薄毛に関するブログも書いていますので、もし気になる方はご覧ください↑

高校野球

「高校野球」2019年度強豪大阪桐蔭野球部の新入生が凄すぎる件を解説

2019年の大阪桐蔭新入部員を紹介します。

レベルが高すぎて驚愕です。

2019年度新入生一覧

投手 ・関戸康介(明徳義塾中)高知県

・竹中勇登(倉敷ビガーズ)岡山県

・樋上楓太(湖南ボーイズ)神奈川県

・松浦慶斗(旭川大雪ボーイズ)北海道

捕手 ・池陵真(忠岡ボーイズ)大阪府

   ・坂玲哉(湖南ボーイズ)神奈川県

・山本颯大(河南リトルシニア)大阪府

内野手・石川雄大(忠岡ボーイズ)大阪府

   ・宮下隼輔(東海中央ボーイズ)愛知県

   ・前田建伸(山口東シニア)山口県

   ・中森暁大(池田ボーイズ)大阪府

・小谷太誠(鳥取中央シニア)鳥取県

外野手・野間翔一朗(山口東シニア)山口県

   ・花田旭(西淀ボーイズ)大阪府

   ・藤原夏暉(和泉ボーイズ)大阪府

   ・藤田翔太(神戸中央シニア)兵庫県

   ・山下来球(大淀ボーイズ)大阪府

 

目次

2019年大阪桐蔭高校新入部員を紹介

2019年大阪桐蔭高校新入部員 投手

2019年大阪桐蔭新入部員:関戸康介(明徳義塾中)

経歴

ソフトバンクホークスジュニア→明徳義塾中→大阪桐蔭高校

投げては最速146㌔マーク。打ってはスタンド上段に叩き込むパンチ力の持ち主。

いわゆる大谷選手のような二刀流。なんとメジャーリーグからも注目されていた。

 

2019年大阪桐蔭新入部員:竹中勇登(倉敷ビガーズ)

経歴

倉敷ビガーズ(金光中学)→大阪桐蔭高校

U-15日本代表

岡山では同じクラブチーム出身の広島在籍野村祐輔投手以来の逸材と言われている。

投げては最速140㌔をマーク。

 

2019年大阪桐蔭新入部員:樋上楓太(湖南ボーイズ)

経歴

湖南ボーイズ(野州市立中主中)→大阪桐蔭高校

中学1年生の時点で、120㌔以上を投げる怪物。U-15日本代表最速143㌔。硬式野球出身で最速。

ビートたけしのスポーツ大賞にも出演している。

― 最速137キロとのことですが中学に入ったときのマックスは何キロでしたか?

樋上 1年生のときの大会で122キロだったと思います。

―― 15キロアップした要因は何だと思いますか?

樋上 体重が増えたことと、走り込んで、動けて重い体を作ったことが大きかったと思います。(高校野球ドットコムより引用)

上記の記事は2018年の5月時点の球速が掛かれています。

今現在は143㌔と言うことなので、かなりスピードアップしています。

 

2019年大阪桐蔭新入部員:松浦慶斗(旭川大雪ボーイズ)

経歴

日本ハムファイターズジュニア→旭川大雪ボーイズ→大阪桐蔭高校

U-12カルリプケン日本代表。左から繰り出す最速138㌔が持ち味。

上背もあり、これからさらに伸びる予感しかしない。

将来的には2018年巨人ドラフト4位横川投手のようになってほしい。

ちなみに松浦選手の母親の妹の次男は福岡ソフトバンクホークス2016年ドラフト2位古谷優人選手です。

血縁もすごい!!

2019年大阪桐蔭高校新入部員「捕手」

2019年大阪桐蔭新入部員:池田陵真(忠岡ボーイズ)

経歴

オリックスjr→忠岡ボーイズ(和泉市立和泉中)→大阪桐蔭高校

U-15日本代表の4番、体格は小柄だが、打撃センスはピカ一。

大阪桐蔭で例えるなら、右の西武森選手をイメージしたらしっくりくる。

日本代表でも主将を務めた人間性も抜群。

池田陵真(りょうま)(忠岡ボーイズ:和泉中3年)

(1)ポジション、(2)好きな食べ物、(3)好きなタレント、(4)目標としているプロ野球選手を聞いてみました。

(1)キャッチャー

(2)ドーナツ

(3)山本舞香

(4)アルトゥーべ

侍ジャパンで活躍する!

第4回WBSCU-15

ベースボールワールドカップ4位(主将)

和泉市マイ広報誌より引用)

 

2019年大阪桐蔭新入部員:坂玲哉(湖南ボーイズ)

※14秒から坂選手の紹介があります。

経歴

湖南ボーイズ(甲賀市立水口中)→大阪桐蔭高校

U15日本代表、強肩が持ち味の捕手。

なんと中学時代に2塁までの送球が2秒を切る逸材。プロでも、2秒を切れば一流と言われている中で中学生時代にそのレベルは驚異でしかない。

プロが甲斐キャノンなら、坂選手は坂バズーカですかね。

その坂捕手は鉄砲肩に加え、一発の魅力を持つ右のスラッガー。シート打撃ではデッドボールを受けたが、まるで痛がる素振りを見せなかった。筋力だけでなく、身体の芯が強いのだろう。(NEWSポストより引用)

打撃も期待でき、体も丈夫なのがわかりますね。

2019年大阪桐蔭新入部員:山本颯大(河南リトルシニア)

経歴

河南リトルシニア→大阪桐蔭高校

中学3年生の時に全国大会へ出場経験あり。

 

2019年大阪桐蔭高校新入部員「内野手」

2019年大阪桐蔭新入部員:石川雄大(忠岡ボーイズ)

経歴

忠岡ボーイズ→大阪桐蔭高校

あまり情報がないので、これからの活躍に期待です。

ちなみに中学時代は、遊撃手。

 

2019年大阪桐蔭新入部員:宮下隼輔(東海中央ボーイズ)

経歴

東海中央ボーイズ→大阪桐蔭高校

ボーイズリーグ世界少年野球大会の本代表の4番。ドラゴンズジュニアから注目される長距離砲。

秀才型サウスポー荒井駿也投手(最速140㌔左腕)が下記のように答えています。

ここからは世界少年野球大会について伺っていきたいと思います。まずチームメイトで印象に残った選手はいますか。

荒井 東海中央ボーイズの宮下隼輔が残っています。タイミングの取り方がすり足で、その時すり足って良いなと思いました。宮下が凄く打っていて、タイミングの捉え方などを見て自分も真似してみようと思い、すり足にしました。(高校野球ドットコムより引用)

 

2019年大阪桐蔭新入部員:前田建伸(山口東シニア)

経歴

山口東シニア→大阪桐蔭高校

シニア関西ジャパンMVP。中学通算本塁打は30本以上。

「前田健伸」という名前を聞いて、ピンときた方もいるのではないだろうか。そう、テレビ朝日「ビートたけしのスポーツ大将」に出演し、中学生最強スラッガーとして桑田真澄さんや谷繁元信さんと対戦した、あの前田健伸選手である。(高校野球ドットコムより引用)

左の強打者として、大阪桐蔭将来の4番候補が入学します。

 

2019年大阪桐蔭新入部員:中森暁大(池田ボーイズ)

経歴

池田ボーイズ→大阪桐蔭高校

あまり情報がないので、これからの活躍に期待です。

ちなみに中学時代は、遊撃手。

2019年大阪桐蔭新入部員:小谷太誠(鳥取中央リトルシニア)

経歴

鳥取中央リトルシニア→大阪桐蔭高校

あまり情報はないですが、鳥取では有名な選手らしいです。

2019年大阪桐蔭高校新入部員:外野手

2019年大阪桐蔭新入部員:野間翔一朗(山口東シニア)

経歴

山口東シニア→大阪桐蔭高校

強肩強打の選手。2018年にドラフト1位で千葉ロッテと被る逸材

山口東リトルシニアではトップバッターを務めていた野間選手だが、そのスペックは驚くべきものだ。中学通算本塁打は20本に達し、50メートルは6秒を切る。また守備範囲も広く、ここぞという場面では強肩も見せつける。

まさに、走攻守すべてにおいて中学野球トップレベルといえる野間選手だが、その姿を見れば見るほど一人のプロ野球選手の姿を彷彿とさせてしまう。(高校野球ドットコムより引用)

 

2019年大阪桐蔭新入部員:花田旭(西淀ボーイズ)

※1分49秒から花田選手の打撃です。

経歴

西淀ボーイズ→大阪桐蔭高校

U-15日本代表1番打者。天性の打撃センスと守備で大阪桐蔭でも活躍は確実。

日本代表の試合では、台湾の逸材左腕最速139㌔から2打点の活躍で、一気に評価が上がった。

1番中堅の花田旭外野手(西淀ボーイズ)が3安打2打点の活躍。チームが相手左腕のリン・ユーミン投手を打ちあぐねる中、花田はリンからチーム唯一の2安打。大会規定で投手が1試合で投げられるのは95球までとなっており、5回まででリンを交代させる影の立役者となった。(FULL-Countより引用)

身長も180㎝以上と今後の成長も見ものですね。

 

2019年大阪桐蔭新入部員:藤田翔太(神戸中央シニア)

経歴

神戸中央シニア→大阪桐蔭高校

シニア関西ジャパンの3番打者。

・2017年ジャイアンツカップベスト8

・2018年リトルシニア全国選抜大会準優勝

 

2019年大阪桐蔭新入部員:藤原夏暉 (和泉ボーイズ)

※1分08秒から藤原選手の打撃です。

経歴

和泉ボーイズ→大阪桐蔭高校

ボーイズリーグ少年野球日本代表。

・藤原夏暉(なつき)(大阪和泉ボーイズ:南池田中3年)

(1)ポジション、(2)好きな食べ物、(3)好きなタレント、(4)目標としているプロ野球選手を聞いてみました。

(1)センター

(2)クレープ

(3)GACKT

(4)青木宣親

侍ジャパンで活躍する!

2018世界少年野球大会2位

和泉市マイ広報誌より引用)

 

2019年大阪桐蔭新入部員:山下来球(大淀ボーイズ)

経歴

大淀ボーイズ→大阪桐蔭高校

中学生の硬式野球日本一を決める「第12回全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップ」(日本野球連盟、読売新聞社、読売巨人軍など主催)の決勝戦が17日、東京ドームで行われ、大淀ボーイズ(大阪)が、東練馬リトルシニア(東京)を2対0で下し、初優勝を飾りました。

どちらが勝っても初優勝となる決勝戦。両チーム無得点で迎えた五回、大淀ボーイズは一死三塁の場面で、7番・岸野桂大選手がスクイズを決め、待望の先制点を挙げました。

続く六回も、4番・山下来球選手の適時打でリードを広げました。(GIANTSから引用)(

全国優勝した4番打者として活躍。

また主将として、チームを支えた経験をもっています。

全国優勝の4番で主将はかなり期待できる選手ですね。

まとめ

2019年度新入生一覧

投手 ・関戸康介(明徳義塾中)高知県

・竹中勇登(倉敷ビガーズ)岡山県

・樋上楓太(湖南ボーイズ)神奈川県

・松浦慶斗(旭川大雪ボーイズ)北海道

捕手 ・池陵真(忠岡ボーイズ)大阪府

   ・坂玲哉(湖南ボーイズ)神奈川県

・山本颯大(河南リトルシニア)大阪府

内野手・石川雄大(忠岡ボーイズ)大阪府

   ・宮下隼輔(東海中央ボーイズ)愛知県

   ・前田建伸(山口東シニア)山口県

   ・中森暁大(池田ボーイズ)大阪府

・小谷太誠(鳥取中央シニア)鳥取県

外野手・野間翔一朗(山口東シニア)山口県

   ・花田旭(西淀ボーイズ)大阪府

   ・藤原夏暉(和泉ボーイズ)大阪府

   ・藤田翔太(神戸中央シニア)兵庫県

   ・山下来球(大淀ボーイズ)大阪府

間違いなく夏の甲子園予選で、この中の選手でレギュラーを獲得し出場するでしょう。

そうあってほしい。

これは私の願望も入っています。

大阪桐蔭は名門中の名門で、スカウトされないと入部できないレベルの高い高校です。この新一年生が今後どのような活躍をして、プロへ行くのが楽しみです。

この選手たちをわすれないように、夏の甲子園予選からチェック、チェックですよ!

ちなみに下記の記事で大阪桐蔭を紹介していますので、合わせて読んでください。

KEN☆野球ブロガー
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

野球小僧 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です