高校野球

「簡単」夏の甲子園の入場料(金額)が変更!わかりやすく解説!

夏の高校野球甲子園大会の入場料が変更されました!

今までの金額ではなくなり、困っている人はいるのではないでしょうか。

「そういえば、今までは外野席は無料で入れたけど、今回の改訂で値段ってどうなったの?」と頭を悩ませている方が沢山いると思います。

しかし、もう安心してください。その疑問解決します!

値段から切符の種類など初めて夏の高校野球甲子園大会へ行かれる方までわかるように、解説していきます!

 

入場券値段

2018年(100回大会)新料金 改定前
中央特別指定席2800円(指定席)2000円(自由席)
1・3塁特別自由席 (大人)2000円1500円
1・3塁特別自由席 (子供)800円600円
アルプス席(応援団がいるとこ)800円600円
外野自由席(大人)500円 無料
外野自由席(子ども)100円 無料

(こども料金は4歳以上・小学生以下)

入場料金とは別に、WEBサイトでの申し込み・発券には所定の手数料が必要です。

中央特別指定席(バックネット裏)

なんと2018年夏の甲子園よりバックネット裏は完全指定席になりました。

また金額が2800円になりました。

今までは凄い人で、大変なことになっていましたが、これで少しは解消されると思います。

ただ、チケットの転売が横行しそうで非常に怖いです。現状でも、当日入場できなかった人に高値で売りさばくダフ屋(転売者)がめちゃくちゃいます。何かいい対策はないのかな・・・。

すべて前売り完全指定席

※すべて完全前売り指定席で売られます。

以前の様に当日球場前の窓口で売られません。(ただし、単日券については、空席がある場合のみ当日の正午までなら購入が可能です)

間違えるのはここだと思います!

今までは、当日始発に乗り甲子園に行って券を並んで購入するのが一般的だったのが、バックネット裏は当日売られないので間違えないでください!

空席があれば、購入できると書きましたが、ほぼないと思っていてください。

横並びの席が購入できるの?

※個別の座席番号は選ぶことができないが、単日券は五つのエリアから希望するエリアを選択できる。

単日券は5枚まで購入でき、横の席で並べない場合は確認のメッセージが出ます。

WEBで申し込み後、店舗の端末機で発券される際、座席番号が記載される。端末機を直接操作し発券することもできるそうです。

ここに関しては今年が初めてなので、どんな感じになるかは不明です。しかし、家族や友人と横並びに取れない場合は確認メッセージが出るそうなので、安心ですね!

教えて、発売開始時期

発売開始は、単日券が7月中旬ごろの予定。朝日新聞紙上やバーチャル高校野球、日本高等学校野球連盟のHPで6月中旬ごろ、発売開始日を知らせる。

 

一・三塁特別自由席

※従来通り購入ができます。変更点は金額のみです。(大人が2000円・子ども800円になりました。)

 

アルプス席(応援団がいる場所)

※従来通り購入ができます。変更点は金額のみです。(一律800円になりました。)

 

外野自由席

※2018年夏の甲子園より有料化になりました。(大人が500円・子どもが100円になりました。)

 

購入方法と座席図

当日券

※当日券は阪神甲子園球場 入場券発売窓口で購入できます。

※一人につき5枚まで購入することができます

 

前売り券について

チケットぴあ、ローソンチケットのWEBサイトや、ローソン、セブン・イレブンの端末機を使い、店舗にて購入できますのでよろしくお願いします。

※準決勝と決勝はありません。(購入は約1か月前程度から)

しかし、それまでの試合は予約ができるので必ず前売り券を買うようにしてください。野球小僧のように県外から甲子園にきて、入場できないこともありますので。

 

当日券払い戻しについて

※一度買った入場券については、第1試合が成立しなかった場合を除き、払い戻しはないので注意してください。

※第1試合成立後、降雨等で以降の試合が中止となった場合、入場券の払い戻しは行いません(翌日以降も無効となります)。

第1試合が降雨等で成立せず、以降の試合も中止となった場合、その日の入場券は翌日有効できます。
ただ次の日はいけれない場合は、払い戻しが当日のみ、阪神甲子園球場窓口で払い戻しをしてくれます!

※当日券は最終試合の4回終了まで球場窓口で発売しています。最終試合の5回からは大会本部窓口で発売していますので、ご注意ください。

まとめると

・第1試合が成立したら、払い戻しはできない。

・第1試合が成立せず、以降の試合も中止なら次の日使うこともできるし、払い戻しも中止当日なら窓口でできる。

・最終試合4回までは球場窓口で購入できる。5回以降は大会本部窓口で購入できる。

 

前売り券、指定席払い戻しについて

基本当日券と同じです。だた、当日の払い戻しができないのでご確認お願いします。

※一度買った入場券については、第1試合が成立しなかった場合を除き、払い戻しはないので注意してください。

※第1試合成立後、降雨等で以降の試合が中止となった場合、入場券の払い戻しは行いません(翌日以降も無効となります)。

・第1試合が成立しなかった場合は、中止翌日から8月末まで前売り券の購入店舗で払い戻しをするので、中止当日の球場窓口での払い戻しはできません。

 

まとめ

変更点をまとめます。

ここにタイトルを入力

・金額が値上げ

・外野が有料になる

・バックネット裏が完全予約制

基本はこの3つが変わったと思っていたら大丈夫です。

ただ、バックネット裏が完全予約になったり、外野が有料化されたぐらいで混雑が解消されるのかと言われたら、野球小僧は解消されないと思います。

ポイントは外野の当日券をどこで売るかだと思います。

以上今回甲子園でも変更点でした!

 

 

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です