偏差値UP学習方法

「驚き」高校生の塾代を年間1万円に抑える方法とは?その名はスタディサプリ!

今回のテーマは子供の塾代を安くする方法です!

子供が多ければ多いほど楽しいですが、成長するにつれて塾代が家計を圧迫します。

塾代は安く見積もって1か月約1万円程度かかります。年間12万。

正直この金額はかなりの出費になるはずです。

しかし、子供のためだと思ったら勉強をさせてあげたい。

それが、親だと思います。子供の夢を応援するのが、何よりも楽しみ!野球小僧も子供ができたので、非常にわかります。

とは言え月1万円の塾代をどうしようか・・・。

実は塾以外にも勉強を教えてくれるサービスがあるのをご存知でしょうか。

それが1か月980円で、超1流の先生に教えてくれるスタディサプリという動画勉強サービス。

980円で大丈夫なの・・・?と多分今あなたは、思われたのではないでしょうか。

その不安をこの記事で払拭させますので、ぜひご覧ください。

ちなみに、今なら14日間無料で受講できるので気になる方はやってみるのをおすすめします。

正直やらないとわからないですからね!

結論

・塾代と比較して年間10万程度安くなる

・塾や学校よりわかりやすい

・多数の名門大学への合格実績あり

 

スタディサプリ14日無料登録はこちら(高校生)

 

スタディサプリとは

スタディサプリ高校生講座から引用)

一言でいうと・・・↓

全国で選び抜かれた講師の授業を動画で勉強するサービス

運営会社はリクルートマーケーティングパートナーズが行っています。

勉強方法は、スマホやパソコンなどネットの接続ができれば、好きな場所で利用することができます。

高校講座の特徴をまとめると

・980円で動画見放題

・テキスト印刷し放題

・1動画15分で集中しやすい

・どこでも勉強できる

・追加料金なしでセンター試験対策講座など多くの講座を受けられる

「安い」スタディサプリの気になる金額は

スタディサプリ高校生講座から引用)

高校講座の場合2種類のコースがあります。

簡単に説明すると、

合格特訓コースは、専属のコーチが付き学習プランを考えてくれる
ベーシックコースは、授業のみ受講できる

ただ、年間1万円に抑えようとする場合はベーシックコース1択ですね。

もちろん専属のコーチがついて勉強できるほうが確実に偏差値は上がりますが、個人的意見としては、ベーシックで問題ないです。

なぜなら、教師の経験上高校生ぐらいになると勉強を自らやろうとする子は、自己管理ができます。

塾代と比較してみた

まずは、一般的な塾の金額を見ていきましょう!

JS日本の学校 塾情報より引用)

やはり平均で年間10万円程度かかるのがわかりますね。

もちろん塾には対面で勉強できる価値がありますが、金額は比べ物にならないぐらい高いのがわかります。

とは言え、本当に月額980円で大丈夫なの?と不安があると思いますので、まずはその不安を取り除いていきましょう。

名門大学への合格実績を紹介

スタディサプリHPより引用)

もちろん、このほかの名門大学への合格者も多く輩出しています。

このように多くの合格実績を上げている今注目されているアプリです。

考えてみてください。

980円で志望大学へ合格できるなら、最高ではないですか。年間で計算しても1万円程度。

「口コミ」体験者の評価を知ろう

まさかのわかりやすて学校の先生がいらない?口コミまとめ

 

学校の授業が本当にいらないぐらい、わかりやすいと評判になっています。たしかにこれはわかります。

教員は教え方が上手な先生もいれば下手な先生もいます。しかも一度採用試験に合格すればクビになることはない。

しかし、スタディサプリの先生は視聴者からわかりにくいと言われれば、簡単にクビになります。そのため一流の講師が、誰よりもわかりやすく教えてくれます。

この危機感の違いは、授業にかなり影響があると考えます。

スタディサプリのメリット紹介

メリット①動画で繰り返し勉強できる

動画なので繰り返し勉強ができる。

塾の場合一度聞いた授業は、繰り返ししてくれませんよね。

でもスタディサプリの場合は動画なので、いつでもどこでも繰り返し苦手な部分を復習することができます。

しかも契約している期間は無限と見ることができるんです。

時間は15分。

あなたのお子様でも集中が続きそうではないですか?

メリット②家で学習できる

これは非常にありがたいのではないでしょうか。

特に塾の送り迎えや女の子のお子様をお持ちの家庭では、かなり楽にそして安心できます。

まず、送り迎えがなくなるといくことは、あなた自身の送り迎えの時間がなくなる。

また、塾は終わりが20時や21時など夜遅くまで行われます。

そのたびに、ちゃんと家に帰ってきてくれるのかという心配がなくなります。

正直この2つはかなりのメリット。

お子様が事故や事件に巻き込まれる心配がなくなりましたね。

メリット③無料お試し期間が14日ある

これはクレジットカードを持っていないといけませんが、14日間のお試し期間がついています。

どんなものか手軽にできます。

迷っているならやってみるのが一番ですよ。

子供が全然やらなかったら期間中にやめれば、あなたにマイナスはありません。

とは言え「登録がめんどくさいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、誰でも5分程度で登録できるようになっています。

一度ためしてみて損はないと思います。

スタディサプリのデメリット紹介

デメリット①勉強のやる気は子供次第

もちろんデメリットがあり、塾へ行けばいやでも勉強をしなくてはいけません。

ただ、家での学習となると、誰からも勉強している姿を見られていないのでさぼる可能性が高くなります。

なので、この対処方法としては親御さんがしっかり子供とコミュニケーションを取りながら一緒に勉強するという気持ちが大事になってきます。

「すごいね!」「できたね!」「よくやった!」など子供のモチベーションを上げる努力をして下さい!

もちろん、そんなことしなくてもいい子供はたくさんいますので、あなたの子供の性格と相談しながら進めていくようにしてください。

デメリット②学習状況がわかりにくい

塾の場合ですと、塾での課題やノートを見ればわかります。

しかし、家で動画学習の場合スマホを見ているけど勉強しているかわからない。

勝手にスマホを見るわけにもいかない・・・。

でも安心してください。

こっそり子供の学習時間を確認する機能も、スタディサプリにはついています。

どれだけの進捗状況かなど、あなたのスマホからわかります

これで、子供が勉強しているかどうかを把握することができます。

デメリット③直接質問できない

塾の場合だと、タイムリーに直接質問が出来ることが利点。

その点動画学習の場合だと、直接質問できないのが痛いところです。

とは言えこのご時世検索すれば、ほとんどの答えはネットの中にあります。

なので、わからないところは検索して問題を解くなどできます。

ちなみに検索するという能力を身につければ、自己解決能力ものみにつきますので、一石二鳥です。

直接質問できないのは、そこまでのデメリットにはならないと考えます。

元教師経験がある野球小僧が試した結果

野球小僧は、ベーシック(14日間の無料)を活用させて頂きました。驚くほど、動画もしっかりできていました。短時間で、非常にわかりやすい。

どうしても、大人数の場合私語や余談などで時間をロスしてしまいます。そんな無駄な時間が1秒たりともありません。時間を有効活用できます。

しかもテキストもPDFで印刷して、活用し放題なので何度でも同じ教材を勉強できます。

無料14日間で感じたことは、野球小僧の子供には塾でやるより、スタディサプリから勉強を始めさせて行こうと思いました。

もちろん塾との併用もおすすめですね!

まとめ

結論

・塾代と比較して年間10万以上安くなる

・塾や学校よりわかりやすい

・多数の名門進学校への合格実績あり

合格までの流れ

まずはベーシックの無料トライアルをするべし(クレジットカード必須)

子供と相談して、どのプランで行く考えるべし

スタディサプリを活用して志望大学に合格

もっと詳しくメリットデメリットを知りたい方はこちら↓

安いから、怪しい時代は終わりました。高いからいい!安いから悪い!ではなく、その会社がどのように低価格で提供しているかを考えてください。

一般的な学習塾の場合は、人件費がかなり経営を圧迫します。しかも、教えれても30名程度。だから高いんです。

しかし、スタディアプリは一人の先生が動画を通して、何万人もの生徒を教えることができます。これが安さの秘訣。

年間の塾代も安くなるし、子供の勉強している姿も家で確認できる。この方法をとらないてはないと思います。

あなたのお子様にとって有益な情報だったら何よりです。「合格」の2文字を980円で勝ち取れるのは、スタディサプリしかありません。

 

スタディサプリ14日無料登録はこちら(高校生)

 

 

 

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です