高校野球

「2019年高校野球」夏の甲子園大会【注目選手・ドラフト候補】を元球児が徹底解説

「2019年高校野球」夏の甲子園大会【注目選手・ドラフト候補】を元球児が徹底解説

2019年も待ちに待った甲子園大会の開幕が迫ってきました。

そこで今回は、あなたが知りたい注目選手やドラフト候補を徹底解説させて頂きます。

特に、2019年101回大会では多くの注目選手が出場し、かなり盛り上がる大会間違いなしです。

ただ、今年のBIG4では石川の奥川選手だけなのが寂しいところもありますが、必ず去年の金足農業吉田選手のような選手が出てくれるはずです。

このドキドキは待ちきれないですが、さっそく注目選手を紹介していきたいと思います。ではどうぞ!

ちなみに出場校は下記の記事に書いています。

大会№1注目選手

奥川 恭伸投手【星稜高校(石川県)】

大会№1注目校

東海大相模【神奈川県代表】

目次

2019年高校野球甲子園大会【北海道・東北地区注目選手一覧】

注目選手紹介 武岡龍世【八戸学院光星(青森)】

坂本2世強打の遊撃手 武岡龍世内野手(3年)

徳島県吉野川市出身。
12歳以下の日本代表の経験があり、中学校時代は徳島ホークスでプレー。

・八戸学院光星では1年春からレギュラーを獲得

・2年夏に甲子園へ出場し、12打点と大活躍をする

・2年秋からは主将としてチームを牽引し、東北大会優勝を果たす。

・3年春の甲子園では1回戦負け。

注目選手紹介 西舘 勇陽【花巻東(岩手)】

岩手の怪物MAX150㌔右腕 西舘 勇陽 (3年)

岩手県一戸市出身。 182㎝80㌔
一戸中→花巻東高校

・中学2年生の時に全国ベスト16

・花巻東高校では1年夏からベンチ入り

・2年の春の甲子園へ出場。夏も同じく出場。

・2年秋にエースになり、東北大会ベスト4。

 

注目選手紹介 笹倉 世凪【仙台育英(宮城)】

驚異のスーパー1年生最速144㌔左腕 笹倉 世凪投手(1年)

岩手県一関出身。176㎝76㌔
楽天ジュニア→秀光中(全国準優勝)→仙台育英

・1年春からベンチ入り

・東北大会で144㌔マーク。

・2019年夏の予選でも10イニングを投げ1失点と結果を残す

・ちなみに中学の最速は147㌔(軟式)

2019年高校野球甲子園大会【関東地区注目選手一覧】

注目選手紹介 飯塚脩人【習志野(千葉)】

習志野の絶対的エース最速150キロ右腕 飯塚脩人投手(3年)

千葉県習志野市 181㎝78㌔
習志野第二中学校→習志野高校

・1年秋からベンチ入り。

・2年夏には投手の中心となり、活躍

・2年秋には関東大会ベスト4に貢献し、春の選抜甲子園へ出場。

・3年春の選抜甲子園で、全国準優勝を果たす。

注目選手紹介 野村健太【山梨学院(山梨)】

 

山梨のデスパイネ高校通算53本塁打 野村健太外野手(3年)

愛知県安城市 180㎝88㌔
愛知衣浦シニア→山梨学院高校

・1年秋からベンチ入り。

・2年夏にレギュラーを獲得。2本塁打8打点と活躍。

・2年秋には主軸として活躍し、春の選抜甲子園に出場。

・3年春の選抜甲子園では1試合2本塁打を記録

注目選手紹介 遠藤 成【東海大相模(神奈川)】

高校通算45発&最速145㌔の2刀流 遠藤 成投手&遊撃手(3年)

秋田県かほ市
本荘由利シニア→東海大相模高校

・1年春からベンチ入り。1年秋に投手としてデビュー。

・2年春の選抜甲子園を経験。2年の夏に聞き手の指を故障。

・2年秋はサードとして活躍。

・3年夏の神奈川大会では2本塁打と活躍し、チームを牽引。

注目選手紹介 山村 崇嘉【東海大相模(神奈川)】

高校通算38発/名門の4番を打つ2年生スラッガー 山村 崇嘉内野手(2年)

神奈川県相模原市 180㎝85㌔
武蔵府中シニア(U-15日本代表)→東海大相模高校

・1年春からベンチ入り。1年秋には4番として活躍。

・2年夏の甲子園終了時点で高校通算本塁打38本をマーク。

・2年夏の予選で3本塁打17打点と大活躍。

 

注目選手紹介 西川 僚祐【東海大相模(神奈川)】

高校通算42発/恐怖の7番2年生スラッガー 西川 僚祐外野手(2年)

千葉県船橋市 186㎝92㌔
佐倉シニア(ジャイアンツカップ優勝)→東海大相模高校

・1年春からベンチ入り。1年生ながら4番で試合に出たことも。

・1年秋にはレギュラーを獲得。

・2年夏の甲子園終了時点で高校通算本塁打42本をマーク。

・2年夏の予選で2本塁打12打点と大活躍。

 

注目選手紹介 鵜沼 魁斗【東海大相模(神奈川)】

高校通算22発/恐怖のリードオフマン 鵜沼 魁斗外野手(2年)

千葉県千葉市 175㎝74㌔
千葉シニア→東海大相模高校

・1年秋にはレギュラーを獲得。

・2年生春に1番を獲得し、関東大会で大活躍。

・2年夏の甲子園終了時点で高校通算本塁打22本をマーク。

・2年夏の予選で3本塁打12打点と大活躍。

注目選手紹介 石田隼都【東海大相模(神奈川)】

将来有望株1年生ながら最速142キロ左腕 石田隼都投手(1年)

栃木県真岡市
真岡ボーイズ(NOMOジャパン)→東海大相模高校

・1年春入学早々関東大会で登板

・1年夏には3試合登板し、甲子園出場に貢献

2019年高校野球甲子園大会【北信越地区注目選手一覧】

注目選手紹介 奥川 恭伸【星稜高校(石川)】

最速158キロ右腕 奥川 恭伸(おくがわ・やすのぶ)投手(3年)

石川県出身。

宇ノ気小学校3年から野球を始め、宇ノ気中では軟式野球部で主戦。
中学3年夏に全国大会制覇を達成した。

・星稜高校では1年生春からベンチ入り。

・1年生の秋にはエースとなり、北信越大会準優勝に貢献。

・2年春、夏、3年春と甲子園出場。

・2年の夏には日本代表として、金足農業吉田選手らと共に世界を相手に活躍。

注目選手紹介 山瀬 慎之助【星稜高校(石川)】

山瀬キャノン遠投120m 山瀬 慎之助(やませ・しんのすけ)捕手(新3年)

石川県出身。
宇ノ木小2年生の時から軟式野球を始め、宇ノ木中時代3年夏に野球部で全中V

・星稜高校では1年夏からベンチ入り。

・1年秋から正捕手の座を掴み、北信越大会準優勝を果たす。

・2年の春、2年の夏と甲子園に出場。

・2年秋からは中心となり、北信越大会優勝に貢献。

・3年春の選抜甲子園にも出場。

2019年高校野球【東海地区注目選手一覧】

注目選手紹介 前 佑囲斗【津田学園高校(三重)】

潜在能力は抜群 MAX152キロ 前 佑囲斗投手(3年)

三重県亀山市出身。182㎝87㌔
・亀山中学時代は津ボーイズ所属

・津田学園では1年秋からベンチ入り。2年秋にエースとして活躍。

・東海大会準優勝の立役者。

・3年春の選抜甲子園では、打線の援護に恵まれず初戦敗退。

 

2019年高校野球【関西地区注目選手一覧】

注目選手紹介 清水 大成【履正社(大阪)】

名門の絶対的エース最速145キロ左腕 清水 大成投手。(3年)

兵庫県丹波市生まれ。
・丹波市立氷上中時代はベースボール・ネットワーク(ヤングリーグ)でプレー。

・1年夏から履正社高校でベンチ入り

・2年の夏に背番号10ながら主戦として活躍

・2年の秋からエースとなり、春の選抜甲子園へ出場。

注目選手紹介 井上広大【履正社(大阪)】

恵まれた体格世代№1パワーヒッター 井上広大外野手(3年)

大阪市大東市 187㎝97㌔
・東大阪シニア→履正社高校

・1年夏から履正社高校でベンチ入り

・1年の秋からセンターとしてレギュラーを獲得。

・2年秋の新チームより4番となり、春の選抜甲子園出場の原動力になる。

注目選手紹介 東妻 純平【智辯和歌山(和歌山)】

 

遠投125㍍?東妻 純平 捕手(3年)

和歌山県和歌山市出身。

紀伊小1年時から軟式野球を始め、紀伊中では紀州ボーイズに所属。
ちなみにお兄さんは2018年ドラフト2位で千葉ロッテに入団した東妻勇輔選手(日本体育大学)

 

注目選手紹介 中森俊介【明石商業(兵庫)】

西の怪物2年生最速149キロ右腕 中森俊介投手。(2年)

兵庫県篠山市出身。

・篠山東中時代は三田ボーイズに所属

・明石商業では1年春からベンチ入り。1年夏の甲子園で最速145㌔をマークし、注目を浴びる。

・2年春にはエースとして、選抜甲子園大会ベスト4に貢献

注目選手紹介 来田涼斗【明石商業(兵庫)】

世代№1スラッガー/2020年ドラフト1位候補 来田涼斗外野手(2年)

兵庫県神戸市出身。180㎝ 82㌔

・オリックスジュニア→神戸ドラゴンズ→明石商業

・1年春からレギュラーを獲得。1年夏に甲子園に出場。

・1年秋には近畿大会決勝まで進み、2年春の甲子園へ出場。ベスト4に貢献

注目選手紹介 林優樹【近江高校(滋賀)】

技巧派左腕MAX136㌔で抑え込む 林優樹投手(3年)

京都府京都市出身。170㎝ 63㌔

・向島南小学→京都八幡シニア→近江高校

・1年生秋からベンチ入り。

・2年春夏連続で甲子園出場。

・U-18日本代表候補にも選出

注目選手紹介 有馬諒【近江高校(滋賀)】

全国屈指の強肩捕手/チームの4番として活躍 有馬諒捕手(3年)

京都府京都市出身。181㎝77㌔

・奈良ウイング→近江高校

・1年生夏からベンチ入り。

・1年秋の新チームから正捕手をつかみ取り、2年春夏と甲子園出場。

・2年秋からは主将に選ばれ、4番としてチームを引っ張る。

 

出場高校も紹介してます。ぜひこちらも↓

2019年高校野球甲子園大会【九州・沖縄地区注目選手一覧】

 

注目選手紹介(筑陽学園(福岡))

長身から投げ下ろす最速145キロ右腕 西舘 昂汰投手(3年)

福岡県出身。187㎝83㌔
中学校時代は硬式野球チーム・二日市ボーイズでプレー。

・2年秋に控えとしてベンチ入り。

・背番号10で九州大会に登板し、4勝無敗で九州大会優勝に貢献。

・春の選抜甲子園へ出場し、ベスト8に進出

兼業パパブロガー☆KEN
フォローするかはあなた次第。 家族が宝。家族のためなら何でもできるKENです。 大学までガチ硬式野球部(全国ベスト16) 小学3年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、指導者3年間計16年間野球に携わってきました。 その経験をすべてお伝えします。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です