薄毛に関するブログも書いていますので、もし気になる方はご覧ください↑

プロ野球

「プロ野球」平成30年間で選んだ最強ベストナインはこの選手たちだ!理由も徹底解説。

平成が終わるこの2019年。

30年間のプロ野球の歴史の中で、最強で最高の9名を選出したいと思います。

ただ,今回はDH枠も1名加えた、10名を野球小僧の視点で発表していきたいと思います。

平成も多くの記録や記憶に残るプレーや選手が出てきました。

正直10名を選出するのは正直かなり悩みました。それでも平成の選手だけでスタメンを決めるならやはりこの10名ではないかと思い選出させて頂きました。

野球歴10年以上で全国ベスト16を経験した野球小僧が選ぶ平成のベストナインはこの選手たちだ!

平成ベストナインはこの選手だ

投手  田中将大

捕手  古田敦也

一塁手 清原和博

二塁手 山田哲人

三塁手 小笠原道大

遊撃手 松井稼頭央

左翼手 松井秀喜

中堅手 柳田悠岐

右翼手 イチロー

DH  大谷翔平

平成で選ぶ最強の9名を紹介する

投手「マー君、神の子、不思議な子」

田中将大投手 2006年東北楽天 ドラフト1位

Wikipediaより)

2018年までの成績

・NPB7年 99勝35敗防御率2.30
・MLB5年 64勝34敗防御率3.59

誰もが認める最高の投手なのは間違いありません。特に2013年の東北楽天が優勝した時の24勝0敗は伝説。

高校時代からかなりの逸材。その勢いのままプロへ入団して、11勝をあげました。

この成績と伝説を残した、田中将大投手が平成で1番の投手だと考えます。

 

 

捕手「盗塁阻止率6割越え」

古田敦也捕手 1989年東京ヤクルト ドラフト2位

AERAdotより引用)

2007年引退までの成績

・NPB18年 通算打率.294 2097安打217本塁打1009打点
通算盗塁阻止率4割6分2厘

捕手では確実に古田選手。

特に盗塁阻止率が半端ない!2018年は甲斐キャノンで騒がれましたが、盗塁阻止率は4割4分7厘。

パリーグ盗塁阻止率2018年

1            甲斐 拓也          (ソ)   .447
2            髙谷 裕亮          (ソ)   .385
3            森 友哉            (西)   .373

古田選手:1993年6割4分4厘

この数字を見ると、どれだけ盗塁を指しているかわかると思います。通算でも4割後半。

古田捕手以上の選手は平成には正直いません。

また、打撃でも2000本安打を達成するなど打線の中核をになっていました。

 

 

一塁手「無冠の帝王」

清原和博一塁手 1985年埼玉西武ライオンズ ドラフト1位

numberwebより引用)

2008年引退までの成績

・NPB22年 通算打率.272  2122安打525本塁打1530打点 

やはり平成のファーストと言えば、清原和博選手が出てきます。KKコンビで甲子園を沸かせた超絶人気の選手でした。

打っては525本塁打を放つ長距離砲。高校卒業1年目で30本塁打をかっ飛ばした逸材です。

間違いなく、平成で一番活躍した一塁手ではないかと思います。

ただ、現役引退後は薬物に手をそめ公の舞台から消えた選手です。

 

 

二塁手「ミスタートリプルスリー」

山田哲人二塁手 2010年東京ヤクルト ドラフト1位

Wikipediaより引用)

2018年までの成績

・NPB8年 通算打率.301  927安打167本塁打485打点 

トリプルスリー(3割30本30盗塁)を8年で3回もやってのけた天才打者です。

打って、走って、守れる平成だけではなく昭和を含めてのベストナインに選ばれる選手だと考えます。

まだまだ、20代とこれからどんどん記録を作る選手です。平成でも選手期間は短いですが、それ以上に圧倒的な成績を残しています。

誰もが認める天才ではないでしょうか。

 

 

三塁手「ガッツ!ガッツ!ガッツ!」

小笠原道大三塁手 1996年日本ハム ドラフト3位

日本プロ野球名球会公式HPより引用)

2015年引退までの成績

・NPB19年 通算打率.310  2120安打378本塁打1169打点 

通算打率は驚異の3割1分。首位打者を2回獲得している、バットコントロールの天才です。

サードで4回のベストナインと1度のゴールデングラブ賞を受賞しています。

一時は足の速さを買われ2番打者で活躍。バントをしない2番と恐れられた。

 

 

遊撃手「ミスター西武ライオンズ!」

松井稼頭央遊撃手 1993年埼玉西武 ドラフト3位

Wikipediaより)

2018年引退までの成績

・NPB17年通算打率.291  2090安打201本塁打837打点
・MLB7年通算打率.267 615安打32本塁打211打点

3拍子揃った史上最高のショートストップではないでしょうか。野球小僧もパワプロでは必ず松井はショートで1番。これが定番でした。

日本人内野手としても苦戦はしましたが、それなりにメジャーリーグで活躍しました

打撃、守備、走力、方を総合的に見たところ確実に平成№1遊撃手で間違いないでしょう。

2018年まで現役を続けて、2019年からは西武の2軍監督が決まりました。

今後の活躍も期待されています

 

 

左翼手「世界の松井/打撃は歴代最高峰」

松井秀喜左翼手 1992年読売巨人 ドラフト1位

Wikipediaより)

2012年引退までの成績

・NPB10年通算打率.304  1390安打332本塁打889打点
・MLB10年通算打率.282 1253安打175本塁打760打点

日本を代表するホームランアーティスト。

高校時代の甲子園5打席連続がかなり有名ですよね。ここまで活躍したので、正直明徳義塾の作戦は正しかったと思えます。

巨人では4番を務め、2002年にはシーズン50本塁打も記録。

だれもが認める天才バッターです。少し守備には不安はありますが、それをも吹き飛ばす打撃選手でベストナインに選出。

大リーグではワールドシリーズMVPを獲得するなど、世界の松井として愛される選手です。

 

中堅手「平成最後の怪物/現役最高選手」

柳田悠岐中堅手 2010年ソフトバンク ドラフト2位

Wikipediaより)

2018年までの成績

・NPB8年通算打率.320  921安打150本塁打502打点

現かなり迷いましたが、平成の怪物柳田選手を選ばせて頂きました。

打撃、守備、方、走塁と考えて時にこれほどの選手は他にはいません。打撃練習でお金がとれるのは柳田選手か大谷選手ぐらいではないでしょうか。

2015年にはトリプルスリーを獲得し、2018年には首位打者を獲得しています。

なによりすごいのが4年連続最高出塁率を獲得。これは打者としてずば抜けた数字です。

少し比較してみましょう。

・柳田悠岐:8年間通算出塁率.422
・イチロー:9年間通算出塁率.421

イチロー選手は日本での成績を使わせて頂きました。

イチロー選手とほとんど一緒の出塁率をたたき出しています。選ばないといけない選手ですね。

 

 

右翼手「日本のイチローから世界のイチロー」

イチロー(鈴木一郎)右翼手 1991年オリックス ドラフト4位

Wikipediaより)

2018年までの成績

・NPB9年通算打率.353  1278安打118本塁打529打点
・MLB18年通算打率.320  3089安打117本塁打780打点

誰もが納得する選手ではないでしょうか。

日本では7年連続首位打者として活躍。アメリカでも2回首位打者を獲得。

メジャーリーグシーズン最多安打記録262を樹立、世界でも活躍が著しいスーパースター。

今なお現役を続けています。

通算ヒット数も4000を超え、前代未聞の成績です。

たぶん歴代の選手で1番の名選手ではないでしょうか。

 

 

DH「打撃で専念なら松井越え/規格外のパワー」

大谷翔平選手 2012年北海道日本ハム ドラフト1位

 

 

J SPORTS より)

2018年までの成績

・NPB5年通算打率.286  296安打48本塁打166打点
・MLB1年通算打率.285  93安打22本塁打61打点

・NPB5年 42勝15敗防御率2.52
・MLB5年 4勝2敗防御率3.31

誰もが認める打撃センス。

外野手経験が浅い為、DHでの選択にさせて頂きました。

投手と2刀流ながらもメジャーリーグで22本塁打を打ち、大活躍をしました。この成績は松井秀喜選手にも匹敵する長打力。

いや、正直それ以上なのは間違いありません。打

席数と本塁打を比べてみましょう(松井選手はメジャーリーグ生活の中で最多本塁打を記録した2004年)

・大谷翔平:326打数 22本塁打
・松井秀樹:584打数 31本塁打

大谷選手は14打席に1本、ホームランを打つ計算になります。

松井選手は18打席で1本、ホームランを打つ計算になります。

松井選手と同じ打席数なら、40本は軽く超えてくる数字です。この選手を平成ベストナインに入れないわけにはいけあせんよね。

これから発展途上ですが、今現在の能力でも間違いなく平成でもトップ3に入る長打力、打撃力の持ち主です。

 

 

平成ベストナインでスタメン発表

1番イチローライト
2番柳田悠岐センター
3番大谷翔平DH
4番清原和博ファースト
5番松井秀樹レフト
6番山田哲人セカンド
7番小笠原道大サード
8番松井稼頭央ショート
9番古田敦也キャッチャー
先発投手田中将大ピッチャー

スタメンはこれで決まりですね。

1、2番には出塁率を重視し、イチロー選手、柳田選手を選びました。3、4、5番は長打力を重視し、ジグザグ打線。

6、7、8、9番はジグザグ打線プラス足が使える選手を交互に選出。

これで打線の厚みプラス盗塁を絡めた攻撃ができる。

これで東京オリンピックに出場できたら、面白いのにな~と感じます。まあ、ないですけどね。

ちなみに東京オリンピックのメンバー予想はこちらへ書かせてもらっています↓

まとめ

平成ベストナインはこの選手だ

投手  田中将大

捕手  古田敦也

一塁手 清原和博

二塁手 山田哲人

三塁手 小笠原道大

遊撃手 松井稼頭央

左翼手 松井秀喜

中堅手 柳田悠岐

右翼手 イチロー

DH  大谷翔平

たぶん他にも平成ベストナインはいくつものパターンがあると思います。

なので、よったらコメント欄にあなたのベストナインを教えてください。

いろんなベストナインを聞くことで、野球小僧の妄想が広がります((笑))

以上で野球小僧の平成最強ベストナインでした!

 

 

 

KEN☆野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です