関東で高校野球をするなら

「高校野球」神奈川県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい!そのおすすめ理由も解説

高校で甲子園を目指したいけど、どこへ行けばいいかわからない~

おそらく、高校野球をするぞ!と決めても、どこの県で、どこの高校で甲子園を目指そうか迷っているのではないでしょうか。

実は、神奈川県は私がおすすめする3つへ行けば、限りなく甲子園に近くなります。

実際に、私は、10年以上野球経験があり、高校では硬式野球部キャプテン、大学では全国大会ベスト16を果たしているKENが解説します。

もし、あなたが、どこの高校を目指そうか迷っているなら、ぜひこの記事を読み込んでください。

そうすれば、必ず、あなたが進みたい高校が見つかるはずです。

【結論】神奈川県で進学するならこの3つだ

横浜高校・慶応義塾高校・桐蔭学園高校

この3つに進学すれば、甲子園に出場する確率が、かなり高くなります。

なぜなら、それだけの実績があるからです。

近県の強豪高校もチェック

目次

「高校野球」神奈川県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい①横浜高校(私立)

【神奈川の強豪】横浜高校野球部を解説

・野球部について

松坂大輔(中日ドラゴンズ)、涌井秀章(ロッテ)、筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)らプロで活躍するOBも多い全国屈指の名門校。学校は2020年に共学化。さまざまな”変化”によって、名門は変わるのか変わらないのか。今後に注目が集まる。(全国高校野球大図鑑2018より引用)

高校野球界の横綱ともいっていい学校です。平成の怪物松坂大輔を擁して春夏連覇をしたのも記憶に新しいと思います。

特に凄いのが、プロへ行った選手が高い確率で活躍することです。ほとんどの選手が1軍で試合にでている選手ばかりです。

日本の4番筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)、天性のバットコントロール近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)、千葉の鉄腕涌井秀章(埼玉西武ライオンズ→千葉ロッテマリーンズ)など、野球ファンでこのメンツを聞いたことがいない選手はいません。

また松坂世代ではプロへ4名も進んでいます。しかも2018年現在、現役選手が2名(松坂、後藤)です。これは凄いことです!単純な計算をしても、2名とも38歳です。

なぜ凄いかというと・・・

プロ野球選手の平均選手寿命は約9年、平均引退年齢は約29歳。(出典 https://www.excite.co.jp)

プロの世界の平均寿命が9年で平均引退年齢が29歳です。そう考えると、高校の同級生が2名38歳までプレーするのは考えられないことです。

【強豪】横浜高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(16回)23勝13敗
夏(18回)35勝16敗
合計58勝29敗

・甲子園の最高成績は(春優勝3回、夏優勝2回)

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

1998年度卒
小池正晃(横浜ベイスターズ→中日ドラゴンズ→横浜DeNAベイスターズ)
小山良男(中日ドラゴンズ)
後藤武敏(埼玉西武ライオンズ→横浜DeNAベイスターズ ドラフト1位(自由枠)
松坂大輔(西武ライオンズ→ボストン・レッドソックス→ニューヨーク・メッツ→福岡ソフトバンクホークス→中日ドラゴンズ ドラフト1位) – 史上5校目の春夏連覇優勝投手

2003年度卒
荒波翔(横浜DeNAベイスターズ)
成瀬善久(千葉ロッテマリーンズ→東京ヤクルトスワローズ)

2004年度卒
石川雄洋(横浜DeNAベイスターズ)
涌井秀章(埼玉西武ライオンズ→千葉ロッテマリーンズ ドラフト1位)

2006年度卒
佐藤賢治(千葉ロッテマリーンズ→北海道日本ハムファイターズ)
下水流昂(広島東洋カープ)
西嶋一記(ロサンゼルス・ドジャースマイナー→熊本ゴールデンラークス→富士重工業硬式野球部)
福田永将(中日ドラゴンズ)

2007年度卒
高濱卓也(阪神タイガース→千葉ロッテマリーンズ ドラフト1位)

2008年度卒
土屋健二(北海道日本ハムファイターズ→横浜DeNAベイスターズ)
倉本寿彦(横浜DeNAベイスターズ)

2009年度卒
筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ ドラフト1位)

2011年度卒
近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)
乙坂智(横浜DeNAベイスターズ)

2012年度卒
田原啓吾(読売ジャイアンツ)
柳裕也(中日ドラゴンズ)

2014年度卒
淺間大基(北海道日本ハムファイターズ)
高濱祐仁(北海道日本ハムファイターズ)

2016年度卒
藤平尚真 (東北楽天ゴールデンイーグルス ドラフト1位)

2018年度卒
万波中正(北海道日本ハム ドラフト4位)

2019年卒

及川 雅貴(阪神タイガース ドラフト3位)

全国でも有数のプロ予備軍。

ほぼ2年に1人はプロの世界へ進んでいます。2018年も1名プロの世界へ進みました。

2018年ドラフト指名選手 【日本ハム4位】

潜在能力抜群/横浜では1年春からスタメンを勝ち取る天才 万波中正外野手

numberwebより引用)

 

経歴

190cm88kg 右右、
東練馬シニア→横浜高校

1年春から横浜高校で試合に出場。その後は順調に実績を上げて、通算53本塁打。甲子園には2度出場を果たしている。

・スケールが大きく、いわば将来性を買われて指名された逸材。粗い部分はあるが、育成次第では化ける可能性あり。

・特に育成がうまい日本ハムに指名されたことが何よりも、万波選手のプラスに働いている。

 

2019年ドラフト指名 【阪神3位】

高校№1左腕関東のドクターK MAX153㌔ 及川 雅貴 横浜(神奈川県)

ベースボールオンラインより)

経歴

183cm74kg 左左
千葉ロッテジュニア→匝瑳シニア(日本代表)→横浜高校

・中学時代はU15で日本代表入り。TV番組で中学時代平田(中日)から空振り三振を奪う。

・1年生から登板機会に恵まれ活躍。2年の春に152㌔をマーク。その後2年の11月に153㌔をマークしプロから大注目される。

左の投手でここまでの球速を出せるのは、及川投手のみ。確実に1位で消える逸材。

 

ちなみに2019年のドラフト1位候補はこちらに記載させてもらっています↓

部員数・練習時間

部員数(2019年春の選抜甲子園時)

3年生 19名

2年生 23名

マネージャー0名

合計部員数42名

これを考えると、1学年20名程度しか野球部に入れないようになっています。

入部するにはかなり活躍が中学時代必要です。

また、レギュラーのうち5名が2年生と下級生に力があるチームです。

練習時間

・平日15時~18時

・土日祝6時間程度

・週1でOFF

以外に練習時間が短いのが、正直驚きですね。

その中でも厳しい練習で、追い込み毎年のようにプロへ選手を輩出しています。

野球の環境と寮

設備に関してはやはり野球界の横綱です!

施設一覧

・専用球場

・室内練習場

・ブルペン

・選手寮(主力メンバーのみ)

横浜高校HPより引用)

ただ、グランドに関しては横浜高校長浜球場というところにあり、学校からは離れています。

野球部の寮に関しては、全員が入寮できるわけではありません。県外の選手や、主力メンバーが20名~30名程度入寮できるようになっています。

2018年話題になったのが、ドラフト指名された万波選手が主力メンバーから外れて寮を追い出されたこともありました。それぐらい厳しい世界になっています。(万波中正プロフィール

また、寮には栄養士の先生が料理を作ってくれるので、栄養面で心配はありません。

【強豪横浜高校】偏差値

偏差値

偏差値41~53

みんなの高校情報より)

卒業進学

日本体育大学・日本大学・桐蔭横浜大学・法政大学・明治大学・関東学院大学・立教大学・立正大学・国際武道大学・東京農業大学・拓殖大学など

「高校野球」神奈川県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい②慶応義塾高校(私立)

【神奈川県の強豪】慶応義塾高校を解説

・野球部について

「塾高」の名で知られる名門校。来年で(2018年)で慶応義塾創立160年、慶応義塾高校創立70年を迎える。スローガンは「エンジョイ・ベースボール」。苦しく厳しい練習の先に、喜びが待っている。大人にすべて指示されるのではなく、選手自らが主体的に動いていく。(全国高校野球大図鑑2018年より引用)

神奈川県は横浜高校と東海大相模の2強では?と思われた方もいると思います。たしかにこの2強なのは間違いありません。

それなら何故東海大相模ではなく、慶応義塾高校を選んだかといいますと、やはりエスカレーター式で大学へ入学することができることです。

野球も大事ですが、学業も大事です。野球を引退した後を考えた時に神奈川県で一番オススメできるのが慶応義塾高校です。

もちろん学業もですが、2018年春、夏ともに甲子園に出場しています。慶応に入学するれば文武両道は間違いなくできます。

野球だけではなく、学業も頑張りたい選手にぜひおすすめしたい高校です。

【強豪】慶應義塾高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(9回)5勝6敗
夏(18回)14勝12敗
合計19勝18敗

・甲子園の最高成績は(夏優勝1回)

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・佐藤友亮 (西武ライオンズ選手 2000年ドラフト4位)

・白村明弘 (北海道日本ハムファイターズ投手 2013年ドラフト6位)

・山本泰寛 (読売ジャイアンツ内野手 2015年ドラフト5位)

・加藤拓也 (広島東洋カープ投手 2016年ドラフト1位)

・津留﨑大成(東北楽天 投手 2019年ドラフト3位)

・柳町 達 (福岡ソフトバンク外野手 2019年ドラフト5位)

・植田 将太 (千葉ロッテ 投手 2019年育成ドラフト2位)

部員数と練習時間

部員数(2018年甲子園時)

105名

また、強豪高校が多くいる神奈川県でコンスタントに甲子園にも出場していますので、簡単にレギュラーはとれないです。

入学して満足するのではなく、甲子園へレギュラーで出場して満足してください!

2018年夏甲子園出身地

・神奈川県=6名

・東京都=7名

・茨城県=1名

・千葉県=2名

・埼玉県=1名

・北海道=1名

県外の選手も多くいます。また慶応普通部、慶応中等部出身のメンバーは4名のみです。

これを見てわかるように、高校から慶応義塾へ入学した選手がほとんどです。

練習時間

・火~金 ~18:00、

・土曜日 11:00~18:00、

・日曜日 11:00~18:00

野球の環境と寮

施設一覧

・専用球場

・室内練習場

・トレーニングルーム

Field of Dreamsより参照)

室内練習場は、バッティング練習が出来るなどかなり環境はいいです。

ブルペンは1塁と3塁にあり、4名が同時に投球練習ができます。

また1塁ブルペンには屋根が付いていますので、雨天でも投球練習ができます。

寮は慶応にはありません。そのかわりに民間の学生寮で暮らしています。野球部の寮ではないので、そこまで息苦しい環境ではないです。

ちなみに民間の学生寮もお金が掛かりますが、部費として毎月6000円徴収されますので覚悟していてください。

【強豪慶応義塾】偏差値

偏差値

偏差値76

みんなの高校情報より)

本校の入試制度は大きく分けて2つあります。一般入試と推薦入試です。もちろん、誰でも入れる簡単な試験ではありませんが、準備や対策を早めにしておけばチャンスは充分あります。

不安は先輩たちにもありました。一番大切なのは本人の「やる気」です。さあ、チャレンジしてみましょう!

平成15年度から導入された本校の推薦入試は、いわゆる「スポーツ推薦」ではなく、なんら特待はありません。(慶応義塾高校野球部HPより)

慶応義塾高校は野球推薦がありません。偏差値も75と相当高い部類に入ります。HPでは勉強すれば誰でもチャンスがあると書いていますが、相当な努力が必要だと思います。

ましてや中学野球をバリバリやっている場合は塾にも通えないし、勉強する時間もあまりないと思います。

しかし、そんなのを理由にしていたら慶応義塾高校には入学できません。必ず勉強するようにしてください。

卒業進路

慶応義塾大学(ある程度勉強をすれば入学できます。)

「高校野球」神奈川県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい③桐蔭学園(私立)

【神奈川県の強豪】桐蔭学園高校を解説

2年に1人程度プロへ輩出している名門高校です。プロで活躍している選手は、茂木選手や鈴木大地選手ですね。

過去には2018年まで読売巨人の監督をしてた、高橋由伸選手も卒業生です。

【強豪】桐蔭学園高校の甲子園成績

甲子園成績勝ち負け
春(6回)4勝6敗
夏(6回)12勝5敗
合計16勝11敗

・甲子園最高成績夏優勝

バーチャル高校野球を参考)

主なプロ野球選手(元を含む)

・鈴木大地(千葉ロッテマリーンズ 2011年ドラフト3位)

・井領雅貴(中日ドラゴンズ 2014年ドラフト6位)

・茂木栄五郎(東北楽天 2015年ドラフト3位)

・齊藤大将(埼玉西武ライオンズ 2017年ドラフト1位)

・若林晃弘(読売ジャイアンツ 2018年ドラフト6位 )

・森 敬斗(横浜DeNA 2019年ドラフト1位)

今活躍されているのは、鈴木大地選手や、茂木選手です。

この2人はチームの中心選手になっているぐらいの実力派。

このような選手が輩出されるのも桐蔭学園の魅力です。2019年ドラフト1位森君も注目。

部員数と練習時間

部員数(2019年春の選抜甲子園時

新3年 25名

新2年 25名

マネージャー1名

部員合計数51名

1学年25名と多くの部員が所属しています。全国から集まってくる名門高校です。

練習時間

・平日 16:30~19:30

・土曜日 13:30~19:00

・日曜日(夏)12:30~19:00

・日曜日(冬) 9:00~18:00

野球の環境&華麗なランニングとノック

ここにボックスタイトルを入力

・専用球場

尚友寮・清風寮(男子寮)


野球場は最近リニューアルされました。

なのでかなり綺麗な球場となっています。

また寮は4人部屋で過ごすようになっています。野球部の顧問が寮にいますので、自由はあまり期待しない方がいいでしょう。

【強豪桐蔭学園】偏差値

偏差値

神奈川県内32位=偏差値65

かなり偏差値が高く、必ず勉強が必要になってきます。

必ず勉強と野球を両立するようにしてください。

卒業進路

青山学院大学・東洋大学・慶応大学・立教大学・日本体育大学・法政大学・明治大学など

強豪高校へ進学するために必要なこと

忙しい部活の間に勉強して偏差値を上げること

進学するには、勉強が必要になってきます。

なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。基本的には入学試験を受けて、入学します。

特に強豪高校の場合、推薦入学者は全国でも名の知れた逸材ばかりです。そこにあなたが選ばれればいいですが、正直難しいですよね。

そこで入学するには、必ず勉強が必要になってきます。

ただ勉強をする時間が正直取れないですよね。平日も土日祝も部活、部活の毎日で塾にも通えないし、一人で勉強するのもモチベーションが上がらないですよね。

でも安心してください。

時間がない、部活が忙しいあなたへ解決策は全て下記の記事に書いています。ぜひご覧ください。

まずは、泥臭く野球もそうですが勉強もしてください。強豪高校で甲子園を目指したいけど、偏差値が高い・・・。

勉強してください。やってダメならそれはそれ、まずは苦手な勉強にもチャレンジするこころが必要ですよ。

野球のレベルアップすること

まずは強豪高校で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。

なぜなら、大阪桐蔭のように限られた人数しか入部できない高校や、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。

例えば同級生の部員が10名程度の弱小高校へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。

しかし、強豪高校の場合同級生が30名~40名います。その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても18名です。残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。(甲子園のベンチ入りで計算)

もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。

だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。

野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。下記の記事に紹介をさせて頂いています。よかったらどうぞ。

【神奈川県】野球の強豪へ進学して、甲子園を目指しましょう!

【結論】神奈川県で進学するならこの3つだ

横浜高校・慶応義塾高校・桐蔭学園高校

歴代夏の甲子園出場高校

高校名成績
2014年東海大相模高校2回戦敗退
2015年東海大相模高校優勝
2016年横浜高校1回戦敗退
2017年横浜高校2回戦敗退
2018年慶応義塾高校2回戦敗退
2018年横浜高校3回戦敗退
2019年東海大相模3回戦敗退

○○へ行けば必ず甲子園に出場できる!わけではありません。しかし、できるだけ甲子園に出場したいのであれば、今回紹介した3校へ進学をオススメします。

設備は私立に勝てないですが、公立でも甲子園へは行けます。

ただプロ野球選手になりたい!と断固たる夢を持っているのであれば、環境は大事なので私立をおすすめします。

最後に、高校を選ぶ時は、しっかり調べて高校へ入学するようにしてください。

監督が変わった途端に強くなったり、弱くなったりしますので、特に監督情報を耳に入れるようにしてください。

勝つのも必要ですが、人間教育も大事な要素です。しっかり自分の将来を考えて決めてくださいね。

近県の強豪高校もチェック

参考文献として以下の本を参考にさせていただきました。もっと高校野球を詳しく知りたい人は、購入を考えてみてください。

 

2020年春の甲子園が待ち遠しい!下記の記事も読んでね。

 

KEN☆兼業パパ野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です