高校野球

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/西東京都の出場校予想と注目選手を徹底解説

さぁ2019年度も甲子園が熱い!

そして強豪高校ぞろいの夏の甲子園西東京都大会も確実に熱くなる。

6月から早速沖縄から始まり、あの熱い夏がまたやってきます。

高校野球ファンなら待ち遠しい時期ですね。選手の汗と涙に感動し、涙腺が崩壊なんてこともよくあります。

そこで今回はあなたが気になる、2019年夏の甲子園西東京都の出場校を予想し、また西東京都の注目選手(ドラフト候補)を徹底解説をしていきます.

優勝候補予想はこの5校だ

横綱 国士舘   秋優勝  春準優勝

横綱 東海大菅生 秋準優勝 春優勝

大関 早稲田実業 秋ベスト4 春ベスト8

関脇 東亜学園  秋ベスト4 春2回戦敗退

関脇 国学院久我山 秋ベスト8 春ベスト8

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/東東京都の出場校予想と注目選手を徹底解説

「高校野球」2019年夏の甲子園に出場予想番付表

横綱 国士舘高校
横綱 東海大菅生
大関 早稲田実業
関脇 東亜学園
関脇 国学院久我山

 

「高校野球」2019年春季東京都大会成績

決勝

東海大菅生 4対3 国士舘

準決勝

東海大菅生 4対3 関東一高
国士舘 10対3 小山台

準々決勝

東海大菅生 12対5 日大三
国士舘 7対5 帝京高校
小山台 7対6 早稲田実業
関東一高 6対3 国学院久我山

 

優勝候補5校の2019年春季県大会成績

横綱 国士舘    春準優勝

横綱 東海大菅生  春優勝

大関 早稲田実業  春ベスト8

関脇 東亜学園   春2回戦敗退

関脇 国学院久我山 春ベスト8

「高校野球」2018年秋季東京都大会成績

決勝

国士舘 4対3 東海大菅生

準決勝

国士舘 5対1 東亜学園
東海大菅生 3対0 早稲田実業

準々決勝

国士舘 9対1 城東高校
東海大菅生 3対1 岩倉高校
東亜学園 10対7 国学院久我山
早稲田実業 10対1 日体大荏原

 

優勝候補5校の2018年秋季県大会成績

横綱 国士舘    秋優勝

横綱 東海大菅生  秋準優勝

大関 早稲田実業  秋ベスト4

関脇 東亜学園   秋ベスト4

関脇 国学院久我山 秋ベスト8

 

甲子園予選/西東京都大会の歴代優勝校

2014年 日大鶴ヶ丘高校 1回戦敗退
2015年 早稲田実業高校 ベスト4
2016年 八王子高校 1回戦敗退
2017年 東海大菅生高校 ベスト4
2018年 日本大学第三高校 ベスト4

全国でも強豪が多い西東京都。

甲子園でも1回戦で負けることは珍しいです。ここ5年でベスト4が3回。

かなりの好成績です。

もちろん名選手も多く輩出しており、例えば、清宮幸太郎内野手(早稲田実業)、横尾俊建内野手(日大三高校)などプロで活躍しています。

「高校野球」2019年夏の甲子園予選/西東京都大会の考察

西東京は国士舘と東海大菅生の2強。

国士舘は2018年秋の東京都大会を制して、甲子園に出場。2019年春の東京都大会でも準優勝を果たしています。

東海大菅生は2018年秋の大会で準優勝、2019年春の大会で優勝を果たしています。

実績から間違いなくこの2校が優勝候補筆頭として挙げられます。

ただ、西東京都はあなどれないチームが後3校います。

それが早稲田実業、東亜学園、国学院久我山です。3校との実績は抜群で、チーム力で言えば優勝してもおかしくない戦力を抱えています。

正直西東京都はレベルが高く、順当に勝ち進むのはかなり厳しい地区です。

他にもドラフト1位候補にも挙がる井上投手を擁する日大三も目が離せない高校です。

「高校野球」2019年夏の甲子園西東京都大会の注目選手

 

強豪日本大学第三高校 注目選手(ドラフト候補)①

東京の怪物ドラ1候補MAX151㌔右腕 井上広輝投手

180cm80kg 右右
神奈川県出身
・海老名南シニア→日本大学第三高校

・日大三高では1年夏からベンチ入り。

・甲子園でも4試合の登板経験がある実績豊かな投手

・高校BIG4と並び高い素質を評価されている。

強豪日本大学第三高校 注目選手(ドラフト候補)②

最初に廣澤投手のピッチング映像が流れます。

長身から繰り出すMAX148㌔が魅力 廣澤優投手

189cm78kg 右右
東京都出身
・世田谷西シニア→日本大学第三高校

・日大三高では1年秋からベンチ入り。

・甲子園でも2試合の先発経験がある実績豊かな投手

・2年の夏に148㌔をマークし一躍注目を浴びる

 

まとめ

優勝候補予想はこの5校だ

横綱 国士舘   秋優勝  春準優勝

横綱 東海大菅生 秋準優勝 春優勝

大関 早稲田実業 秋ベスト4 春ベスト8

関脇 東亜学園  秋ベスト4 春2回戦敗退

関脇 国学院久我山 秋ベスト8 春ベスト8

どうでしたか

今回は私が独自で分析して出した結果なので、あなたの予想とは多少違うかもしれませんが、結構同じではないでしょうか。

野球というスポーツは弱いチームが強いチームに勝てるスポーツ。

優勝候補が無名のチームに負けるなど、他のスポーツではないことが頻繁におきます。

それがまた面白いところですね。

どこが優勝するかわかりませんが、高校野球ファンからしたら、とにかく選手が怪我無く無事終わることが一番だと思います。

ぜひ選手の皆さんは、怪我無く多くの人に熱い夏を届けてくださいね。

ちなみに、強豪揃いの西東京都を、もっと知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

以上「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/西東京都県の出場校予想と注目選手を徹底解説でした。

ちなみに、他の県もこちらで紹介しています。

 

 
まとめ記事を一挙にご紹介
高校野球
大学野球
野球の上達
 
       
兼業パパブロガー☆KEN
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です