高校野球

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/愛知県の出場校予想と注目選手を徹底解説

さぁ2019年度も甲子園が熱い!

そして強豪高校ぞろいの夏の甲子園愛知大会も確実に熱くなる。

6月から早速沖縄から始まり、あの熱い夏がまたやってきます。

高校野球ファンなら待ち遠しい時期ですね。選手の汗と涙に感動し、涙腺が崩壊なんてこともよくあります。

そこで今回はあなたが気になる、2019年夏の甲子園愛知県の出場校を予想し、また愛知県の注目選手(ドラフト候補)を徹底解説をしていきます.

優勝候補予想はこの5校だ

横綱 東邦高校
秋優勝      春2回戦敗退

大関 中京大中京
秋準優勝     春ベスト4

大関 中部大第一
秋2回戦敗退   春優勝

大関 愛知黎明
秋3回戦敗退  春準優勝

関脇 中部大春日丘
秋ベスト4 春ベスト8

「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/愛知県の出場校予想と注目選手を徹底解説

「高校野球」2019年夏の甲子園に出場予想番付表

横綱 東邦高校
大関 中京大中京
大関 中部大第一
大関 愛知黎明
関脇 中部大春日丘

 

「高校野球」2019年春季愛知大会成績

決勝

中部大第一 2対1 愛知黎明

準決勝

愛知黎明 3対0 享栄
中部大第一 4対3 中京大中京

準々決勝

中部大第一 7対5 桜丘
愛知黎明 8対5 至学館
享栄 1対0 中部大春日丘
中京大中京 5対3 豊川

 

優勝候補5校の2019年春季県大会成績

横綱 東邦高校
2回戦敗退

大関 中京大中京
ベスト4

大関 中部大第一
優勝

大関 愛知黎明
準優勝

関脇 中部大春日丘
ベスト8

「高校野球」2018年秋季愛知大会成績

決勝

東邦 8対4 中京大中京

準決勝

東邦 14対3 西尾東
中京大中京 8対2 中部大春日丘

準々決勝

西尾東 3対1 至学館
中部大春日丘 4対3 誠信
東邦 8対1 栄徳
中京大中京 5対1 愛産大工

 

優勝候補5校の2018年秋季県大会成績

横綱 東邦高校
秋優勝

大関 中京大中京
準優勝

大関 中部大第一
2回戦敗退

大関 愛知黎明
3回戦敗退

関脇 中部大春日丘
ベスト4

 

夏の甲子園予選/愛知大会の歴代優勝校

高校名 成績
2014年 東邦高校 2回戦敗退
2015年 中京大中京高校 3回戦敗退
2016年 東邦高校 3回戦敗退
2017年 中京大中京高校 1回戦敗退
2018年 愛工大名電高校 3回戦敗退
2018年 愛産大三河 1回戦敗退

強豪高校が多い県ですが、ここ5年の最高成績が3回戦。

ちょっと寂しい気がしますね。しかし、2019年の春の選抜を制覇した県が愛知県(東邦高校)。2019年夏はかなり期待できます。

また、愛知県は多くの名選手の輩出しており、例えば、元オリックス、マリナーズなど・イチロー選手(愛工大名電高校)、元日本ハム、現侍ジャパン監督の稲葉篤紀選手(中京大中京高校)などスター選手の宝庫です。

「高校野球」2019年夏の甲子園予選/愛知大会の考察

愛知県はかなりの混戦が予想されます。

その中でも、東邦高校が1歩抜け出しています。

2018年秋季愛知大会を優勝し、東海大会も優勝。

2019年春の選抜甲子園大会で優勝をするなど、抜群の成績を残しています。春の愛知大会では2回戦で負けてはいますが、評価は変わりませんね。

甲子園春夏連覇も視野に入れて、夏の愛知大会優勝を目指してください。

そして、東邦高校を追いかけるのが中京大中京、中部大第一、愛知黎明。

中京大中京は、2018年秋の大会は準優勝、春の大会はベスト4と安定的な成績を残しています。

全国でも誰もが知っている名門高校であり、ここ5年で2度甲子園へ出場しています。

中部大第一は2019年春の愛知大会で優勝し、一躍優勝候補に挙がりました。

2回戦では全国制覇を達成した、東邦高校を破るなど今一番勢いに乗っているチームです。

甲子園へ出場したことがなく、初甲子園に向けて2019年は強い思いと、その実力が伴った年。

愛知黎明は、2019年春に準優勝をした高校。1度だけ甲子園へ出場したことのある高校です。

15年以上甲子園から遠ざかっていて、今年は優勝できるチャンスの年です。ぜひ甲子園へ!

中部大春日丘は、秋ベスト4、春ベスト8と安定的な力を見せています。私的に、ダークホース的存在になるのではないかと予想しています。

果たして、どこの高校が優勝するのかわかりませんが、今からわくわくが止まりませんね。

「高校野球」2019年夏の甲子園愛知大会の注目選手

 

強豪東邦高校 注目選手(ドラフト候補)

強肩強打のサード。投げてはMAX144キロ 石川 昂弥 三塁手

愛知県半田市。

中日ドラゴンズJr→愛知知多ボーイズ→東邦高校

・亀崎中時代は愛知知多ボーイズでショートで中学3年の時にNOMOジャパンでロス遠征。

・ほぼ1年の春からレギュラーを獲得

・2年の春に甲子園出場したが、活躍はできなかった。

・3年の春に甲子園で投手として5勝、打者として3本塁打の活躍を果たす。

 

 

 

 

まとめ

優勝候補予想はこの5校だ

横綱 東邦高校
秋優勝      春2回戦敗退

大関 中京大中京
秋準優勝     春ベスト4

大関 中部大第一
秋2回戦敗退   春優勝

大関 愛知黎明
秋3回戦敗退  春準優勝

関脇 中部大春日丘
秋ベスト4 春ベスト8

どうでしたか

今回は私が独自で分析して出した結果なので、あなたの予想とは多少違うかもしれませんが、結構同じではないでしょうか。

野球というスポーツは弱いチームが強いチームに勝てるスポーツ。

優勝候補が無名のチームに負けるなど、他のスポーツではないことが頻繁におきます。

それがまた面白いところですね。

どこが優勝するかわかりませんが、高校野球ファンからしたら、とにかく選手が怪我無く無事終わることが一番だと思います。

ぜひ選手の皆さんは、怪我無く多くの人に熱い夏を届けてくださいね。

ちなみに、強豪揃いの愛知県を、もっと知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

以上「令和元年」高校野球2019年夏の甲子園/愛知県の出場校予想と注目選手を徹底解説でした。

ちなみに、他の県もこちらで紹介しています。

 

兼業パパブロガー☆KEN
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です