高校野球

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/大分県の出場校予想と注目選手を徹底解説

さぁ2019年度も甲子園が熱い!

そして強豪高校ぞろいの夏の甲子園大分大会も確実に熱くなる。

6月から早速沖縄から始まり、あの熱い夏がまたやってきます。

高校野球ファンなら待ち遠しい時期ですね。選手の汗と涙に感動し、涙腺が崩壊なんてこともよくあります。

そこで今回はあなたが気になる、2019年夏の甲子園大分県の出場校を予想し、また大分県の注目選手(ドラフト候補)を徹底解説をしていきます.

優勝候補予想はこの3校だ

・横綱 明豊高校

・大関 大分高校

・関脇 大分工業

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/大分県の出場校予想と注目選手を徹底解説

「高校野球」2019年夏の甲子園に出場予想番付表

横綱明豊高校
大関大分高校
関脇大分工業

 

「高校野球」2019年春季大分大会成績

決勝

大分工業10対9(延10回)情報科学

準決勝

大分工業3対0大分舞鶴
情報科学7対0三重総合

準々決勝

大分工業12対4鶴崎工業
情報科学2対0日本文理
大分舞鶴6対4佐伯鶴城
三重総合6対4中津東高校

優勝候補3校の2019年春季県大会成績

・横綱 明豊高校 春の選抜出場のため不参加

・大関 大分高校 春の選抜出場のため不参加

・関脇 大分工業 優勝

「高校野球」2018年秋季大分大会成績

決勝

明豊高校11対6大分高校

準決勝

明豊高校4対3(延10回)津久見高校
大分高校2対1日本文理

準々決勝

明豊高校7対0柳ヶ浦
大分高校8対5藤蔭高校
津久見高校5対2佐伯鶴城
日本文理5対2大分工業

 

優勝候補3校の2018年秋季県大会成績

・横綱 明豊高校 優勝

・大関 大分高校 準優勝

・関脇 大分工業 ベスト8

 

甲子園予選/大分大会の歴代優勝校

高校名成績
2014年大分高校1回戦敗退
2015年明豊高校1回戦敗退
2016年大分高校1回戦敗退
2017年明豊高校ベスト8
2018年藤蔭高校1回戦敗退

以外にも過去の優勝高校は甲子園でも成績がよくありません。

強豪揃いの大分県代表も、夏の甲子園ではなかなかいい結果が残せないのが現状です。

「高校野球」2019年夏の甲子園予選/大分大会の考察

大分県は明豊高校が一つ頭が抜けている状態です。

明豊高校は2018年秋の大分大会で優勝すると、その勢いで九州大会でも準優勝を果たしています。

また、2019年春の選抜甲子園大会でも全国の強豪を抑え、全国ベスト4に輝いています。実績と選手のレベルを考えると間違いないのではないかと考えます。

それを追うのが、大分高校と、大分工業。

大分高校は2018年秋の大分大会決勝で、明豊高校に敗れるも、九州大会でベスト4に入り2019年春の選抜甲子園大会へ出場。

1勝を挙げています。

大分工業は2019年春の大分大会で優勝するなど、着実に力をつけています。

2019年夏の甲子園予選大分大会はこの3校が中心となり、熱戦が繰り広げられるでしょう。

「高校野球」2019年夏の甲子園大分大会の注目選手(ドラフト候補)

強豪明豊高校 注目選手①(ドラフト候補)

小柄ながらパンチ力は抜群攻守の4番 野邊 優汰投手

・福岡県豊前市 173cm68kg

・明豊中学ー→明豊高校

・明豊高校では1年秋からレギュラーを獲得。

・2年春には4番の座を獲得。ちなみにその時の3番は2018年ヤクルトにドラフト4位で入団した濱田外野手。

・2019年春に選抜甲子園大会へ出場。

高校生ではトップクラスの守備力を誇るショート。軽快なフットワーク、グラブさばき、バウンドの合わせ方、いずれもが素晴らしくスピードと丁寧さを兼ね備えている。捕球から送球の流れもスムーズでスローイングの強さも申し分ない。(タイムリーウェブより引用)

 

強豪明豊高校 注目選手②(ドラフト候補)

恵まれた体格から投げ下ろす最速146㌔右腕 大畑蓮投手

・大分県別府市 184㎝74㌔

・明豊中学ー→明豊高校

・明豊高校では2年の春から試合に出場。

・エースではないが、最速146㌔を記録し注目を浴びる。

 

 

強豪大分高校 注目選手①(ドラフト候補)

セカンド送球2秒を切る強肩 野邊 優汰投手

・大分県大分市 178cm76kg

・大分中学シニア(シニア日本代表)→大分高校

・大分高校では2年夏にレフトとしてスタメン出場。

・新チームからは捕手としてチームを牽引

・2019年春に選抜甲子園大会へ出場。

強豪大分高校 注目選手②(ドラフト候補)

プロ注目大型セカンド大分高校主将 足立 駿内野手

・大分県大分市 183cm81kg

・大分中学シニア→大分高校

・大分高校では1年秋にベンチ入り。その後怪我をして2年夏はベンチ外。

・新チームになり、主将となりチームを支え九州大会ベスト4に貢献。

・2019年春に選抜甲子園大会へ出場。

 

まとめ

優勝候補予想はこの3校だ

・横綱 明豊高校

・大関 大分高校

・関脇 大分工業

どうでしたか?

今回は私が独自で分析して出した結果なので、あなたの予想とは多少違うかもしれませんが、結構同じではないでしょうか。

強豪揃いの大分県を、もっと知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

これから残りの期間で、どこまで選手が成長するか楽しみで仕方ありませんね。

以上「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/大分県の出場校予想と注目選手を徹底解説でした。

ちなみに、他の県もこちらで紹介しています。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です