プロ野球

「金確実」2020年東京五輪の野球、日本代表(侍ジャパン)の選出選手とスタメンを予想!

2020年は東京オリンピックですね!

WBCでは優勝していますが、日本の野球はなぜがオリンピックになったら負けてしまいます。全大会は星野監督が率いて、残念ながら4位とメダルを逃しています。

有名なシーンと言えば、GG佐藤の落球です。今では、笑い話にしてTVにちょくちょく出ています。

日本が金メダルを獲得したのが1984年のロサンゼルスオリンピックです。それ以来の金メダルをとってもらいたいものです。

そこで、東京オリンピックに向けてあなたが一番気になるのは選出選手ではないでしょうか。

今現在活躍している選手から、将来性豊かな選手など多くの選手がプロ野球の世界にはいます。どの選手を選ぶか非常に難しいと思います。

そこで野球小僧が監督になり選手を選び、スタメンを発表したいと思います。

選手選びの方針としては、野手はスピード、投手は、実績です。

では2020年の侍ジャパン(日本代表)の選ばれる選手とスタメンを発表します。

ちなみにメジャーリーグの選手が参加できない場合の投手陣も書かせて頂きました。

侍ジャパン選出選手

(侍ジャパンHPより)

投手

所属  氏名  利き腕  タイプ
エンゼルス  大谷翔平  右上投げ  先発
カブス  ダルビッシュ有  右上投げ  中継ぎ
ドジャース  前田健太  右上投げ  中継ぎ
ヤンキース  田中将大  右上投げ  先発
巨人  菅野智久  右上投げ  先発
マリナーズ  菊池雄星  左上投げ  先発
オリックス  山本由伸  右上投げ  中継ぎ
ソフトバンク   千賀滉大   右上投げ  中継ぎ
楽天  高梨雄平  左横投げ  中継ぎ
日本ハム  宮西尚生  左横投げ  中継ぎ
DeNA  山崎泰晃  右上投げ  抑え
惜しくも落選の選手一覧

先発

・大瀬良投手(広島)広島のエース

・東投手(横浜)若き横浜のエース

抑え

・森投手(ソフトバンク)

落選理由

大瀬良投手、東投手ともに実績不足ですね。来年も同じような成績をのこせれば可能性があります。

森投手の場合は、山崎選手違いは奪三振率ですね。山崎選手が10.07にくらべ森選手は8.95です。また、狭い狭い横浜スタジアムがホームの山崎選手は森選手と同じくらいの2.7前後の防御率を残しているので、期待できます。

ちなみにメジャーリーグの選手が参加できない場合の投手陣も書かせて頂きました。

捕手

ソフトバンク  甲斐拓也  右投げ右打ち
西武  森 友哉  右投げ左打ち
巨人  小林誠司  右投げ右打ち
惜しくも落選の選手一覧

・炭谷捕手(巨人)

・大野捕手(中日)

・會澤捕手(広島)

落選理由

捕手に関しては、打てる捕手1名、守れる捕手2名が基本だと考えます。

會澤捕手は森選手と悩みましたが、打てる捕手と考えたときに野球小僧は森選手を選びました。また盗塁阻止率での會澤選手が2割4分で森選手が3割7分と1割程度高い。打てて守れるのは森選手ですね。

後は2018年の両リーグの盗塁阻止率が高い2名を選出しています。

内野手

西武  山川穂高  右投げ右打ち
西武  外崎 修汰  右投げ右打ち
DeNA  宮崎敏郎  右投げ右打ち
巨人  坂本勇人  右投げ右打ち
ヤクルト  山田哲人  右投げ右打ち
西武  源田壮亮  右投げ左打ち
惜しくも落選の選手一覧

・菊池選手(広島)守備職人

・田中選手(広島)広島の切り込み隊長

・中村選手(ロッテ)万能プレーヤー

・岡本選手(巨人)巨人の若き主砲

・中田選手(日ハム)日ハムの主砲

落選理由

菊池選手(広島)の守備は天才的。WBCでも何度も助けられたのを覚えています。

しかし、セカンドの守備を固定と考えると山田選手の方が圧倒的な数字を残しています。また、盗塁を考えた場合山田選手です。

・田中選手(広島)は坂本選手と比較しましたが、圧倒的に経験が違います。また、外野は確実に左打者が並ぶと予測され右打者を選出。

中村選手(ロッテ)はかなり迷いました。外崎選手(西武)比較した場合、ほぼ変わりない魅力がありましたが、2018年セカンドに専念したため万能プレーヤーから一歩後退。

中田選手(日ハム)は一塁を守らせると考えた時に、山川選手の方が魅力的だと感じ落選(ホームラン数(2018年の実績)

岡本選手(巨人)は、2018年かなりの活躍をしました。2019年の成績次第では山川選手に代わる1塁4番で招集される可能性あり。現時点では山川選手ですかね。

外野手

ソフトバンク  柳田悠岐  右投げ左打ち
西武  秋山翔吾  右投げ左打ち
日本ハム  西川遥輝  右投げ左打ち
巨人  丸 佳浩  右投げ左打ち
惜しくも落選の選手一覧

・筒香選手(DeNA)日本の主砲

・近藤選手(日本ハム)驚異のバットコントロール

・糸井選手(阪神)無敵のボディー

・神里選手(DeNA)神足の新人

筒香選手、近藤選手、糸井選手、神里選手は惜しくも落選です。基本的に野球小僧が監督の場合はスピードを重視しています。

筒香選手を凄く迷ったんですが、スピードにかけるので落選です。国際試合では、盗塁のできる選手を一人でも多く選出したい気持ちが野球小僧にはあります。

北京オリンピックと同じ、24名の選手を選出させていただきました。

登録選手の内訳

登録選手の内訳

・投手11名

・捕手3名

・内野手6名

・外野手4名

今回の選出で悩んだのは内野手です。今まで多くの国際大会を見てきました。そこでよく感じたのが、不慣れなポジションを守ることです。

例えば、緊急事態で守る場合はいいと思います。しかし最初の先発メンバーの時点で不慣れなポジションを守らせれるのはどうかと思います。

なので、内野手に関してはいつもシーズンで守っているポジションを、基本的には守ってもらえるような選手を集めました。

スタメン予想

ソフトバンク 柳田悠岐 9  左打ち
ヤクルト 山田哲人 4   右打ち 
巨人 丸 佳浩 DH   左打ち 
西武 山川穂高 3  右打ち
西武 森 友哉 2  左打ち
巨人 坂本勇人 6  右打ち
日本ハム 西川遥輝 7  左打ち
DeNA 宮崎敏郎 5  右打ち
西武 秋山翔吾 8  左打ち
先発  読売巨人 菅野智之
中継ぎ  ドジャース 前田健太
中継ぎ 楽天 高梨雄平
抑え DeNA 山崎泰晃

野球小僧なりのスタメンはこんな感じですかね!

野手について解説

ポイントとしては、ジグザグ打線で走れる選手を多く入れているところ
走れる(盗塁が上手い)選手

・山田選手(盗塁王:3回 (2015年、2016年、2018年))
・柳田選手(2014年、2015年、30盗塁以上)
・丸選手(盗塁王:1回 (2013年))
・西川選手(盗塁王:2回 (2014年、2017年、2018年))
・坂本選手(2013年、2014年、20盗塁以上)
・源田選手(2017年、37盗塁・2018年34盗塁)

秋山選手も走れると思いますが、調べてみたところシーズンで20盗塁をしたことがありませんでした。

また、2018年には15盗塁を記録していますが、10回失敗しています。これを踏まえると、盗塁はかなり下手。

秋山選手がどれだけ盗塁が下手か西川選手と比べてみてみましょう。

2018年シーズン西川選手VS秋山選手

・西川選手 44盗塁 3回失敗

・秋山選手 15盗塁 10回失敗

ただ、秋山選手は打率が高く足が使える左打者でなので起用方法は無限にあります。しかも守備は一級品。

一塁手は、走れる選手が見つかりませんでした。なので、ここは足がなくてもホームランを期待できる選手を選出しました。

それが、山川選手です。

2017年は78試合で23本の本塁打。2018年には47本塁打でホームラン王。

遊撃手の源田選手はここ一番のスピードを生かしてもらうための選手です。

三塁手は悩みました。絶対この選手!という人はいませんでした。今の現状で行くと、宮崎選手が順当だと思います。野球小僧で的には、広島の安部選手の伸びしろに期待したいです!

全体を通して、多分あなたは何故外崎選手?と思われるかもしれませんが、凄い選手です。

なぜなら、高校時代は遊撃手(ショート)を守り、大学では二塁手(セカンド)でベストナイン、プロでは外野と内野(二塁、遊撃手、三塁、外野)を守っています。

緊急事態の時に多くのポジションを経験している選手は必要です。また、走塁が非常に上手い選手なので起用の幅が広い選手です。

捕手は打撃を中心に考えて森選手です。2018年のオールスターで放った豪快なHRは鳥肌がたちました。

もちろん守備に不安がありますが、控えに国際大会の経験が豊富な小林選手や甲斐キャノンこと甲斐選手が控えていますので安心。

代打の切り札には大谷選手もいますので、代打の切り札がいないわけではありません。ただ大谷選手の起用方法に制限はありますが。

①走れる←②守れる←③打てる(優先順位)

基本はこのようなイメージで選出しました。野手に関しては国際大会で、打撃にには期待できません。そう考えた場合、走れる選手を多く選出してスモールベースボールで勝ちに行くことだと思います。

投手について解説

タイプ別一覧

先発タイプ
・大谷選手(右上)、ダルビッシュ選手(右上)、田中選手(右上)、前田選手(右上)、菅野選手(右上)、菊池選手(左上)

中継ぎタイプ
・山本選手(右上)、千賀選手(ソフトバンク)、宮西選手(左横)、高梨選手(左横)

抑え
・山崎選手(右上)

どの国際大会見ても、先発タイプが多くなるのは正直わかります。

限られた人数の中で、選ぶ場合は長く投げられる選手を選んでしまうのは仕方ないことです。

先発タイプの投手が、1イニングで交代は容易だと思いますが、中継ぎや抑えのタイプの選手が5イニングや6イニングは正直無理があると考えるから。

ただ、すべて先発タイプで揃えるのも正直怖いところがあります。

そこで、野球小僧が考えた選手は、上記の11名の投手です。

先発投手の中でも前田選手は大リーグで中継ぎの経験もありますし、ダルビッシュ選手はWBCで抑えの経験もあるので、さまざまな場所で起用が考えることができます。

先発

・ヤンキース 田中投手

・マリナーズ 菊池投手

・読売巨人  菅野投手

・エンゼルス 大谷投手

中継ぎ

・カブス ダルビッシュ投手

・ドジャース 前田投手

・オリックス 山本投手

・ソフトバンク 千賀投手

対左打者

・東北楽天 高梨投手

・日ハム  宮西投手

対右打者

・ソフトバンク 千賀投手

もちろん最後はや・ま・さ・き!横浜山崎投手です。

大谷選手に関しては、打者としても起用しますので先発でフル稼働はしません。

山本選手に関しては、2019年シーズンで結果を残したら、必ず選出されると思います。

野球小僧もTVを通してですが、あの完成度はなかなかいません。しかもまだ20歳です。

今後の活躍に期待です!

2020年までの課題

選手を選出する際に、いくつかの課題が出てきました。

1つ目が走れるサードがいない

野手の課題

・走れるサードがいない

野手

野球小僧が考える野球をするためには、走れる選手が必要です。今回選出する時に困ったのがサードのポジションです。

探しても走れる選手がいませんでした。歴代の選手は凄い選手がいます。

例えば長島茂雄(現読売巨人終身名誉監督)選手(巨人)は37盗塁を記録するなど、打って、守れて、走れる選手でした。そんな選手が今後出てくることを期待!

2つ目が先発タイプの左がいない

投手の課題

・先発タイプの左がいない

昔で言えば、杉内選手(巨人)や和田選手(ソフトバンク)のような左投手がいないのが現状です。

もちろん、DeNAの今永選手や東選手などすばらしい選手はいます。

しかし、まだ物足りない感じがしますので、2019年シーズンに期待ですね。

まとめ

私は数々の国際大会を見ていて、極度の打撃不振に陥り、まったく打てなくなる選手を多く見てきました。

そこで感じたのは、打てるから呼んだ選手が、打てなくなるのは正直国際大会では最悪。

しかも、足も使えない選手の場合どうすればいいか正直わからなくなると思います。

そこで、野球小僧は今回ホームランを打てなくても打率や出塁率が高い選手を基準に選出して、走れる野球をすれば勝てるのではないかと思い、今回の選出にいたりました。

中には山川選手や宮崎選手のように走れない選手もいますが、それは打順を組む上で必ず必要になってきます。

この選手達には打つことのみ期待!

もし不調なら、源田選手や中村選手など代わりの選手はいます。代打の切り札には大谷選手を入れることも全然考えれます。

とにかく2020年、野球で金メダルを!この最強の選手達で金メダルをとってください!

稲葉ジャパン!侍ジャパン!日本代表!頑張ってください!

 

 

 
まとめ記事を一挙にご紹介
高校野球
大学野球
野球の上達
 
       
兼業パパブロガー☆KEN
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

POSTED COMMENT

  1. Wonderful blog! I found it while browsing on Yahoo News.
    Do you have any suggestions on how to get listed in Yahoo News?
    I’ve been trying for a while but I never seem to get there!
    Many thanks

    • 野球小僧 より:

      ΝΤΕΤΕΚΤΙΒ 様
      返信が遅くなり申し訳ありません。
      グーグルの翻訳を使いましたが、理解できませんでした。
      わざわざコメントをしていただきありがとうございました。

  2. エンタープライズ より:

    素晴らしい予想だと思ったんですが、気がかりな点が一つあります。
    それは、メジャーリーグ機構がメジャーリーガーの派遣を基本的に認めない方針でいることです。
    その場合、投手陣はこのメンバーよりも大幅に変更となってしまいます。

    • 野球小僧 より:

      エンタープライズ様
      コメントありがとうございます。
      たしかにその懸念はかなりありますね。メジャーがダメとなればかなり痛手になりますね。
      その場合の予想も近々追加させて頂きます。
      貴重なご意見ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です