高校野球

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/北北海道の出場校予想と注目選手を徹底解説

さぁ2019年度も甲子園が熱い!

そして強豪高校ぞろいの夏の甲子園北北海道大会も確実に熱くなる。

6月から早速沖縄から始まり、あの熱い夏がまたやってきます。

高校野球ファンなら待ち遠しい時期ですね。選手の汗と涙に感動し、涙腺が崩壊なんてこともよくあります。

そこで今回はあなたが気になる、2019年夏の甲子園北北海道の出場校を予想し、また北海道の注目選手(ドラフト候補)を徹底解説をしていきます.

優勝候補予想はこの4校だ

横綱 釧路湖陵
秋ベスト4  春ベスト8

大関 旭川大
秋ベスト8   春ベスト8

関脇 滝川西
秋2回戦敗退 春ベスト8

関脇 白樺学園
秋ベスト8   春地区予選敗退

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/北北海道の出場校予想と注目選手を徹底解説

「高校野球」2019年夏の甲子園に出場予想番付表

横綱 釧路湖陵
大関 旭川大
関脇 滝川西
関脇 白樺学園

 

「高校野球」2019年春季北海道大会成績

決勝

駒大苫小牧 7対0 苫小牧工

準決勝

駒大苫小牧  12対9 札幌第一
苫小牧工   4対2 国際情報

準々決勝

駒大苫小牧 6対3 旭川大
苫小牧工 13対3 釧路湖陵
札幌第一 7対3 滝川西
国際情報 3対2 札幌光星

 

優勝候補4校の2019年春季県大会成績

横綱 釧路湖陵
ベスト4

大関 旭川大
ベスト8

関脇 滝川西
2回戦敗退

関脇 白樺学園
ベスト8

「高校野球」2018年秋季北海道大会成績

決勝

札幌大谷 9対6 札幌第一

準決勝

札幌大谷 7対6 駒大苫小牧
札幌第一 5対1 釧路湖陵

準々決勝

札幌大谷 5対1 白樺学園
札幌第一 10対8 旭川大
釧路湖陵 10対0 稚内大谷
駒大苫小牧 3対0 札幌新川

 

優勝候補4校の2018年秋季県大会成績

横綱 釧路湖陵
ベスト4

大関 旭川大
ベスト8

関脇 滝川西
2回戦敗退

関脇 白樺学園
ベスト8

 

夏の甲子園予選/北北海道大会の歴代優勝校

高校名 成績
2014年 武修館高校 2回戦敗退
2015年 白樺学園高校 1回戦敗退
2016年 クラーク国際高校 1回戦敗退
2017年 滝川西高校 1回戦敗退
2018年 旭川大高校 1回戦敗退

甲子園での成績はあまり思わしくありません。

ほぼ1回戦で負けているのがわかります。やはり北海道は南に強豪高校が集まっているのが現状ですね。

また、北北海道は多くの名選手の輩出しており、例えば、西武ライオンズ武隈祥太選手(旭川工業)、ソフトバンク古谷 優人選手(江陵高校)などプロで活躍している選手や、今後活躍が期待される選手を多く輩出しています。

「高校野球」2019年夏の甲子園予選/北北海道大会の考察

北北海道は混戦です。

ただそんな中でも、今年は釧路湖陵が勢いがあり優勝候補に上がります。

2018年秋季北海道大会をベスト4、2019年春季北海道大会もベスト8。

そこまでいい成績ではありませんが、この成績は北海道全体での成績。そう考えると、安定的に力を発揮していることがわかります。

現在まで、甲子園へ出場したことがないので、ぜひ2019年は釧路湖陵高校が甲子園出場することを祈っています。

その一歩後ろから追いかけているのが、旭川大。

旭川大は、2018年秋季北海道大会、2019年春季北海道大会ともにベスト8の成績を残しています。

2018年100回大会でも代表校として、甲子園へ出場した強豪高校です。

今年ももちろん優勝候補にあがり、釧路湖陵高校との熾烈な代表争いが期待できます。

そして、上位2校を追いかけるのが、名門滝川西と、強豪白樺学園。

ともに甲子園へ何度も出場経験がある、北北海道の名門です。

この2チームも侮れない存在になっています。

以下がバーチャル高校野球の展望です↓

旭川大は140キロ台の直球と多彩な変化球を操るエース能登を柱に、制球力のある杉山も控える。

打線は昨夏の甲子園を経験した持丸と菅原のほか、脇田らパンチ力がある打者がそろう。試合巧者ぶりも健在だ。

旭川地区では他にも総合力の高い旭川明成、速球派投手を擁する旭川北、中軸がまとまる旭川東に注目。旭川永嶺と旭川実も力がある。

十勝地区の帯広大谷、白樺学園、空知地区の滝川西も侮れない。釧根地区では選抜の21世紀枠候補になった釧路湖陵も上位をうかがう。(バーチャル高校野球より引用)

「高校野球」2019年夏の甲子園北北海道大会の注目選手

 

強豪旭川大高校 注目選手(ドラフト候補)

140㌔越えのストレートが武器 能登 嵩都投手

183cm71kg 右右
旭川大雪ボーイズ→旭川大

・中学時代に全国大会へ出場経験あり。

・2018年の新チームよりエースとして活躍。

 

まとめ

優勝候補予想はこの4校だ

横綱 釧路湖陵
秋ベスト4  春ベスト8

大関 旭川大
秋ベスト8   春ベスト8

関脇 滝川西
秋2回戦敗退 春ベスト8

関脇 白樺学園
秋ベスト8   春地区予選敗退

どうでしたか

今回は私が独自で分析して出した結果なので、あなたの予想とは多少違うかもしれませんが、結構同じではないでしょうか。

野球というスポーツは弱いチームが強いチームに勝てるスポーツ。

優勝候補が無名のチームに負けるなど、他のスポーツではないことが頻繁におきます。

それがまた面白いところですね。

どこが優勝するかわかりませんが、高校野球ファンからしたら、とにかく選手が怪我無く無事終わることが一番だと思います。

ぜひ選手の皆さんは、怪我無く多くの人に熱い夏を届けてくださいね。

ちなみに、強豪揃いの北海道を、もっと知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

以上「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/北海道の出場校予想と注目選手を徹底解説でした。

ちなみに、他の県もこちらで紹介しています。

 

兼業パパブロガー☆KEN
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です