高校野球

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/福岡県の出場校予想と注目選手を徹底解説

さぁ2019年度も甲子園が熱い!

そして強豪高校ぞろいの夏の甲子園福岡大会も確実に熱くなる。

6月から早速沖縄から始まり、あの熱い夏がまたやってきます。

高校野球ファンなら待ち遠しい時期ですね。選手の汗と涙に感動し、涙腺が崩壊なんてこともよくあります。

そこで今回はあなたが気になる、2019年夏の甲子園福岡県の出場校を予想し、また福岡県のドラフト候補選手を徹底解説をしていきます。

優勝予想はこの4校だ

・横綱 筑陽学園高校

・大関 西日本短大付属

・大関 九州国際大付属

・関脇 真颯館高校

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/福岡県の出場校予想と注目選手を徹底解説

「高校野球」2019年夏の甲子園に出場予想番付表

横綱筑陽学園高校
大関西日本短大付属高校
大関九州国際大付属高校
関脇真颯館高校

「高校野球」2019年春季福岡大会成績

決勝

西日本短大付属7対3真颯館高校

準決勝

西日本短大付属1対0博多工業
真颯館3対1福岡大大濠

準々決勝

真颯館10対4福岡工大城東
福岡大大濠5対2飯塚高校
西日本短大付属2対1九州国際大付属
博多工業2対1小倉工業
予想4チームの2019年春季福岡大会成績

・横綱 筑陽学園 選抜のため不参加

・大関 西日本短大付属 優勝

・大関 九州国際大付属 ベスト8

・関脇 真颯館高校 準優勝

「高校野球」2018年秋季福岡大会成績

決勝

筑陽学園5対3九州国際大付属

準決勝

小倉工業1対5九州国際大付属
筑陽学園8対1真颯館

準々決勝

真颯館高校2対1福岡工大城東
小倉工業4対3九州大九産
九州国際大付属2対1西日本短大付属
筑陽学園6対1飯塚高校
予想4チームの2018年秋季大会成績

・横綱 筑陽学園 優勝

・大関 西日本短大付属 ベスト8

・大関 九州国際大付属 準優勝

・関脇 真颯館 ベスト4

甲子園予選福岡大会の歴代優勝校

高校名成績
2014年九州国際大付高校1回戦敗退
2015年九州国際大付高校ベスト8
2016年九州国際大付高校1回戦敗退
2017年東筑高校1回戦敗退
2018年折尾愛真高校1回戦敗退
2018年沖学園高校2回戦敗退

以外にも過去の優勝高校は甲子園でも成績がよくありません。

参加高校が多く強豪揃いの福岡県代表も、甲子園ではなかなかいい結果が残せないのが現状です。

「高校野球」2019年夏の甲子園予選福岡大会の考察

2019年春の選抜甲子園大会で活躍した筑陽学園を筆頭に、優勝候補が4チーム。

参加数は全国でも5本の指に入るほど、多くの高校が甲子園を目指して戦います。

上記で紹介したように、正直どこが甲子園に行くかはわかりません。

ただ、戦力が整っているのは横綱筑陽学園。

エース西投手を中心に、菅井投手、西館投手の3枚看板で投手力は福岡では№1の投手王国。

夏の予選は確実に投手力がカギになります。

好投手がいればいるほど、確実に甲子園に近づきます。春に続き夏も筑陽学園の優勝で終わるのか。

それとも、2019年春季九州大会で優勝を果たした西日本短大付属が夏の王者に君臨するのか、楽しみがたえませんね。

まだまだ、九州国際大付属やダークホース真颯館高校が出てくるの非常に楽しみですね。

「高校野球」2019年夏の甲子園福岡大会のドラフト候補選手

強豪筑陽学園高校 注目選手(ドラフト候補)

最速145㌔剛速球で相手をねじ伏せる西館昂汰投手

・福岡県筑紫野市 187㎝83㌔

・二日市ボーイズ→筑陽学園高校

・筑陽学園では2年秋からベンチ入り。背番号10で九州大会優勝に貢献

・2019年春の選抜甲子園大会でも登板

 

強豪九州国際大付属 注目選手(ドラフト候補)

伸びと切れで勝負MAX149㌔右腕 下村海翔投手

・兵庫県西宮市 174㎝ 70㌔

・宝塚ボーイズ→九州国際大付属高校

・九州国際大付属では1年秋からベンチ入り。2年の春に144㌔をマークし注目を浴びる

・2019年はエースとして九州国際大付属牽引

 

強豪西日本短大付属 注目選手(ドラフト候補)

元U-15日本代表監督も認める本物の主将 近藤大樹内野手

・兵庫県西宮市 170㎝ 68㌔

・福岡ソフトバンクジュニア→嘉麻ボーイズ(日本代表)→西日本短大付属

・背は小柄ながら、センスはピカ一。スカウトも注目する遊撃手

・人間性が抜群で監督がほれ込む逸材

 西日本短大付高・近藤大樹(3年・170cm68Kg・右投右打)、実は彼のことは、去年から見て知っていた。

上手いショートと言っても、いろいろなタイプがあろう。動きのスピード、三遊間からの鉄砲肩、華麗な身のこなし……近藤遊撃手の場合は、「井端弘和(元・中日)タイプ」だと思っている。(NUMberWebより引用)

まとめ

優勝予想はこの4校だ

・横綱 筑陽学園高校

・大関 西日本短大付属

・大関 九州国際大付属

・関脇 真颯館高校

どうでしたか?

今回は私が独自で分析して出した結果なので、あなたの予想とは多少違うかもしれませんが、結構同じではないでしょうか。

福岡大会は全国でもレベルの高い県です。もっと知りたい選手はこちらの記事の参考にしてください。

この福岡大会を制すれば甲子園でも必ずいい成績が残せると言っても過言ではありません。

これから残りの期間で、どこまで選手が成長するか楽しみで仕方ありませんね。

以上「「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園予選福岡大会の代表校とドラフト候補選手を徹底解説」でした。

ちなみに、他の県もこちらで紹介しています。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です