高校野球

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/愛媛県の出場校予想と注目選手を徹底解説

さぁ2019年度も甲子園が熱い!

そして強豪高校ぞろいの夏の甲子園愛媛大会も確実に熱くなる。

6月から早速沖縄から始まり、あの熱い夏がまたやってきます。

高校野球ファンなら待ち遠しい時期ですね。選手の汗と涙に感動し、涙腺が崩壊なんてこともよくあります。

そこで今回はあなたが気になる、2019年夏の甲子園愛媛県の出場校を予想し、また愛媛県の注目選手(ドラフト候補)を徹底解説をしていきます.

優勝候補予想はこの5校だ

・大関 松山聖陵 秋ベスト4 春(今治西に順位決定勝ち)

・大関 今治西  秋ベスト4 春優勝

・関脇 八幡浜  秋ベスト8 春準優勝

・関脇 帝京第五 秋優勝   春ベスト8

・関脇 聖カタリナ 秋準優勝 春ベスト8

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/愛媛県の出場校予想と注目選手を徹底解説

「高校野球」2019年夏の甲子園に出場予想番付表

大関松山聖陵
大関今治西高校
関脇八幡浜高校
関脇帝京第五高校
関脇聖カタリナ高校

 

「高校野球」2019年春季愛媛大会成績

代表決定戦

松山聖陵8対5今治西高校

決勝

今治西高校6対3八幡浜高校


準決勝

今治西高校 8対1 宇和島東
八幡浜高校11対8今治北高校

準々決勝

今治西高校8対2新居浜西
八幡浜高校3対2聖カタリナ
宇和島東9対4新居浜南
今治北高校3対1帝京第五

優勝候補5校の2019年春季県大会成績

・大関 松山聖陵 (今治西に順位決定勝ち)

・大関 今治西   優勝

・関脇 八幡浜   準優勝

・関脇 帝京第五  ベスト8

・関脇 聖カタリナ ベスト8

「高校野球」2018年秋季愛媛大会成績

決勝

帝京第五3対2聖カタリナ

準決勝

帝京第五4対3今治西高校
聖カタリナ10対3松山聖陵

準々決勝

帝京第五8対1西条高校
聖カタリナ5対0八幡浜高校
今治西高校7対0済美高校
松山聖陵8対7今治北高校

 

優勝候補5校の2018年秋季県大会成績

・大関 松山聖陵  ベスト4

・大関 今治西   ベスト4

・関脇 八幡浜   ベスト8

・関脇 帝京第五  秋優勝

・関脇 聖カタリナ 秋準優勝

 

甲子園予選/愛媛大会の歴代優勝校

高校名成績
2014年小松高校1回戦敗退
2015年今治西高校1回戦敗退
2016年松山聖陵高校2回戦敗退
2017年済美高校3回戦敗退
2018年済美高校ベスト4

2017年と2018年は済美高校の2連覇。

ただ2019年に関しては、どこが優勝してもおかしくない力関係になっています。済美は厳しいですが・・・。

どこのチームが出場しても上位進出を狙い、甲子園でも昨年のベスト4を超える成績をぜひ残してほしいです。

「高校野球」2019年夏の甲子園予選/愛媛大会の考察

愛媛県では済美高校が、2017年と2018年2連覇を果たしています。

ただ2019年は現状厳しいです。そこで、優勝候補に名乗りを上げているのが、松山聖陵高校と今治西高校。

松山聖陵高校は、2019年春の選抜甲子園にも出場した強豪高校です。今治西高校に関しては2019年春の愛媛大会で優勝を果たしています。

この2校が夏の甲子園、愛媛大会の中心になります。

それの一歩後ろを追いかけているのが、2019年春の県大会を準優勝した八幡浜高校、2018年秋の県大会を優勝した帝京第五、準優勝した聖カタリナ。

この強豪3校が旋風を巻き起こすことが、考えられます。

実際愛媛県はどこの高校が出てもおかしくない年です。横綱級のチームはなく、予想がしにくい状況にあります。

夏まで時間はありませんが、どこまで個々の能力を上げれるかが勝負になります。

「高校野球」2019年夏の甲子園愛媛大会の注目選手

 

強豪松山聖陵高校 注目選手(ドラフト候補)

将来性抜群MAX137㌔大型右腕 根本大蓮投手

・愛媛県 188㎝ 89㌔

・松山市立拓南中→松山聖陵高校

・エースとして2019年春の選抜甲子園に出場

・エースを務めながら、主将としてチームを牽引する。

昨年秋からエースナンバーを背負っているが、センバツ出場がかかった四国大会で実力を発揮できず、事実上、エースの座を下級生の平安山陽(へんざん・よう)に譲っていた。

「ここ一番になると、まだどっしり投げられない。それが昨年秋の根本でした。でも能力はある。それだけにセンバツで『おお、別人のピッチング!』というのを見せてくれたら、秋のドラフトは要注意です。やっぱり大舞台での”覚醒”というのは、何かを持っていると考えないといけませんから」(sportivaより引用)

 

まとめ

優勝候補予想はこの5校だ

・大関 松山聖陵

・大関 今治西

・関脇 八幡浜

・関脇 帝京第五

・関脇 聖カタリナ

どうでしたか

今回は私が独自で分析して出した結果なので、あなたの予想とは多少違うかもしれませんが、結構同じではないでしょうか。

野球というスポーツは弱いチームが強いチームに勝てるスポーツです。優勝候補が無名のチームに負けるなど、他のスポーツではないことが頻繁におきます。

それがまた面白いところですね。

どこが優勝するかわかりませんが、高校野球ファンからしたら、とにかく選手が怪我無く無事終わることが一番だと思います。

ぜひ選手の皆さんは、怪我無く多くの人に熱い夏を届けてくださいね。

ちなみに、強豪揃いの愛媛県を、もっと知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

以上「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/愛媛県の出場校予想と注目選手を徹底解説でした。

ちなみに、他の県もこちらで紹介しています。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です