志野(千葉)の小林徹監督に抗議したことについて、林監督は29日、日本高野連に「私の行き過ぎた言動と行動で多大なご迷惑をお掛けした」と謝罪したことを明らかにした。(日本経済新聞より引用)

林監督は後日、誠意をもって謝罪しています。

これで、一旦は終息に向かうでしょう。

まとめ

結論から言うと、高野連が出した答えは白

今回のサイン盗み疑惑は高校野球では、正直よくあることですね。

今の部活動は少しずつ勝利至上主義から移行していますが、まだ勝利至上主義は変わりありません。

まともな監督がいる一方、どんな手段も問わない監督がいるのも事実。

その指導に反抗すると選手は試合に、出場できなくなるので何も言えない。

これが今の高校野球の現状です。

だからこそ進路選択は重要になってきます。県立高校の場合は監督が7年~8年で交代します。

私立は成績が悪くなると交代します。そこをしっかり考えて、あの監督の下で野球がやりたいと思える高校へ進学してくださいね。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です